日本ハムが王柏融(ワン・ボーロン)交渉権獲得へ!成績や年俸は?!

今夏を境に、ポスティング移籍を目指した台湾ラミゴの王柏融(ワン・ポーロン)外野手の周辺が騒がしくなっていたが、なんとポスティングを制したのは、交渉権を獲得したのは、まったくノーマークだったと言って良い日本ハムファイターズだった。

その、ワン・ボーロン選手は地元のTV番組で将来の自身の移籍先について、アメリカか日本に移籍するとすればどちか?という質問に日本、と答え、さらには生涯の日本でのプレーを宣言したばかりだったが、ゆいつ獲得を匂わせていた西武が、ワン・ポーロン外野手から撤退したことにより王柏融外野手の日本球界入りが危ぶまれていたが、日本ハムが交渉権を獲得した。

また、台湾ラミゴ側は日本ハムのポスティング費用や、ポスティングに参加した日米の球団は明かさなかったが、今後は日本ハムが30日間の交渉期間に入り、王柏融と交渉に入る予定だ。

また、王柏融の獲得により、去就が不明なレアード選手に代わり大田泰示が巨人でも経験があるサードへの挑戦が決まった。

王柏融(ワン・ポーロン)成績

2018年

118試合、打率351、17本、84打点、盗塁9、、出塁率446

2017年

115試合出場/打率407 31HR 101打点 178安打 16盗塁 出塁率491 OPS1.192

2016年

116試合出場/打率414 29HR 105打点 200安打 OPS1.165

2015年

29試合出場/打率324 9HR 29打点 36安打 OPS1.017

王柏融プロフィール

台湾ラミゴのモンキーズ所属 王柏融(24) 、Wang Po-Jung、背番号9 外野手 右投げ左打ち 181cm,90kg

野球チャイニーズタイペイ代表選手(台湾)

憧れの選手は、ソフトバンクホークスの柳田悠岐、阪神タイガースの糸井嘉男など。

打撃に関してはバットコントロールが良く三振が奪いにくいスラッガー、BB/K、1.14。

また、2016年はゴールデングラブ賞を獲得しているが、2016年の指標はWS1.73 ランクD+、と専門家から分析され、台湾のTV番組で海外移籍するとすれば日本と答えていた。

王柏融・獲得タイトル

2017年獲得タイトル

・首位打者・本塁打王・打点王・最多安打・最高出塁率

2016年獲得タイトル

・首位打者・最多安打・最高出塁率・新人王

王柏融(ワン・ボーロン)年俸

2015年全体1位指名でプロ入り

500万台湾元+100万台湾元出来高で契約

2016年年俸

5年総額3,180万台湾元で台湾ラミゴと契約更改。

2017年年俸

3,180万台湾元(5年総額)

2018年年俸

2400万円(推定)

2019年、日本ハム年俸

未定

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする