ロッテFA鈴木大地が楽天入り決断!実質、美馬と大地のトレードへ

ロッテFA鈴木大地内野手が楽天に行き、楽天FA美馬学投手がロッテに行くという、史上初のFA選手同士が球団を入れ替わる何とも珍しい、今オフのFA戦士達の移籍先が決定した。

また、鈴井大地内野手については巨人が3年5億円を提示、そして他球団の動向次第では見直しも、そして楽天が4年7億円、ロッテが3年総額6億円を提示したとの情報が流れ、

一時期は楽天が鈴木大地に提示した条件は4年総額10億円との報道が流れ、すぐさま石井GMは否定したが、それでも今季年俸1億円と思われる鈴木内野手に提示したと思われる4年7億円は破格中の破格で、

昨年の浅村選手のソフトバンクとの争奪戦を制した楽天はベースの年俸は6億円~7億円だがインセンティブを含めると8~9億円を提示していた、との情報も流れており、今年は巨人との争奪戦を制した楽天の鈴木大地穫りもかなりの条件を提示したのではないかと予想出来るが、

楽天も石井GMに変わり、高卒2年目の地元選手であった西巻内野手を育成にするとロッテ放出し平石監督を解任するなど、いよいよ本格的な補強で常勝軍団を目指す、新しい楽天に変貌を遂げようとしているのではないだろうか。

FA鈴木大地が楽天入りへ

鈴木大地内野手の獲得で、来季の楽天はサードで鈴木内野手を起用すると思われるが、確かに鈴木大地内野手の獲得で一気に打線は厚みを増し近年のウイークポイントだった内野手は浅村と鈴木大地の獲得で解消されると思われるが、

今年度の楽天はドラ1で小深田内野手を獲得したことから、そもそも鈴木内野手を穫りに行く必要性は低く、憶測をすれば小深田内野手を1位で指名した時はロッテFA鈴木大地内野手の獲得は考えていなかった、もしくは獲れるとは思っていなかったから1位で小深田内野手を指名したと考えることも出来ることから、鈴木穫りは流動的だったのだろうか・・

ドラフト1位、小深田の意味

鈴木大地穫りで、小深田選手の今後の起用法は西巻内野手が育成に落ちたものの、すぐ1軍に戻れたとしても浅村や鈴木大地選手が来た場合の自分の1軍での起用法を考えると居場所は無い、

それならロッテに、と考えたはずで今度は小深田選手がその立場にならないかと心配ではあるが、最悪は鈴木選手はファーストや外野手で起用すれば小深田はサードで起用出来る。

しかし、そうなれば鈴木選手は結局ロッテでの起用法と変わらなくなるとも思うが、どちらにせよ小深田内野手は浅村や鈴木大地に茂木内野手との争いに勝たねばならない。

しかし、逆をいえばそれだけ層が厚くなった、とも考えることが出来る楽天の内野手争いの狙いがここ有る、とも考えることが出来るのではないだろうか。

また、美馬投手の流出で先発のコマ不足が予想されるが楽天は美馬のプロテクトで誰を守り、ロッテからは人的補償で誰を狙うのか、に注目したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする