【ヤクルト】2019開幕スタメン&先発ローテ予想と戦力分析

2019年、ヤクルトスワローズの開幕スタメンオーダー、打順、先発ローテーション、開幕投手の予想!

2018年のヤクルトはセリーグ2位でフィニッシュ、2017年の96敗、リーグ6位、チーム打率234、チーム防御率4.21は共にリーグ最下位だったが、それが嘘のように2018年は大躍進した。

また、昨年のドラ1村上が順調に育っており次世代のセ・リーグ本塁打王の風格が既に漂っていますが、中継ぎは良いだけに先発投手がかみ合えばヤクルトの2019年度のペナントは面白くなってきそうだ。

また、トレードで中継ぎのエース秋吉を流出してしまったが、日本ハムから獲得した高梨は先発ローテを守れる力がある投手だけに、新外国人のスアレスが当たれば一気に優勝も見えてくる。

※開幕スタメン、先発ローテの予想は、情報が分かり次第随時更新します。

ヤクルト戦力分析2019

2019年ヤクルトの戦力分析(仮)

開幕スタメン予想などは、情報が分かり次第随時更新します。

2019年ヤクルト開幕ローテーション予想(仮)

小川、ブキャナン、原樹理、高梨、スアレス、石川のローテで確定か。

①小川→②ブキャナン→③原→④高梨 →⑤スアレス→ ⑥石川(高橋)

2018年ヤクルト開幕ローテーション

①ブキャナン→②石川雅規→③由規→④原樹理 →⑤ハフ→ ⑥館山

ヤクルト新戦力2019

今季のドラフトでは1位で即戦力候補の先発右腕、清水 昇を獲得し、2位では東京六大学野球、秋季リーグでベストナインを獲得した即戦力候補の内野手、中山翔太を獲得、3位では将来が楽しみな明徳義塾史上NO1のサイド右腕、市川を獲得した。

また、トレードや他球団の戦力外選手からの積極的な補強で投手を集めたヤクルトの2019年度の先発投手の層は厚くなり、寺原や高梨、そしてドラ1の清水がハマれば、

さらには、成長速度が速い昨年のドラ1である村上が開幕スタメンに入ってくれば、投打共にかみ合い2019年ペナントの優勝も見えてきそうだ。

 2019年 ヤクルトスワローズ 新戦力
ドラ1 清水 昇(国学院大)
ドラ2 中山 翔太(法政大)
ドラ3 市川 悠太(明徳義塾)
ドラ4 濱田 太貴(明豊高)
ドラ5 坂本 光士郎(新日鐵住金広畑)
ドラ6 鈴木 裕太(日本文理高)
ドラ7 久保 拓眞(九州共立大)
ドラ8 吉田 大成(明治安田生命)
新外国人 スコット・マッガフ
新外国人 アルバート・スアレス
新戦力 高梨 裕稔
新戦力 太田 賢吾
新戦力 寺原 隼人
新戦力 五十嵐 亮太

ヤクルト開幕スタメン予想

ヤクルト開幕スタメン予想(仮)

    2019年 ヤクルト開幕スタメン予想
1 坂口 智隆 打率317 本3 打点37
2 右  山崎 晃大朗 打率184 本0 打点0
3 山田 哲人 打率315 34 打点89
4 バレンティン 打率268 本38 打点131
5 雄平 打率318 本11 打点67
6 村上 宗隆
7 西浦 直亨 打率209 本2 打点10
8 中村 悠平 打率211 本5 打点26
9 ブキャナン 10勝11敗 防御率4.03

ヤクルト先発ローテーション予想

2019年、ヤクルト開幕ローテ予想(仮)

小川、ブキャナン、原樹理、高梨、スアレスの1~5枠までは確定予想、残る1枠は石川か。

①小川→②ブキャナン→③原→④高梨 →⑤スアレス→ ⑥石川(高橋)

    2019年 ヤクルト先発ローテーション予想
1 ブキャナン 10勝11敗 防御率4.03
2 石川 雅規  7勝6敗 防御率4.88
3 小川 泰弘 8勝5敗 防御率2.75
4 原 樹理 6勝7敗 防御率3.09
5 スアレス
6 高梨 裕稔 5勝7敗 防御率4.50
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする