ヤクルト・ドラフト指名予想2019・スワローズ編~獲得候補一覧

2019年プロ野球ドラフト会議・最新情報!ヤクルトスワローズが狙うドラフト候補は?

昨年のヤクルトは、4球団が重複した大阪桐蔭、根尾を1位指名するも抽選で外れてしまい、外れ1位でも4球団が重複した立命大の辰巳の獲得に失敗、そして、外れ外れ1位で国学院大の清水昇投手を獲得しましたが、

今秋ドラフトでは、令和元年の超大物投手、大船渡・佐々木投手の獲得を狙ってくるのだろうか?それとも、星稜の奥川、もしくは即戦力候補の明大・森下に行くのだろうか?今秋のヤクルトのドラフト戦略は、どうなっているのだろうか?!

昨年は、多くの方が当ブログをお読み下さり有り難うございました。

今年も、ヤクルトが注目する選手、ヤクルトのドラフト情報をまとめていきたいと思います!

情報が入り次第、随時更新します。

ヤクルト・ドラフト最新予想2019

ヤクルトドラフト結果2019

2019年プロ野球ドラフト会議の開催日程は、10月17日(木)の17:00予定。テレビ放送はTBS系列全国ネットで生中継予定です。 ヤ...

10月15日→奥川の1位指名を表明

指名候補 1位 2位 3位
ヤクルト

奥川 恭伸 井上 広輝 鈴木寛人
及川 雅貴 井上 広大
石川 昂弥 前 佑囲斗
佐藤都志也
太田 龍
前 佑囲斗
吉田大喜
杉山 晃基
外れ1位 4位以下
宮川 哲 武岡 龍世
河野 竜生 宇草 孔貴
立野 和明 玉村 昇悟
太田 龍 松田 亘哲
西 純矢 北山 比呂
 谷岡 楓太
菊田 拡和

12球団、ドラフト1位予想はこちらへ

2019年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか! ...

ヤクルト・ドラフト会議シュミレーション

 10月15日現在、中間シュミレーション

  ヤクルトドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 奥川
外れ1位 宮川・河野・立野・西・森下
2位 井上広輝・及川・宮川・吉田大
立野・太田・杉山・宮城・前・浅田
3位 井上広大・鈴木寛人・前 佑囲斗・浅田
4位以下 武岡龍世・宇草孔貴・玉村 昇悟
松田 亘哲・北山 比呂・ 谷岡 楓太
菊田 拡和



ヤクルト・ドラフト最新情報

ヤクルトスワローズ・上位指名候補一覧

赤文字は、評価が高い選手です。

   ヤクルトスワローズ・上位指名候補
左投手 及川 雅貴
(横浜)
玉村 昇悟
(丹生)
松田 亘哲
(名古屋大)
河野竜生
(JFE西日本)
右投手
鈴木寛人
(霞ヶ浦)
前 佑囲斗
(津田学園)
森下 暢仁
(明大)
井上広輝
(日大三)
太田 龍
(JR東日本)
佐々木郎希
(大船渡)
宮川 哲
(東芝)
杉山 晃基
(創価大)
立野 和明
(東海理化)
北山 比呂
(日体大)
 谷岡 楓太
(武田)
 吉田大喜
(日体大)
内野手 武岡龍世
(八戸光星)
菊田 拡和(常総学院)
石川 昂弥
(東邦)
外野手 井上広大
(履正社)
宇草孔貴
(法大)
捕手 佐藤都志也
(東洋大)

ヤクルト・ドラフト展望

今年のヤクルトのドラフト1位は、星稜の奥川に決定した。

また、4点台後半の投手防御率を考えると今年のヤクルトは投手中心の指名になりそうだが、バレンティンの動向にかかわらず年齢層が一番高い外野手の補強も考えられることから、今年のドラフトは投手中心で狙い、中位で履正社の井上の獲得も面白そうだ。

ヤクルト・スカウト最新情報

10.15

ドラフト1位に、星稜の奥川を表明。

9.15

松田 亘哲(名古屋大)→今年は左の投手が少ない中、貴重、将来性を感じる、と評価した。

9.10

立野 和明(東海理化)→上位候補には変わらない、潜在能力があるのは間違いない、チームのエースになる素質があるとは思います、と評価。

8.13

武岡龍世(八戸)を、世特長は欠点がないこと。チームとして重宝することになる、とコメントした。

8.13

前 佑囲斗(津田学園)について、阪神の藤川球児投手のようなストレートの質。習得しようと努力してもできない分野です、と評価している。

8.8

井上広大(履正社)を、高校球界でもかなりの長打力、プロでも間違いなく間違いなく活躍できる素材と絶賛。

7.21

鈴木寛人(霞ヶ浦)を、角度と球の強さが魅力とコメントした。

7.19

太田龍(JR東日本)、力み無くリリースが安定している、同じ腕の振りからフォークやチェンジアップを決め球に使えば打つのは難しいと評価。

7.18

谷岡 楓太(武田)→まだまだこれからの選手、それが魅力、と評価。

7.16

井上広輝(日大三)について、真っ直ぐのコンビネーションがいいと評価した。

7.12

菊田 拡和(常総学院)→外野の守備も悪くない、パワーは高校生離れしている、と評価。

6.23

及川(横浜)について、一時期の不調は脱した感がある、いい左はどこも欲しい、非常に良い物を見させてもらったとコメントした。

6.18

ヤクルトが、今秋ドラフト1位候補に、大船渡の佐々木と明大の森下を最高ランクに位置づけていることが分かった。

6.14

森下(明大)を、現時点で即戦力では一番とコメントした。

6.11

杉山 晃基(創価大)→将来的には広島の大瀬良のようになる、と評価した。

5.20

玉村 昇悟(丹生)→球を前の方で話せているし、出どころも見にくい、左は中々いないので注目してみていきたい、と評価。

5.12

宮川 哲(東芝)を、ボールの力はトップクラス、上位12人に入るでしょうと絶賛した。

5.11

佐藤都志也(東洋大)を、捕手でこれだけ打てるのは間違いなく上位候補と評価した。

河野竜生(JFE西日本)→スライダーの見極めが難しい、バッターが翻弄されている、と評価した。

4.9

石川 昂弥(東邦)について、貴重な右の大砲、上位に入るとコメント。

3.10

北山 比呂(日体大)→直球の力は、もっともっと強い、と評価。

ヤクルト・ドラフト注目選手

今年のヤクルトスワローズの注目選手は、ずばりドラフト2位で指名する選手、ヤクルトの今年は2位指名が一巡目のため、12球団最速で2位を指名出来ることから、補強ポイント的にいかに即戦力投手を獲得出来るのかにかかっていると思われますが、その中でドラ1位級の先発が二巡目に残っている候補として、

即戦力候補の東海理化の立野、東芝の宮川、日体大の吉田、JR東日本の太田、高校生からは創志の西、興南の宮城、横浜高の及川、有明の浅田、津田学園の前、この辺りの投手に注目したい。

最新情報が入り次第、随時更新します。



ヤクルト・ドラフト予想2018版

以下は、2018年に予想した記事なります

10月23日現在予想

根尾の1位指名を公表

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
ヤクルト
 

根尾 昂 高橋 優貴 高橋 優貴
  辰己 涼介 柿木蓮
野村 大樹 林 晃汰
野村 佑希 清水 昇
渡辺勇太朗 岡野 祐一郎
小島 和哉 万波 中正
清水 昇 高橋 優貴
齋藤 友貴哉  鈴木 翔天
  東妻 勇輔 山下 航汰
外れ1位 4位以下
辰己 涼介 岡野 祐一郎
梅津 晃大
 
野村 大樹 石橋 康太
渡辺勇太朗  
清水 昇  
上茶谷 大河
 
吉田 輝星  
野村 佑希
 
松本 航
東妻 勇輔
齋藤 友貴哉
 

2019年ドラフト予想は、情報が入り次第随時更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする