【ソフトバンク】2020開幕スタメン&先発ローテ予想と戦力分析

2020年、ソフトバンクホークスの開幕スタメンオーダー、打順、先発ローテーション、開幕投手の予想!

2019年のソフトバンクは、76勝62敗5引き分けで首位西武と2ゲーム差で2位フィニッシュ、

昨季も一昨年に続きパリーグ2位からの下克上で、3年連続の日本一に輝いたソフトバンクホークスは、2016年のチーム本塁打数114本から、2017年は164本に増加、さらに2018年は202本塁打と200本超えの大台に乗せたが、2019年度のチーム本塁打数は183本と減少した。

しかし、2020年はバレンティンの獲得と柳田選手の復活で打線は破壊力十分、4年連続日本一の大本命候補になってきそうですが、

各ポジションに台頭した若手がベテランと入れ替わり上手く世代交代を進めている印象のホークスが、内川選手や松田らベテラン選手の世代交代をどう整備していくのか、福田外野手の穴を埋めることが出来るのかにも注目したい。

開幕スタメン、先発ローテの予想は、情報が分かり次第随時更新します。

ソフトバンクホークス戦力分析2020

2020年ソフトバンクの戦力分析(仮)

2020開幕スタメン&先発ローテ予想(仮)

2020年ソフトバンクの戦力分析!投打のポイントは?!

今季は、支配下を勝ち取った20歳コンビの尾形崇斗とリチャードに注目だ。

打のポイントは、グラシアルやデスパイネ選手に替わる大砲候補のバレンティンを獲得したことで、柳田選手の復活も予想される打線は破壊力十分、

後はFAで他球団に移籍した福田外野手に変わる選手の台頭が期待されるが、ドラ1佐藤外野手にとってはオープン戦でも結果を残しておりチャンスだ。

投のポイントは新外国人のムーア、先発転向も視野に入れている高橋純平、右肘手術から復活を目指す東浜、ローテ入りを目指すベテラン和田投手、中継ぎは甲斐野に松田、そして岩嵜や石川、などが競い合い2020年の投手陣は充実しており、今季パリーグの優勝候補の大本命。

2020年のソフトバンク開幕ローテーション予想(仮)

①東浜→②ムーア→③バンデンハーク→④和田→⑤石川→⑥二保or松本(高橋純平)

ソフトバンクホークス新戦力2020

   2020年 ソフトバンクホークス新戦力
ドラ1 佐藤 直樹
ドラ2 海野 隆司
ドラ3 津森 宥紀
ドラ4 小林 珠維
ドラ5 柳町 達
 新外国人 マット・ムーア
 新外国人 バレンティン

ソフトバンク開幕スタメン予想

ソフトバンク開幕スタメン予想(仮)

  2020年 ホークス開幕スタメン
1 牧原 大成  率.242 3本 27打点
2 今宮 健太  率.256 14本 41打点
3 柳田 悠岐  率.289 7本 23打点
4 バレンティン  率.280 33本 93打点
5 中村 晃  率.245 3本 11打点
6 松田 宣浩  率.260 30本 76打点
7 長谷川勇也  率.302 3本 9打点
8 甲斐 拓也  率.260 11本 43打点
9 明石 健志    率.248 5本 21打点

ソフトバンク先発ローテ予想

2020年ソフトバンクの先発ローテ予想(仮)

①東浜→②ムーア→③バンデンハーク→④和田→⑤石川→⑥二保or松本(高橋純平)

    2020年 ソフトバンク 開幕先発ローテーション
1 東浜 巨 2勝2敗 防御率6.37
  マット・ムーア 新外国人
2 バンデンハーク 2勝0敗 防御率3.12
3 石川柊太 0勝0敗 防御率0.00
4 和田 穀 4勝4敗 防御率3.90
5 松本 裕樹 1勝1敗 防御率4.01
  二保 旭 1勝4敗 防御率3.99
6 武田 翔太 5勝3敗1S 防御率4.55
7 高橋 礼 12勝6敗 防御率3.34
8 高橋 純平 3勝2敗 防御率2.65
9 千賀 滉大 13勝8敗 防御率2.79
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする