巨人の和田恋と楽天の古川侑利がトレード!長距離砲とローテ候補が交換へ

読売ジャイアンツと楽天イーグルスが共に電撃のトレード第二弾に動いたが、巨人の和田恋(23)と、楽天の古川侑利(23)のトレードが成立した。

ジャイアンツは、宇佐見と吉川光夫を日本ハムの藤岡と鍵谷とトレードのトレードが成立したばかりで、楽天も先日に広島カープと、三好匠と下水流昂のトレードを成立させたばかりだった。

この背景には、もしかすると最近話題になっている現役ドラフトが関係しているかもしれないが、今季はすでに5件のトレードが成立しており、今回の巨人と楽天のトレードで6件目のトレード成立という驚異的なハイペーストレードとなった。

両球団のトレードの思惑は

まずは、楽天側は昨年ファームの本塁打と打点の二冠を獲得した右の大砲、長距離砲を獲得したということで、この長打力が魅力だったことは間違いないと思われるが、巨人が何故昨年のファームの二冠王を放出したのかというと、間違いなく守備位置が影響していると予想するが、

和田恋の守備は外野、あとはファーストが候補に挙がるが巨人の外野ではまず勝負の土俵に立つことさえも厳しく、同じくファーストも最近は大城が出場しており本来なら強打の外国人の枠なだけに、憶測すればこの先、和田選手が巨人の1軍に出場できる可能性は限られてくる。

それならば、DHのあるパ・リーグとトレードする方がまだ23才と若い和田恋選手にとってもチャンスが増え、楽天であれば外野ではなくても最悪はDHでの出場の可能性もあることから本人にとっては1軍での出場機会を勝ち取るための土俵に上がれるということのメリットは大きく、選手にとってはトレードに出された、のではなくチャンスを貰えた、という解釈が出来るだろう。

また、楽天も今季は先発事情は苦しいがそれでも先発ローテ候補を放出したということは、現在苦しんでいるもう一つのウイークポイントである外野枠に長距離砲候補の和田を指名した、下で則本の149キロの速球を本塁打した和田の印象が強く、とにかく欲しかった、という思惑が感じられるが、

今回のトレードは、互いの球団にとって1軍での出番がないのなら、球団を変えることでチャンスが増えるかもしれないWINWINなトレードになったのではないかと感じる良トレードだったのではないだろうか。

和田恋の特徴

言い方は悪いが、2年前までは多分、戦力外候補、もしくはFAでのプロテクト漏れ候補の筆頭だったのではないだろうか。

しかし、昨年に大ブレイクしファームではあるが本塁打王と打点王を獲得し、トレード相手の球団に指名されるまでに開花した選手で、まだ23才と若いことから今後の成長の期待度は高く、また守備を考えるとDHのあるパ・リーグ向きだと分析する。

現在は楽天のDH枠がどうなるかはわからないが、今後を考えれば出場機会はパ・リーグの方が増えてくるかもしれない選手だ。

古川侑利の特徴

昨年は4勝(9敗)と、先発として開花する可能性を感じさせたが今季はブレイクすることが出来なかった。

しかし、中継ぎも出来ることから、巨人ではまずは先発で行くかもしれないが、将来性を考えればまだ23才と若くピッチャーの育成がうまい巨人が育てることができれば先発ローテ候補として期待したい投手になってきそうで、また、印象的には楽天では1.5軍クラスの良いピッチャーで、巨人では心機一転頑張って欲しいピッチャーになってきそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする