西武の炭谷銀仁朗が巨人にFA移籍か!楽天も獲得を狙い争奪戦へ

この時期のストーブリーグの情報は話半分で聞くくらいが面白く信憑性は定かでは無いが、巨人の広島FA丸と西武FA炭谷銀仁朗捕手の獲得情報が流れてきた。

また、巨人の今オフのFA補強の最上位リストには、丸と炭谷の名前が挙がっているとお膝元である報知が報道したことから信憑性はかなり高いと思われるが、FAした場合は獲得に動くと報じたことから巨人の今オフの補強は打と守の軸を獲得する、というスタンスが見えてきた。

まずは、丸選手だが2年連続のMVPは確実で仮に今季のMVPを逃したとしても2年連続のMVP級の活躍は確かで、日本人では最高打者になりつつある打の軸の獲得を目指し、小林に変わる扇の要穫りに動き打と守の軸の獲得を目指していく。

そこに、菅野に続く投の軸に期待するオリックスFA西穫りの可能性も考えられ、今オフは2017年に獲得した、山口俊、森福、陽岱鋼のFA戦士のトリプル補強の再来も考えられるが、楽天も炭谷捕手の獲得調査を行っており、炭谷選手がFAを決断すれば巨人と楽天との争奪戦が予想される。

巨人、西武FA炭谷銀仁朗を獲得か

あくまでも憶測だが、来季の補強は新監督である原氏の意向が反映されていると思われ、今季からGMを置かず、スカウト部長も岡崎氏を移動させ、補強に関する編成などもフロント主体から全権限を全て原氏が任されたことを考えれば、炭谷の獲得を狙うことが本当であれば間違いなく原監督の意向が反映されているはずで、

第2次原政権時は相川捕手を獲得し実松と小林の3選手を併用し起用していたことを考えれば、原監督が好む捕手は打てる捕手で、高橋監督の就任で正捕手を任されていた小林だが、第3次原政権では、第2次原政権時の時と同様に、来季の小林への期待値は低くなってくるかもしれない。

また、炭谷選手も小林と同じく守備型の捕手と感じるが、小林のライバル捕手としての獲得を狙っていることが想定でき、もしも獲得したとすれば小林と炭谷の併用が考えられる。

さらには、大城のファーストコンバートも視野に入れているとすれば、ポスト小林の岸田が巨人にはいることから炭谷を穫るなら岸田の育成を、と考えたいが、原監督は小林を起用しながら岸田や大城の育成では時間が足りない、炭谷起用で岸田を育成したいと、考えているかもしれない。

また、もしも、大城の打撃を生かし原監督がファースト大城、阿部代打の構想なら捕手が足りなくなるが、そこには小林と併用で岸田を育成したいが、もしかすると原監督は来季の巨人の正捕手は白紙にして、炭谷、小林、岸田、もしくは大城を競わせることも考えられる。

広島FA丸穫りへ

巨人の大本営、報知がいよいよ広島カープFA丸選手の獲得に巨人が動くことを示唆してきたが、巨人のウイークポイントである外野手センター、そして3,4,5番を打てる打者、の獲得は是が非でも目指したいはずだが、最大のライバルとなりそうなソフトバンクは打者なら西武FA浅村穫りに絞っており、ロッテも一時期は丸選手の獲得に、5年20億円の準備をしているとの報道が流れたが、4年16億円ともいわれるマネーゲームには参加しないとの情報も流れてきた。

また、阪神も動いてはいるものの、丸選手に限っては、小さいころは巨人ファン、さらには巨人の江藤コーチや松井選手を尊敬し、千葉出身で、丸選手の同僚がツイッターでFAのことは色々聞いているけど巨人にはV9を達成してから行こ、と意味深なツイートをしていたことを考えれば、広島残留か巨人に移籍か、の二者択一に絞られてきたかもしれない。

また、昨年は1年契約で契約更改したオリックスの西投手のFA宣言の確立は高いと予想され、ソフトバンクや阪神などが獲得の動きを見せているが、巨人も狙うことは予想され、そうなれば、山口俊、森福、陽岱鋼に続くトリプルFA補強の可能性も見えてくる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする