巨人ドラ1は吉田輝星へ!鹿取GM明言で楽天と一騎打ちか?

今秋ドラフトの最大の目玉、甲子園を沸かせた金足農の吉田輝星のプロ入りが注目されているが、もしもプロ入りを表明すれば巨人の1位指名が濃厚となった。

また、吉田投手のこれまでは大学進学が決定的だったが、ここへきてプロ入りへ気持ちが傾いていると噂されており、10月25日(木)に行われる2018年ドラフト会議が近づいている最中、吉田投手の進退が待たれるが仮にプロ入りしたとすれば、同じく東北の楽天の1位指名は現段階では吉田投手が候補に挙っていると思われ、その年のNo1を取りに行く日本ハムの1位指名も現段階では大阪桐蔭の根尾や藤原、そして金足農の吉田輝星と思われ、巨人のライバルになってくると思われる。

巨人、ドラフト1位は吉田輝星か

巨人の今秋ドラフトの1位候補は菅野に続く即戦力のエース候補だが、将来性とスター性を考慮すれば未来のエース候補である吉田輝星の名前が挙がり、人気に陰りが見え始めている巨人はスター選手が欲しく、今年の甲子園では大阪桐蔭が優勝したにもかかわらず、銀河系スター軍団率いるその大阪桐蔭の根尾や藤原に柿木選手らを差し置き、No1の注目を浴びている金足農の吉田は是が非でも欲しい巨人、

また、鹿取GMは記者の質問に、せっかくあぁ言ってくれていますし(吉田輝星→巨人に行きたい)、気持ちに応えたいですよね

また、吉田は1位最有力?という質問には、はい、プロ志望届を出せばそうなります、とコメントしたのである。

これにより、現段階の巨人の今秋のドラ1は、吉田がプロ志望届を提出すれば吉田の1位が最有力になったと思われるが、

中継ぎや守護神が崩壊中の巨人はクローザーがいなく、現在は調子を落としているものの東洋大のMAX159右腕のクローザー甲斐野や、今秋ドラフト1位候補の同じく東洋大の梅津に上茶谷、そして日体大のMAX155キロコンビの松本に東妻もドラ1候補に挙がっていると思われ今後巨人はドラフト戦略を煮詰めていくと思われるが、巨人のドラ1は吉田輝星を筆頭に、東洋大のドラ1トリオ、甲斐野、上茶谷、梅津、そして日体大のドラ1候補コンビの、松本と東妻の6名が今年の巨人のドラ1位候補の筆頭になってくると思われる。

吉田輝星を1位指名する球団は?

そこで他球団で吉田輝星を1位で指名してきそうな球団は東北の楽天が筆頭に挙がるが、楽天は仙台育英出身の東洋大、梅津投手なども1位候補に入ってくると思われるが、

日本ハムの1位候補にも吉田輝星や大阪桐蔭の根尾に藤原、東洋大のドラ1トリオが入っていると思われるが、この2球団は巨人の最大のライバルになってきそうだ。

また、菊池がメジャーへの流出が決定的な西武ライオンズも高校生NO1投手の吉田を1位指名する可能性もあり、あくまでも現段階ではあるが1~3球団前後の重複が予想される。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする