巨人・田中俊太の成績予想!1軍セカンドで起用されたペナントを検証

近い将来、読売ジャイアンツの内野陣はこんな光景が見られるかもしれない。ファースト岡本or宇佐見、セカンド田中俊太、遊撃吉川尚輝、サード坂本勇人。

坂本選手がこの前ゴーイングでこんなことを語っていた。それは、先輩選手から30才を過ぎると身体が変わってくるよって言われて、まだ若い時はそんな実感はまったくなくて30過ぎても変わるわけないじゃん、と思いながら深夜にお菓子をバリバリ食べていた。けど、30才に近くなると本当に身体の変化が解ってきた、今は深夜にお菓子なんか怖くて食べれない、と。

プロ入り後はすぐに1軍レギュラーを掴み取り、これまでほぼフルで遊撃を守り続けてきた坂本選手の肉体はそろそろピークに差し掛かり近い将来、守備の負担の軽いサードへのコンバート論も噂されている。

そうなれば本来のポジョンである遊撃に吉川尚輝が入り、空いたセカンドを田中俊太や山本に辻選手達が競い合う。阿部選手が引退すればファーストには宇佐見や岡本等の若手が入り、巨人の近い将来はファースト、セカンド、遊撃は次世代の巨人の若手が守っているかもしれない。

その可能性は、田中俊太と吉川尚輝選手が共に活躍し、起用法に困ってくればいよいよ数年後には坂本をサードへコンバート、という未来が待っているかもしれない。

田中俊太のプロ1年目の成績を予想

元プロの田中俊太の評価がとにかく高い。昨秋のドラフトではこぞって田中俊太のミート力を絶賛し、つい最近のゴーイングでは赤星氏が今季もしかすると田中俊太は開幕1軍セカンドを取ってしまうかもしれないと田中俊太のミート力を絶賛していた。

ドラフト前評価でも専門誌は田中のミート力にSランクを付け、広島カープは一時期は田中俊太は守備はプロで通用する、間の取り方は一番うまいと獲得を匂わせていたが守備が被る選手を獲得しない方針の広島カープは獲得を見送ったが、巨人は肩も強く打撃も吉川尚選手とセカンドで争える選手だとコメントしている。

そして、田中選手の特徴である広角に打てる技術に50m6秒の足。6秒といえばプロでは早い方ではないが内野安打も稼ぐことが出来る足もあり、一発を打てる長打力も兼ね備えている。そして、アマ時代の16年、17年の国際大会では42打数2三振と、三振しないというミート力も高くドラフト5位ながら期待が出来る新人選手。

ちなみに、イチロー選手はドラフト4位、中日の大島選手はドラフト5位、ソフトバンクの長谷川や本多選手もドラフト5位、ちなみに別の機会でまとめてみたいと思いますが、ドラフト5位以下でプロ野球で活躍した選手はまだまだ数多くいるが、田中俊太もドラフト5位だ。

近年の巨人からは2011年の澤村投手以降、新人王選手は出てきていないが、今年の巨人からはプロ2年目だが新人王の資格を保有している吉川尚選手と、田中俊太の開幕セカンド争いを勝ち取った方が新人王を争い、そしてオールスターファン投票でのセカンドから選ばれる可能性もあり、今年の巨人のセカンドはもしかすると田中俊太が勝ち取り、3月のオープン戦での田中俊選手の活躍次第ではあるが、もしかすると一気にブレイクする選手になっていく選手かもしれない。

下位指名で活躍した選手が多い、キーワードのドラフト5位選手。

もしかすると、1軍で3割近く打ってくれるんじゃないかと期待したい、嫌、今だけはポジれる時期ということもあり、田中俊太選手には開幕セカンド3割新人王を期待したい。

しかし、吉川尚や山本もセカンドで起用して欲しい選手なだけに、同じポジションに複数の期待したい若手がいるとうことはある意味、ファンにとっては厳しい現状かもしれない。

また、今回も私のユーチューブ、プロ野球89チャンネルにて田中俊太選手がもしも今季、開幕2番セカンドで固定したらどんな成績を残すかを検証してみました。結果に興味がございましたら是非、動画もご覧下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする