巨人の山本泰寛が激白!3割打たないと使ってもらえない

巨人のニュージェネレーション、巨人のミレニアル世代の山本泰寛が来季に向け意気込んでいる。その山本泰寛は、取材に対して来季は3割10本の目標を語っていた。

そのコメントを見る限りでは山本選手はマイナス思考、嫌、巨人の環境がそうさせているのか、と感じるほど、シーズン中の山本の打撃や行動は常にビクビクしていると感じていたが、やはりコメントにその言動が凝縮されていた。

その山本は、巨人では3割打たないと使ってもらえないと、気持ちの切り替えが出来なかったとコメントしていた。ここで思い出すのが日本ハムへ移籍した太田の言葉も確かにジャイアンツではプレッシャーもあった、日本ハムでは伸び伸びと野球が出来る。例えその日に結果が出なくノーヒットでも怒られない、次の日も栗山監督は僕を信用してくれて次の日も試合に使ってくれると。

これが、山本が語った、太田が語った言葉が、巨人の若手が結果を残せないすべてだろう。

山本泰寛3割10本の来季の目標

山本泰寛の今季の1軍では、打席でミスショットするたびにベンチをちらちら見ていた。ミスすればビクビク監督やコーチを気にしているように見えていたが、山本泰寛の取材のコメントでは、打てなかったらもう次の日は試合に出れないと考えてしまっていたという。

その思いが、山本泰寛の言動に表れていたんだなと確信にかわったわけだが、巨人の若手へのチャンスは少ない。

他球団を見渡せば若手へのチャンスは少なくとも巨人よりは多く感じ、2,3試合結果が出ないだけで2軍へ落とすようには感じないが、巨人はそれが常。

いわば、少ないチャンスをものにし結果を出さなければならない。スタメン1試合のチャンスは3打席、4打席目は無い。今季の日本ハムの太田選手は、3打席までノーヒットでも4打席目でヒットを打つことが多く、打率をキープしていたが、巨人ではその4打席目のチャンスは無く、その後は代打待機になる起用法も珍しくは無い。

そういう環境の中で若手は結果を出さなければいけないと、好調だった2軍での打撃フォームは崩れてしまっている選手も多く、その後すぐに2軍へ逆戻りの選手も多かった。

ヒットを打てなくても自分の打撃が出来ていれば問題ないが、打撃フォームも崩れていると判断されれば2軍へ戻される。

しかし、その打撃フォームの崩れは、少なからず伸び伸び出来ない環境のプレッシャーにもあると感じる。

そこが、巨人が若手が育成出来ないと言われている原因、結果をもとめ我慢して起用が出来ないことが若手が育たない原因だと思う訳ですが、(阪神の金本監督は若手が結果が出なくてもベテランが結果を出しサポートしてやれという理論)

やはり野球はメンタルが大事だとつくずく感じたりもする。坂本選手はコーチに怒られても聞き流せる図太さがあったというが、たしかに石川慎吾にも移籍1年目にもかかわらず誰にでも話かけることが出来るという図太さもあり、1軍で99試合に出場し記憶に残る活躍をしてくれた。

やはり、スポーツはメンタルだ。

山本泰寛が脱・平均点男宣言

山本泰寛は、自分には尚機(吉川)のように足も守備範囲もない、突出したものがない平均点なプレーヤーと自己分析していた。

しかし、我々からすれば山本にはパンチ力と、思い切りの良さという最大の武器があると感じますが、(1軍では山本の長所である思い切りの良さは、徹底された右打ちで消されていましたが)若手主体で挑んだペナント最終戦では、シーズン順位も決定していたことから若手は伸び伸びと野球をし、山本も思い切りフルスイングで満塁ホームラン。

そこをもっとコーチは、チーム打撃より個人の長所を伸ばす指導法、まずはフルスイングで伸ばしてくれると嬉しいですが、その山本は来季に向け、僕は3割打たないと使ってもらえない、僕みたいなタイプは出塁率よりも打率が求められると、来季の目標に3割10本を挙げていた。

その山本泰寛に、来季は期待したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする