巨人が上原浩治を自由契約に!治れば再契約も、他球団が獲得を狙う?

原監督の下、巨人の秋季キャンプが始まり、平均年齢23.9才というフレッシュな顔ぶれで原第三次政権の船出がスタートしましたが、その翌日、巨人の上原浩治投手(43)が、自由契約になることが濃厚との知らせが報じられた。

その上原投手の今季は、春季キャンプに参加が出来ず急ピッチで仕上げた無理がたたり、シーズン途中に離脱してしまったが、7月の救援前には左膝に痛みが生じていたという。また、最後の方は軟骨がぐらぐらしている状態だったといい、ペナント終盤の上原の起用法を思い直してみれば、なるほどと合点がいく。

また、現在は10月23日に膝の手術を行い無事に終了したといい、現役続行を視野に入れ、欲しいといってくれた球団に行くとコメントしていたが、今後は米国に戻りリハビリを開始する。

巨人が上原を自由契約も治れば再契約か

後1年は巨人で見てみたかった、というのがファンの総意だとは思いますが、来年は44才で膝を手術したことを考えれば、プロの世界では契約が厳しい、また、巨人は巨人で引退し巨人でコーチになってもらいたい、と考えていたのではないでしょうか。

しかし、上原は現役にこだわった、ということで巨人は上原投手が他球団と交渉しやすいように自由契約にした、そしてキャンプ前までには契約したいと考えている上原投手の希望を優先したのだと思いますが、巨人は上原投手の膝が完治すれば再契約の準備があるとの噂も流れているものの、万が一回復が遅かった場合でのシーズン前での解雇を考えれば、外国人やトレードなどを終わらせる時期である2月前後では上原の他球団の移籍は厳しくなってくる、ということから、

それなら上原が動きやすいように早めに自由契約し、治った場合、かつ、何処とも契約していなければまた巨人と契約しましょう、というスタンスと憶測できますが、

やはりコーチ兼選手としてでも残って欲しかったとは思いますが、巨人としては断腸の思いで上原のために早めに自由契約にしたのではないだろうか。

上原の獲得を狙う球団はあるのか?

来年は44才という年齢と、膝の手術を考えたなら契約したいと考える球団は、今年中は無いと憶測できるが、やはり来年の春キャンプで上原の投球を見てみないと契約は厳しいのではないだろうか。

しかし、仮に是が非でも上原が必要であれば、早めにコーチ兼選手での獲得を打診する球団は出てくるかもしれないが、憶測ではあるが仮に上原氏が引退すれば巨人に戻りコーチするのか、それとも獲得した他球団でコーチをしてくれるのか、と、いろいろ契約問題を憶測してしまうが、やはり上原は他球団に行ったとしても、引退すれば巨人は巨人に返らせる手配は整えているはずで、となれば中々他球団も現状を考えれば手を出しにくいかもしれないが、一番は、上原が来年の春にキャンプを迎えることが出来るまでに回復し巨人と再契約、という道が期待される。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする