巨人・上原浩治がヘッドコーチ就任で高橋監督と同級生コンビ誕生か

巨人・V逸で上原ヘッド誕生か?

メジャー契約が無ければ今季限りで引退と決意していた昨年、しかし引退を撤回し上原は自身のやり残した、100勝100ホールド100セーブのトリプルス100の記録達成の為に恥を忍んで巨人入りしたと語っていたが、その上原は巨人から声がかかって嬉しかった、昔は色々と恨んだこともあったが巨人があったから今の僕があると、今は巨人に感謝していると心境を語っていた。

その上原投手は43才、来季は44才という年齢を考えれば現役引退も考えられ、今季限りの日本復帰でトリプル100を達成させ、年齢を考えればその後は引退、という将来のビジョンが憶測出来るが、

もしも巨人が今季も優勝を逃せば球団史上ワーストの4年連続のV逸で、高橋政権の3年間は優勝無し、という責任は誰かが取らなくてはならなく、渡辺主筆の秘蔵っ子である高橋監督に監督を辞めさせる気がないのならいよいよ高橋監督も村田ヘッドを庇いきれなくなり、来季こそは最低でもヘッドの首が飛ぶことが現実的だ。

そこで来季の巨人の監督や次期ヘッドの予想がメディアを流れているが、一部の噂では過去の清武の乱で明るみになった江川氏のヘッドの噂が再燃し、一部では監督最終年の3年目、高橋監督がもしも優勝を逃せば自ら辞任するのではないかという噂もながれ、次期監督候補には原第三次政権や中畑氏の名前も浮上しているが、

ここにきて、高橋は名監督と長期政権も示唆してきた渡部主筆のこれまでのコメントを考えれば、優勝を逃せば補強が出来なかったフロントの責任で、監督をサポート出来なかったヘッドが責任を取る、ということも考えられ時期ヘッド候補に上原の名前が浮上してきたのである。

上原浩治ヘッドコーチ誕生か

今季の巨人は現実的に言えば優勝は限りなく不可能で、高橋氏が監督に就任し3年連続V逸なら投手コーチの首キリだけではなく、いよいよ監督やヘッドに責任を求め無風ではすまなくなってくるが、その対象となってくるのが昨年、一昨年と交代が噂されていた村田ヘッドで、これまでは高橋監督の強い希望で村田ヘッドの残留が実現されていたが、3年連続V逸で監督とヘッドが残留というのは、そうは行かなくなってくる事が予想される。

そこで、トリプル100も達成しプロ野球界に未練が無くなったかに思われる上原投手の来季は、引退したとすれば何かしらのポストが与えられると思われそれが投手コーチなのかヘッドコーチなのかは分からないが、同じ年の仲良しコンビである上原がヘッドになれば、高橋、上原、二岡とやっと高橋世代がコーチに入閣し高橋監督が指揮を取りやすくなってくるのは確かで、

先の事を考えれば上原をヘッドに挟み、阿部が監督になる前に再来年は上原が監督に、その後に阿部がヘッドに入りその後監督へ、そして満を期して50才までは監督はやらないという噂がある松井氏が、50才を過ぎたであろう時に阿部に変わり巨人の監督へ、なんて未来が見られるかもしれないが、来年の巨人の監督は替わっているのだろうか?

原監督の第三次政権はあるのだろうか?それとも人気回復へ向け中畑氏の監督就任はあるのだろうか?それとも、江川や上原のヘッド就任が見られるのだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする