巨人ドラ6若林晃弘はブレイクするのか?進む世代交代で2軍は素材の宝庫に

巨人にまた新たなスター候補が現れた。元プロ野球選手を父に持つ2017年のドラ6ルーキー若林晃弘、キャンプでは1軍に抜擢されたものの故障によるアクシデントで開幕1軍切符は逃したが、ファームでは8試合に出場し成績は打率345に2本と少ない試合数ではあるが、もともと期待は高くキャンプでの1軍抜擢の評価をそのままに結果を残すとすぐに1軍へ昇格した。

巨人の2軍野手はアンダー25世代が中心に

ノートパソコンが壊れてからやっと環境が整い、約2週間ぶりにブログを更新することが出来ましたが、今はCorei7-7700HQ搭載のノートPCが5年保証付きで税込み10万円台で買える時代になっていたことに驚き(1万8000円位値切りましたが笑)、さらにはWindows10の慣れない環境に戸惑っていますが、巨人の今季も似たような環境かもしれない。

それは、昨年のジャイアンツのオフは例年に無いベテランと中堅選手の大量解雇、さらにはシーズンオフのドラフトでは野手中心の補強で一気に野手の年齢層が低下した。

これが、近年のジャイアンツでの1軍も2軍もベテラン中心という環境から、ヤング世代であるアンダー25世代中心に変わった環境がジャイアンツに良い影響を与えているのではないかと感じるが、昨年の二軍選手を見渡せば、ギャレット、クルーズ、亀井、藤村選手たちが2軍のスタメンに名を連ね、さらには松本、片岡、相川、実松選手などなど名前を見渡せば2軍選手でもう一つの1軍を作れるのではないかという環境の中に若手が肩身を狭そうに並んでいたが、今季の2軍はそのアンダー25世代が中心となり活躍し育成の場を与えられている。

これは、1軍でも当てはまっていたかもしれないが、昨年の岡本選手や山本選手などの1軍に上がった若手はベテランに囲まれ萎縮し結果を残せず数試合で2軍落ち、チャンスも少なく話し相手や切磋琢磨し合える同世代がいないことから伸び伸びと試合に挑める環境が無いように感じ、選手はミスをすればビクビクと監督の顔色を伺い実力を発揮できていないように感じていた。

が、今季の2軍は昨年までは2軍でも3軍でもまったく打てなかった和田恋が35試合に出場し打率342、5本塁打、33打点と2軍の帝王と化しており、ドラ5田中俊太も打率348、辻選手は打率325の成績を残し1軍に昇格、さらには松原、柿澤、田中貴也選手たちは3割近いアベレージを残し、石川慎吾は2割6分と打率を上げ、北村も打率256と奮闘、さらには25歳のマルちゃんことマルティネス選手も32試合に打率298、4本と年々成長しており現在の2軍選手は25歳以下の選手が中心となり伸び伸びとした環境の下プレーしているということが若手育成に向けて良い方向に向かっていくのでは無いかと感じる今季の巨人。

それは1軍も同じことで、今季の巨人の若手は1軍ベンチにも岡本や吉川尚に大城選手などが中心に名を連ね、田中俊太や若林選手に辻選手などが入れ替わり若手が1軍に上がってきているが、今季の巨人は若手のチャンスも多く2軍選手のモチベーションも高そうなことも若手の活躍に好影響を与えているかもしれない。

また、巨人の1軍ベンチを見渡せば岡本と吉川が並んで座り会話をしてる光景がよく見られ、若手選手の今季は同世代がベンチにいるというリラックスしてプレーに望める環境が整っていると感じ、これが、昨年は1軍は場違い、居場所が無いと語っていた吉川選手にとっては違う環境で、岡本にとっても1軍で競い合える吉川という同世代が現れたことでプレーにも精神的にも余裕が出来てきたのではないかと感じるが、もしかすると広島カープの若手が台頭していた頃と似ている環境になってくれば巨人の野手の世代交代は成功するかもしれない。

ドラ6若林晃弘はブレイクするのか

身長は180cmとプロ選手としては高い方では無いが、スイッチヒッターの若林選手は右でも左でも一発が打てる長打力と、振り切るという自分のスイングが出来ていると1軍昇格後はヒットこそでていないが、内容が良いと解説者の間では評価が高く、高橋監督がキャンプでは1軍に抜擢し、ペナント後もすぐに1軍へ昇格させたのは同じ理由かもしれない。

また、若林選手の1軍に昇格した2試合目での代打では、ファールになったがもう少しでホームランという大飛球を放ちこれまでの代打では常に自分のスイング、昨日の試合ではボール球ともとれるコースをストライクと判定され三振となってしまったが内容は良く、もしかすると今後の巨人を担う中心選手への期待と成長を感じさせる選手が現れた。

現在の巨人には岡本、吉川尚、大城、田中俊太、そして若林に昨日2軍に初出場したドラ2の岸田、さらには和田恋も今季ブレイク中でそれ以外にも北村や、打率は低いが2軍で2発放っている身長189cmのロマン砲、村上など楽しみなアンダー25の若手選手が揃っているジャイアンツ。

近い将来、これらの選手が中心となった巨人が見られるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする