【週ベ】2018プロ野球セ・リーグの先発ローテと中継ぎ救援投手の予想

2018プロ野球、今季のセ・パ12球団の先発投手のローテション、中継ぎ救援投手、抑え事情はどうなっているのだろうか?

今回は、週間ベースボールの記事に各球団の先発ローテ、中継ぎに抑えの予想が書かれており面白い内容になっていました。

また、各球団の投手陣は新加入の選手で2017年とガラッと様変わりしてきそうな球団もありますが、各球団も過度気に差し掛かり若い世代にバトンタッチする2018年になってきそうな気配が漂います。

野球は投手力とも言われ、投手力を整備してきた球団、特に中継ぎと抑えの後ろがしっかりしている球団が優勝に近いと個人的には思いますが、そこは有る程度の打線の総合力ともイコールしてくる。投手力がしっかりしていても打撃力が著しく低下していればいくら投手が良くても優勝は不可能だ。

今回は、その各球団の投手事情についてどうなっているのかを週間ベースボールの記事を参考に考えてみたい。

セ・リーグ先発ローテ&中継ぎ予想

2018年のプロ野球もいよいよオープン戦が始まり開幕が近くなりスタートしようとしています。セ・リーグの各球団は新外国人や新獲得選手の補強で、各球団は2017年の投手陣と2018年の1軍投手の戦力が変化していますが、各球団の今季の投手陣はどうなっているのだろうか。

今回は、愛読している週間ベースボールの記事にセリーグの投手陣の先発、救援投手の予想が書いてありましたが、2018年のプロ野球セ・リーグの各球団は、先発ローテーション、救援投手に抑えはどう選択してくるのだろうか。

また、セ・リーグの各球団の投手予想には、今季ブレイクしそうな選手、ドラフトでの新人投手も先発ローテ予想に組み込まれていましたが、ほぼプロ野球ファンが予想する通りの内容だったのではないでしょうか。

広島カープからは左腕の救世主候補の高橋昂也、阪神からは今季ブレイクし花開くか才木浩人、DeNAからは新人王を獲得出来るか東克樹、巨人からは2年目のジンクスを打破出来るか畠 世周、中日からは今季ブレイク候補の小笠原慎之介に守護神を奪えるか鈴木博志、ヤクルトからは原樹理に新外国人ハフ、そしてソフトバンクから無償トレードで獲得した山田大樹投手が先発入りするのかに注目したい。

以下は、週間ベースボールの予想したセリーグの2018年の1軍の投手起用予想になります。

広島カープ

先発

①野村祐輔

②ジョンソン

③薮田和樹

④大瀬良大地

⑤岡田明丈

⑥高橋昂也

中継ぎ

①今村 猛

②ジャクソン

③一岡竜司

④中田 廉

⑤九里亜蓮

⑥藤井皓哉

抑え

中崎翔太

阪神タイガース

先発

①メッセンジャー

②秋山拓巳

③藤浪晋太郎

④能見 篤史

⑤岩貞祐太

⑤岩崎 優

⑥才木浩人

中継ぎ

①桑原謙太朗

②マテオ

③藤川球児

④高橋聡文

⑤石崎 剛

⑥松田遼馬

抑え

ドリス

横浜DeNAベイスターズ

先発

①今永昇太

②ウィーランド

③濱口遥大

④石田健太

⑤井納翔一

⑥東 克樹

⑦飯塚悟史

中継ぎ

①パットン

②砂田毅樹

③三上朋也

④田中健二郎

⑤エスコバー

⑥笠井崇正

抑え

①山崎康晃

読売ジャイアンツ

先発

①菅野智之

②田口麗斗

③野上亮磨

④山口 俊

⑤吉川光夫

⑥畠 世周

中継ぎ

①マシソン

②西村健太郎

③池田 駿

④森福允彦

⑤田原誠次

抑え

①カミネロ

②澤村拓一

中日ドラゴンズ

先発

①大野雄大

②又吉克樹

③ジー

④小笠原慎之介

⑤柳 裕也

⑥鈴木翔太

中継ぎ

①鈴木博志

②三ツ間卓也

③岩瀬仁紀

④谷元圭介

⑤福谷浩司

⑥笠原 祥太郎

抑え

①田原慎二

ヤクルトスワローズ

先発

①ブキャナン

②小川 泰弘

③石川雅規

④由規

⑤原 樹理

⑥ハフ

中継ぎ

①石山泰稚

②近藤一樹

③松岡健一

④中澤雅人

⑤村中恭兵

抑え

①秋吉 亮

②カラシティ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする