ソフトバンクホークス・ドラフト指名予想2018~獲得候補選手一覧

福岡ソフトバンクホークスが狙うドラフト候補は?2018プロ野球ドラフト会議・最新情報

昨年のホークスは、7球団が重複した1位指名、清宮幸太郎を外し、外れ1位で高卒の安田を狙ったがこれもまた外してしまった。

しかし、その後の外れ外れ1位では、何と吉住晴斗を指名すると一気にドラフト会議場にどよめきが響き渡ったサプライズドラフトを見せたソフトバンクホークスだが、はたして今秋のドラフトでもサプライズはあるのだろうか?

それとも即戦力候補の投手を1位指名するのだろうか?

1位は野手で行くのか、投手に行くのか、今年のホークスのドラフトも目が離せないドラフトになりそうだ。

昨年の2017年度版、ホークスのドラフト予想では、当記事へ沢山のご訪問ありがとうございました。今年も、ホークスが注目する選手をまとめていきたいと思います。

※最新情報が入り次第、随時更新します。

ホークス・ドラフト予想2018

 10月24現在:ホークス・ドラフト中間予想

(随時変更します)

※赤文字は、ホークス注目選手です

※1位→小園海斗(公表)

指名候補 1位 2位 3位
ホークス
 


 

小園 海斗 青島 凌也 林 晃汰
野村 佑希 万波 中正
吉田 輝星 柿木蓮
野村 大樹 頓宮 裕真
小島 和哉 太田 椋
頓宮 裕真 引地 秀一郎
東妻 勇輔 生田目 翼
辰己 涼介 柿木 蓮
齋藤 友貴哉 荒西 祐大
高橋 拓巳 高橋 拓巳
生田目 翼 齋藤 友貴哉
鈴木 翔天 高橋 優貴
鈴木 翔天
外れ1位 4位以下
大樹 富山 凌雅
高橋 拓巳
市川 悠太
野村 佑希
松井義弥
梅津 晃大 石橋 康太
 吉田 輝星 田中 裕貴
辰己 涼介
上茶谷大河
松本 航
甲斐野 央

※12球団のドラフト1位予想はこちらへ

2018年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか!根尾、藤...

ホークス・ドラフト会議シュミレーション

 10月24日現在:中間シュミレーション(随時入れ替えていきます)

 ホークスドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 小園海斗
外れ1位 野村 佑希野村 大樹高橋拓巳
辰己 涼介・松本 航・吉田 輝星
梅津 晃大・甲斐野 央・上茶谷大河
2位 高橋拓巳
野村 大樹野村 佑希・小島 和哉
頓宮 裕真・東妻 勇輔・生田目 翼
3位 林 晃汰万波 中正・柿木蓮・頓宮 裕真
太田 椋・引地 秀一郎・柿木 蓮
荒西 祐大・齋藤 友貴哉・高橋 優貴
鈴木 翔天
4位以下 富山 凌雅・石橋康太・松井義弥
田中 裕貴・高橋 拓巳・市川 悠太



ホークス・ドラフト情報

ホークス・上位指名候補一覧

赤字はホークスの評価が高い選手です。

   ソフトバンクホークス・上位指名候補
左投手 富山凌雅
(トヨタ)
小島 和哉
(早大)
田中 裕貴
(慶大)
高橋 拓巳
(日本生命)
 高橋 優貴
(八戸学院大)
鈴木 翔天
(富士大)
右投手 甲斐野 央
(東洋大)
吉田輝星
(金足農)
松本 航
(日本体育大)
梅津 晃大
(東洋大)
東妻 勇輔
(日体大)
引地 秀一郎
(倉敷商)
上茶谷大河
(東洋大)
柿木 蓮
(大阪桐蔭)
齋藤 友貴哉
(Honda)
青島凌也
(東海大)
市川 悠太
(明徳義塾)
内野手 根尾 昂
(大阪桐蔭)
小園 海斗
(報徳学園)
林 晃汰
(智弁和歌山)
松井 義弥
(折尾愛真)
外野手 藤原 恭大
(大阪桐蔭)
野村 佑希
(花咲徳栄)
辰己 涼介
(立命大)
万波 中正
(横浜)
捕手 頓宮 裕真
(亜大)
石橋 康太
(関東一)

ホークス・スカウト最新情報

10.24

ホークスが、ドラフト1位に報徳の小園海斗を公表した。

10.12

今秋ドラフトの上位候補に、日本生命の高橋拓巳投手と、ホンダ熊本の荒西祐大投手をリストアップしていることが分かった。

10.9

大学NO1野手、辰巳と150キロ右腕、山本が所属する関西大を視察。

9.14

東妻 勇輔を、球の勢いがある、大きな変化球があるとコメントした。

8.29

小園 海斗を、いい走り方をしている、2軍の試合に入れても大丈夫、ショートが欲しい球団は根尾と小園で迷うでしょうと絶賛。

8.13

松井義弥を、素材として考えると魅力、将来性を感じる、いい力をしていると評価。

8.13

永井スカウト室長→吉田輝星を高校生のレベルを超えている、投手に必要な要素の全部がレベルが高いと絶賛した。

7.2

野村佑希を視察したホークスは、投手は初めて見たが、思ったよりもまとまっていて良いピッチャーと評価した。

5.28

藤原 恭大の身体能力の高さを絶賛。

4.18

頓宮 裕真を、大学屈指のホームラン打者と絶賛した。

4.8

松本 航を、いろんな球を意図を持って投げている、変化球も多く幅が広い、打者はストレートが手元で伸びて差し込まれているとコメント。

3.30

市川 悠太を視察、去年から成長しているとコメントした。

3.30

林晃汰を視察したソフトバンクは、スイングの力強さが目に付いたと評価した。

3.19

高橋 優貴を、ボールの質は左腕でトップクラスとコメントした。

3月

センバツ高校野球、大阪桐蔭を視察したソフトバンクは、根尾 昂についてどのポジションでも魅力、打球が速く、阪神の鳥谷タイプと評価した。また、藤原恭大については身体能力の高さを絶賛し、柿木蓮は下半身が太く鍛えている、非常に楽しみな選手と評価した。

2月

梅津 晃大を球がうなっている、と、甲斐野 央と共に上位候補とコメントした。

17/7

万波を、スイングが早い、バックスクリーン上まで飛ばす1年は見たことない、規格外、あんな高校生はいないと絶賛、今年は清宮、来年は万波と評価していた。

4.5

山田健太を視察したホークスは、2年で詰まって本塁打に出来るのは凄いと絶賛。

ホークス・ドラフト注目選手

高校生野手ビック3以外から、智弁和歌山の林晃汰、花咲徳栄の野村佑希、木更津総合の野尻、折尾愛真の松井義弥、横浜の万波に注目、中でも、智弁の林は別格

また、投手からはゆいつ金足農の吉田の名前を挙げ、甲子園では吉田輝星がNO1と絶賛した。

ホークス・ドラフト展望

ホークスは投打共に世代交代の過渡期に差し掛かり、FA、トレード、新外国人を含めて大幅な選手の入れ替えが予想されるが、まずはドラフトで今宮の後継者、大阪桐蔭の根尾を1位で指名するのかに注目、また外れ1位の場合には、早実の野村大樹や花咲の野村を指名するのかにも注目したいが、ホークスの1位指名は高校生野手になりそうだが、外れや外れ外れ1位で高橋拓巳の可能性も。

また、投手では上位候補に日本生命の高橋拓巳、ホンダ熊本の荒西祐大に注目しているが、ソフトバンクが獲得出来るとすれば高橋拓巳投手はホークスの2位では残っていないと予想されることから、3位でサイドスローの荒西だろうか。



※情報が入り次第随時更新します。

ホークス・ドラフト予想2017版

以下は、昨年に予想した記事になります。

10.24 現在 中間予想:

ソフトバンクホークス・ドラフト上位候補

指名候補 1位 2位 3位
ソフトバンク 安田 尚憲 永野 将司
清宮幸太郎 清水 達也 山口 翔
外れ1位 岩見 雅紀  岸田 行倫
東 克樹 山口 翔  清水 達也
鈴木 博志 近藤 弘樹   桜井 周斗 
近藤 弘樹 桜井 周斗  岩見 雅紀
鈴木 康平 永野 将司  増田 珠
田浦文丸
高橋 遥人 3位以下
鍬原 拓也 岡田 和馬
知野 直人
片山 翔太
永野 将司
金久保 優斗
山上 信吾

ホークス・ドラフト会議シュミレーション

10月24日 現在予想:中間シュミレーション

1位:清宮or安田 外れ鈴木博 2位:山口or岩見 3位:永野or清水or田浦

  ソフトバンクドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 清宮幸太郎安田 尚憲
外れ1位 鈴木康平近藤弘樹・高橋 遥人・  斉藤 大将
鈴木 博志・山口翔
2位  鈴木康平山口翔・近藤弘樹桜井 周斗
鍬原 拓也・岩見 雅紀
3位 増田珠清水 達也永野 将司桜井 周斗
岸田行倫・北村拓己・山口翔・田浦文丸
4位以下  永野 将司・田中 瑛斗・岸田行倫・島田 海吏
岡田 和馬・片山 翔太・高木 渉・知野 直人
金久保 優斗・山上 信吾

ホークス・ドラフト最新情報2017

ホークス・上位指名候補一覧

赤字はホークスの評価が高い選手です。

   ソフトバンクホークス・上位指名候補
左投手 田嶋 大樹 宮台 康平 佐藤 隼輔 (進学)
斎藤 大将 東 克樹 桜井 周斗
永野 将司 高橋 遥人 金成 麗生(社会人)
田嶋 大樹 斉藤大将  片山 翔太
岡田 和馬 宮台 康平
右投手 鈴木 博志 鈴木 康平 山口 翔
本田仁海 近藤 弘樹 鍬原 拓也
石川 翔 清水 達也 田中 瑛斗
推野 新 水野 匡貴 嘉陽 宗一郎
山上 信吾 金久保 優斗
内野手 清宮幸太郎 北村 拓己 安田 尚憲
知野 直人
外野手 増田 珠 桜井 周斗 岩見 雅紀
島田 海吏 高木 渉  
捕手 岸田 行倫 中村 奨成 篠原 翔太 (進学)

ホークス・スカウト最新情報

10.2 デイリー

清宮君との面談に三笠球団統括本部本部長が出席した。12球団でも最高の環境と3軍システムで、じっくりと良い環境で日本を代表する打者になって欲しいとアピールしたようだ。

9.23 日刊

球団首脳陣コメント→日本人で長距離砲はそうはいない、1位候補。

9.22 スポニチ

(清宮)今年の目玉。人気、実力を兼ね備える将来のクリーンナップ候補。頭脳明晰、人間性もしっかりしてる。

9.14 日刊スポーツ

ホークス視察情報。BCリーグ、武蔵vs新潟の試合を視察し、知野 直人がドラフト候補に急浮上。他、DeNA,ロッテ,巨人も視察しており下位指名の注目選手になりそうだ。

8.23

王球団会長コメント情報。中村 奨成を、清宮のライバルになる存在と高評価。

8.10 サンスポ

王球団会長コメント。先頭に立ちキャプテンシーを発揮する清宮を、プロの世界でやれると評価した。

7.15

安田 尚憲をサードを守れるのが魅力、上位候補と明言。

3.20 西日本スポーツ

山口 翔投手を視察したスカウトは、スピードもあり体や関節が柔らかく楽しみが多い選手と評価。

1.1 スポーツ報知

ドラフト1位指名候補に、清宮と安田の2人をマークするとコメント。

ホークス・ドラフト展望2017

今秋のドラフトは、世代交代を考えると松田選手(34)の後釜であるサード・安田や、救援投手の整備にヤマハの鈴木の獲得がチーム状況にはマッチするが、

ソフトバンクホークスが今秋狙うドラ1位は清宮幸太郎内野手1択になるのではないだろうか。

仮に、清宮選手を外した場合の外れ1位に残っていれば、守護神候補やリリーバー候補として鈴木選手(ヤマハ)の指名を。

1位で清宮が獲得出来れば、2,3位は投手を。出来れば、高橋 遥人か斉藤大将の左腕を取りたい。また、花咲の清水の存在も気にかかり上位指名の可能性も。

また、今秋のドラフトでは、捕手は4位以下で狙っている捕手が残っていなければ上位の指名は無いと予想しますが、ホークスの捕手事情を考えれば、若い世代の捕手を育成しているため今秋のドラフトでは、ホークスが評価している即戦力の捕手、岸田が残っていれば3位前後での指名が濃厚だろうか。

また、ホークスの2位の指名順で残っている選手に、岩見選手が入ってきそうですが、安田や清宮を外した場合に、仮に岩見が残っていた場合に獲得するのかにも注目したい。

今秋のドラフトは、清宮が獲得できるかがポイントになってきそうですが、社会人or大学生の即戦力左腕1枚と高校生左腕の計2枚、最悪は1枚は必ず即戦力左腕を獲得したいところだ。

※2018年ドラフトは、情報が入り次第随時更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする