阪神が新外国人ビヤヌエバ獲得か!今季パドレスで4番20発穫りへ

阪神タイガースの新外国人候補に、今季パドレスで4番を打ち、20発を放ったマイナー通算102発の長距離砲、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)の獲得が浮上した。

そのビヤヌエバ選手の移籍先として日本なら阪神タイガースが有力候補に挙がり、阪神も獲得調査を開始しているが、MLBを含め日本のライバル球団の動きにも予断が許されない状態だ。

阪神クリスチャン・ビヤヌエバを獲得調査

今シーズン、3月4月は大谷と共に月間最優秀新人、パドレスで20本、4番、これだけでかなり興奮する大物だと分かりますが、ビヤヌエバ選手の代理人が日本の複数球団に声をかけていることは事実、と認めた上で阪神が有力候補に挙がっているが、そのビヤヌエバ内野手は5月までに15本の本塁打、3,4月は月間最優秀新人を獲得し一気にブレイクしていくかに思われたが、以後はDL入りを含め本塁打は5発と低迷したが、9月には復調してきていた。

また、4月3日のロッキーズ戦では1試合3本のホームランを記録し、メジャー14試合で7本塁打は圧巻だった、しかし、シーズン終盤にはレギュラーを奪われてしまい来季のレギュラー奪回が期待されていたが、もしかすると年俸次第では阪神で、もしくは日本で見ることが出来るかもしれず、実績で言えばまだまだではあるものの、今、旬の大物選手なだけに日本移籍への期待がかかる選手だ。

クリスチャン・ビヤヌエバ成績は

08年レンジャース→12年カブス→17年パドレス

・メキシコ出身

・27才

・180cm、95kg

・右投げ右打ち

・守備→三、一、外

2017年成績

・12試合、打数32、安打11、打率.344、4本塁打、7打点、出塁率.344、OPS1.094

2018年成績

・110試合、打数351、安打83、打率.236、20本塁打、46打点、出塁率.299、OPS.750

17~18年通算(パドレス)

・122試合、打数383、安打94、打率.245、24本塁打、53打点

3,4月は大谷と月間最優秀新人を獲得した超大物、日本に来るかはまだ分からないが、水面下で日本の複数球団に打診しているというが阪神が有力候補に挙がっている。

しかし、年俸次第では他球団への移籍も考えられるが、新天地を求めているビヤヌエバ内野手の選択肢には当然メジャーも含まれていると思われ、あとは年俸次第だと思われるが、阪神に来るのか、またはNPBの他球団に来るのか?

超大物選手だけに、ビヤヌエバ内野手の動向、新天地への移籍はあるのかの情報が待たれる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする