巨人・高橋由伸監督が辞任!メディアのフライング?誤報?記事は削除

高橋由伸監督の辞任速報がツイッター上に流れ波紋を呼んでいる。

それは、本日の17時過ぎ頃に日刊スポーツの公式ツイッター・アカウントに、阪神専門の情報を伝える極トラプレミアムの番記者がツイートした内容に、

電撃ニュース!という見出しで巨人が先ほど会見を開き、今季限りで高橋由伸監督が辞任すると発表しました

と、ツイートしたのである。が、17時40分過ぎに阪神のことだけ書きます、さきほどのツイートは削除します、と記事が削除されたことにより、このツイートを見た野球ファンや一部のメディアはこのツイートは本当なのか?それとも誤報なのか?それともフライングで発表してしまい、巨人から指摘されツイートを削除したのか?と、信憑性についてざわついているが、現段階では巨人からの報告は何もない状況が続いている。

また、西日本新聞の記事でも、現在は削除されているが、

プロ野球巨人の山口寿一オーナー(61)は3日、東京・大手町の球団事務所で取材に応じ、高橋由伸監督が今季限りで・・以下省略

と、あまりにもリアルな内容が書かれておりこれが本当なら驚愕の一言ではあるが、日刊スポーツの公式ツイッターや西日本スポーツの記事の内容はあまりにもリアルでフライング発表としか思えないが真相は・・

追記:

高橋監督の辞任が正式に発表されました。内容は、就任一年目から3年連続でリーグ優勝を逃した責任を取りたい、と申し入れ、球団が受け入れた。

高橋由伸監督が辞任か

問題は、この記事がフライングだったのか、それともいたずらや、誤報だったのか?ということだが、いたずらにしては西日本新聞のあまりにもリアルな内容の記事や、極トラが日刊スポーツ公式ツイッターで投稿した記事にしては訂正の文字がなく削除しただけで、なにかしらのトラブルであれば訂正文などを載せるはずで、書いた記事をそのまま消しただけで以後は放置、ということが事の信用性を物語っている気もするが、

巨人としては3位争いを繰り広げているこの大事な時期に世間に向けて公表するはずはなく、またこの時期の高橋監督の辞任会見すらも怪しい気もするが、歴代ワースト記録を更新し続けている巨人の監督問題を考えればありえなくはない情報ではある。

リアルすぎる内容に

また、西日本新聞に書かれていた内容が本当であれば、日刊スポーツ公式ツイッターに書かれていた巨人が会見を開き、という内容は西日本新聞に書かれていた内容の山口寿一オーナー(61)は3日、東京・大手町の球団事務所で取材に応じ、という囲み取材が会見、に繋がったと憶測出来ることから西日本スポーツと極トラがフライングしてしまった、と考えることが出来るが、そもそも勘違い、と憶測することが出来る。

現在は巨人からの発表はなく、西日本新聞や極トラからの訂正はない。

はたして、巨人、高橋由伸監督は今季限りで監督を辞任してしまうのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする