【阪神】2019開幕スタメン&先発ローテ予想と戦力分析

2019年、阪神タイガースの開幕スタメンオーダー、打順、先発ローテーション、開幕投手の予想!

阪神タイガースの2018年のペナントは、鳴り物入りで入団したロサリオ内野手の不調が響き、シーズン最下位でフィニッシュ。また、金本監督の電撃解任で新監督には矢野氏が就任した。

この、監督交代は選手にとって吉と出るのか凶と出るのかは非常に楽しみではあるが、今季のドラフトでは1位で大阪ガスの近本光司外野手を獲得、この近本外野手の獲得には下馬評では賛否が分かれていますが、セリーグの新人王候補の筆頭選手、赤星2世になれるのかに期待がかかる。

※開幕スタメン、先発ローテの予想は、情報が分かり次第随時更新します。

阪神タイガース戦力分析2019

2019年阪神タイガースの戦力分析(仮)

※情報が分かり次第、随時更新します。

2019年、開幕スタメン&先発ローテ予想(仮)

2019年の阪神開幕ローテーション予想(仮)

今季の開幕ローテは、メッセ、岩貞、西でほぼ当確、以下はガルシアと秋山が巨人戦に回り、残り1枠を若手で争う模様、その中で無期限の2軍落ちとなった藤浪の逆転ローテ入りはあるのだろうか。

①メッセンジャー→②岩貞③西→④ガルシア→⑤青柳→⑥秋山

2018年の阪神開幕ローテーション

①メッセンジャー→②藤浪→③秋山→④小野→⑤メッセンジャー

※2019年の先発ローテ予想は、情報が入り次第、随時更新します。

阪神の新戦力2019

現在の新戦力は、今年のドラフト組から1位の大阪ガス、近本 光司とドラフト4位の齋藤 友貴哉投手は即戦力候補で、近本外野手はセリーグの新人王候補に挙がる。

また、ロサリオ選手が解雇されたが来季の新外国人にメジャー通算30本のマルテを獲得し、新外国人投手は元中日の左腕、ガルシア、そして中継ぎ候補にジョンソンを獲得、さらにはFAからオリックスの西の獲得に成功したことから、2019年の阪神の先発ローテーションはセ・リーグのみならず12球団屈指の先発が整い、藤浪や岩貞が復活すれば来季の阪神は一気に優勝候補に躍り出そうではあるが、後は打者次第。

その打者には新外国人から4番候補にメジャー通算30発の長距離砲、マルテ内野手が決定しましたが、このマルテがハマれば阪神の優勝が見えてくる。

※新外国人や新加入選手は、入団が決定次第、随時追記します。

  2019年 阪神タイガース新戦力 
ドラ1 近本 光司
ドラ2 小幡 竜平
ドラ3 木浪 聖也
ドラ4 齋藤 友貴哉
ドラ5 川原 陸
ドラ6 湯浅 京己
FA 西 勇輝
新外国人 ガルシア
新外国人 マルテ
新外国人 ジョンソン

阪神の開幕スタメン予想

阪神タイガース開幕スタメン予想(仮)

※スタメンは仮です、新戦力の加入が分かり次第随時入れ替えます。

 2019年 阪神 開幕スタメン予想
1 木浪 聖也 2019年ドラ3
2 近本 光司 2019年ドラ1
3 糸井 嘉男 打率.308 16本 68打点
4 大山 悠輔 打率274 11本 48打点
5 福留 孝介 打率280 14本 72打点
6 ナバーロ 打率276 3本 25打点
7 糸原 健斗 打率286 1本 35打点
8 梅野 隆太郎 打率259 8本 47打点
9 メッセンジャー 11勝7敗 防御率3.63

阪神の先発ローテ予想

2019阪神タイガース開幕ローテ予想

今季の開幕ローテは、メッセ、岩貞、西でほぼ当確、以下はガルシアと秋山が巨人戦に回り、残り1枠を若手で争う模様、その中で無期限の2軍落ちとなった藤浪の逆転ローテ入りはあるのだろうか。

確定ローテ

①メッセンジャー→②岩貞→③西→④ガルシア→⑤青柳→⑥秋山

 2019 阪神の開幕先発ローテ
1 メッセンジャー 11勝7敗 防御率3.63
2 ガルシア 13勝9敗 防御率2.99
3 西 勇輝 10勝13敗 防御率3.60
4 岩貞 祐太 7勝10敗 防御率3.48
5 青柳 晃洋 1勝1敗 防御率3.32
6 秋山 拓巳 5勝10敗 防御率3.86
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする