高橋拓巳(日本生命)2018ドラフト候補!成績と評価に指名球団の予想

2018年ドラフト指名候補、プロ注目のリリーバー、高橋拓巳(たかはし・たくみ)投手が今秋ドラフトでは注目の左腕リリーバーとして目玉選手に名が挙っているが、セ・パ12球団の中継ぎ投手、特に中継ぎ左腕不足の球団は多いだけに今秋ドラフトでは上位指名で争奪戦になってくるかもしれない。

高橋拓巳の成績は

176cm、73kg、MAX148キロ、左投げ左打ち、スライダー、カット、チェンジアップ、カーブ(前橋育英→桐蔭横浜大→日本生命)

多彩な変化球と高いコントロール力が武器のプロ注目リリーバーだが適性は先発も有り、先発でもリリーフでも使えると評価は高い。

また、17年都市対抗では1試合の3.1回を投げ2失点してしまったが、17年秋の日本選手権では4試合の15回を投げ1失点と活躍し一気にドラフト上位候補に躍り出ると、18年の都市対抗では大阪ガスの補強選手として優勝に貢献し、アジア競技大会 ジャカルタでは侍ジャパンの社会人代表にも選ばれていた。

(都市対抗近畿地区2次予選、同点で迎えた9回にマウンドに上がると2者連続三振を奪ったがその後に四球を与え3連打で3点奪われ敗戦投手となってしまった)

大学時代の成績は、通算21勝8敗、309回1/3を投げ284奪三振、四死球91、防御率は1.63の成績を残している。

スカウト評価

巨人と阪神は最多の5名のスカウトを派遣し高橋拓巳を視察しているが、巨人は先発でもリリーフでもいけると評価が高く、阪神もリリーフに転向した高橋を真っ直ぐも良くなり緩急も使える、先発でもいけると評価が高い。

また、ロッテは真っ直ぐの質が良い、球威も昨年より上がっていると絶賛し、オリックスも真っ直ぐで空振りが取れるのはいいと評価が高い。

他にも5月28日の都市対抗近畿2次予選では9球団20名のスカウトが視察に訪れており、特に今秋ドラフトではほとんどの球団が中継ぎの強化は必須で、複数球団が左腕リリーバーの獲得を狙っていると思われるが、

中でもスカウト5名体制で視察した巨人と阪神を筆頭に今秋ドラフトでの争奪戦になってくると思われるが、特に左腕リリーフ不足である巨人は出来れば3,4位前後で獲得したい選手になってくるかもしれないが、今秋のドラフトでは高校生の本格派左腕の目玉選手はいなく、大卒や社会人左腕も注目選手が少ないことから高橋拓巳投手はもしかするとドラフトでは人気左腕投手として注目選手になってきそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする