巨人・立岡宗一郎のトレードで中継ぎ投手の獲得を狙う?!

他球団ならレギュラー候補、うちならスタメンなのにと評価が高い巨人の立岡宗一郎外野手の現状は主に守備固め、昨日2軍に降格したが立岡選手のトレードの可能性はあるのだろうか?

中継ぎ崩壊中の巨人は、誰を駒にトレードに動くのだろうか?今回は野手から予想してみたいが、今季の巨人が出せる、他球団が欲しいと思う選手の筆頭候補は立岡選手、次点で石川慎吾選手の両外野手ではではないだろうか。

巨人のトレード予想、野手編

プロ野球も開幕し、いよいよ各球団との二巡目の対戦が始まるが、各球団の今後のウイークポイントとなりそうな部分が浮き彫りになってきた。

その中で巨人は早くも開幕1巡目で中継ぎが崩壊、今後優勝争いを勝ち抜くためにはこのままだと危険、少しでも早く手を打たなければならなく、手を打ちたい状況と思われるが、野手から巨人のトレード要員を予想すれば他球団が一番欲しいと考える野手は石川慎吾か立岡選手、この両外野手なら相手球団次第ではトレードはまとまるかもしれない。

また、内野手からは山本選手も候補に挙がりそうだが、外野手の層が薄い巨人は丸が加入したことで1名は外野手の余裕が出来、外野が埋まっている巨人では出番が無い立岡、そして亀井と陽岱鋼で日替わりスタメン中だが、立岡の代わりの守備固めは陽岱鋼や重信でも可能なことを考えれば、

昨年ファームで首位打者を獲得した石川慎吾に、使い勝手の良い立岡は他球団ならスタメン候補に挙がり、内野手が欲しい球団は山本が候補に挙がると予想されるが、中継ぎ投手を出すことが出来、外野手や内野手が欲しい球団はあるのだろうか。

パ・リーグの中継ぎ投手を狙う?

同一リーグでのトレードの可能性は低いことを考えれば、巨人のトレードが有るとすれば相手球団はおのずとパ・リーグになる。

その中で、近年内野手の打率が低い日本ハムは、投手を絡めた大型トレードも有りえると予想し、もしも巨人が澤村と山本泰を放出することが出来れば、日本ハムは弱点である内野手と先発投手が埋まることから、現在考えられる中で可能性があるとすれば、この日本ハムとの複数トレードを予想する。

また、柳田や福田が登録抹消、そしてミランダも抹消となり怪我人が続出しているソフトバンクも王監督とのホットラインがある巨人にとっては、トレード球団の大穴球団になってくるかもしれないが、他球団からは近年トレードやFAで交流のある西武ライオンズや楽天も候補に、先発の層が薄いオリックスも、巨人のトレード要員次第では電撃トレードがまとまるかもしれない。

はたして、原巨人は電撃の大型トレードを敢行するのだろうか・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする