2018年ドラフト1位指名予想・各球団の獲得候補と注目選手は

2018年ドラフト会議セリーグ・パリーグ12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか!根尾、藤原、小園、吉田の高校生BIG4はドラフトでは何位で指名されるのだろうか?

甲子園で一気にスター選手となった金足農の吉田輝星はどの球団が狙うのだろうか?大学進学が噂されている中で、巨人に行きたいとアピールした吉田はプロ入りを表明するのだろうか?

また、大学からは東洋大のドラフト1位候補の150キロトリオ、甲斐野 央、上茶谷大河、梅津 晃大の3投手はどの球団が指名するのだろうか?

昨年は多数の方が当記事をお読み下さり有り難うございました。さて、昨年の反省ですが、各球団の2位以下の予想は欲しい選手と実際に獲得出来る選手は違い予想はかなり難航しました。

1人ずれると各球団の欲しい選手は総崩れになり、ほぼ各球団は欲しい選手の半分も穫ることが出来なかったと思いますが、今年の予想はなるべく頑張って当てたいと思いますが、あくまでも各球団が欲しい選手を予想し、各球団のドラフトがそこに近づけるかを楽しんでいただけたら幸いです。

スカウト情報や各球団の補強ポイントから予想し、最新情報が入り次第、随時更新します。

セ・パ12球団ドラフト1位予想2018

8月23日現在

セリーグ・ドラフト1位 中間予想

※現段階での予想のため、随時更新します。

1位入札
広島 甲斐野 央・梅津・上茶谷・小園
巨人 吉田・梅津・甲斐野・上茶谷
DeNA 梅津 晃大・甲斐野・上茶谷
藤原・根尾
阪神 藤原恭大・根尾 昂・小園 海斗
上茶谷・松本・吉輝星田
ヤクルト 上茶谷・梅津・甲斐野・藤原・根尾
小園
中日 梅津 晃大・甲斐野・上茶谷・根尾

パリーグ・ドラフト1位 中間予想

1位入札
日本ハム 吉田輝星・藤原恭大・根尾 昂
ソフトB 藤原恭大・根尾 昂
ロッテ 梅津 晃大・藤原恭大甲斐野
西武 吉田輝星・根尾・小園・藤原
梅津・甲斐野・上茶谷
楽天 梅津 晃大・甲斐野・上茶谷
藤原・根尾吉田輝星
オリックス 根尾 昂 ・藤原 恭大・上茶谷大河

ドラフト会議シュミレーション

12球団ドラフト会議・最終シュミレーション

9月9日更新:ドラフト会議中間予想

 セ・パ12球団・ドラフト会議中間シュミレーション
1位 外れ1位 外外1位 2位 3位
広島 根尾
小園
上茶谷
甲斐野
松本
巨人 甲斐野
上茶谷
吉田
松本
野村大
野村佑
DeNA 梅津
上茶谷
甲斐野
野村佑
阪神 上茶谷
藤原
吉田
甲斐野
松本
ヤク 上茶谷
小園
中日 梅津
根尾
ハム 藤原
吉田
根尾
SB 藤原
根尾
野村佑
ロッテ 梅津
藤原
西武 梅津
上茶谷
甲斐野
楽天 梅津
根尾
吉田
オリ 根尾
藤原
上茶谷

12球団のドラフト展望2018

現段階ではありますが、仮に吉田がプロ入りを表明すれば巨人と楽天で吉田の1位指名を争うことが予想されていますが、ここへきて日本ハムや阪神も吉田の1位指名の可能性も出てきた、

また、一時期は巨人有利に思われていたが吉田の父の発言でも有ったように、楽天に言って欲しいという地元東北の楽天も本命候補に挙ってきた。

また、阪神とロッテが高校生のNO1野手は藤原、広島とヤクルトが小園、という情報が流れている。

※セ・パ12球団の、今秋のドラフト戦略は今後徐々に詰めて行きたいと思いますので、社会人野球の日本選手権や秋の大学リーグ戦などが終わり、各球団のスカウトの各選手の最終評価が出揃うまで、今しばらくお待ち下さい。

※以下の記事は、2017年版の予想になります。

セ・パ12球団ドラフト1位予想2017

10月25日現在

セントラルリーグ・ドラフト1位指名予想

1位入札
広島 中村奨成
巨人 清宮・安田
DeNA 田嶋 大樹・東
阪神 清宮幸太郎
ヤクルト 清宮幸太郎
中日 中村奨成or鈴木博志

パシフィックリーグ・ドラフト1位指名 中間予想

1位入札
日本ハム 清宮幸太郎 ・中村奨成
ソフトB 清宮幸太郎
ロッテ 清宮幸太郎
西武 田嶋 大樹
楽天 安田 尚憲東 克樹清宮幸太郎・中村奨成
オリックス 田嶋 大樹

12球団ドラフト会議・最終シュミレーション

各球団の指名したい順位で予想しています。

赤文字は1位指名確定です。中日は今日の段階では中村に決定。

 セ・パ12球団・ドラフト会議中間シュミレーション
1位 外れ1位 外外1位 2位 3位
広島 中村 奨 鈴木康 柏原 斎藤 俊
巨人 安田
清宮
鈴木博

近藤 弘
村上
桜井 周
村上
増田
永野

阪口
西浦
DeNA
田嶋
西村 村上 本田 海 藤岡 裕
阪神 清宮 斉藤 大
鈴木康
鈴木博
高橋 遥 高橋 礼 田浦 文
岸田
ヤク 清宮 馬場 近藤 弘 草場
田中俊
田中俊
ケムナブラッド誠
中日 中村
鈴木博
鈴木博 村上
高橋 遥
石川 翔 西川愛
ハム 清宮 岩見 馬場 宮本 丈 阪口 皓
SB 清宮 鈴木 博 近藤 弘 永野 将
田浦
山口 翔
田浦
ロッテ 清宮 岩見 西村 増田 珠 推野 新
西武 田嶋 鈴木 博 村上 宗 村上 宗 清水 達
楽天
安田
中村
馬場 鍬原 山崎 剛
本田仁
岸田
本田 仁
岸田山崎
オリ 田嶋 鍬原 宮本 丈 西浦 颯

12球団のドラフト展望2017

※総評・セリーグ

広島の今年のドラフト1位指名候は広陵の中村に決定しました。また、2位以下は田中俊や、永野と柏原、斉藤俊介が筆頭候補か。

人気に陰りが見える巨人はフロント指令でスター候補生である清宮幸太郎内野手の獲得を狙うのではないだろうか。

一部では、清宮君のポスティングは認める方針とも言われていますが、しかし、仮に清宮を獲得できた場合に現段階ではポスティングを認めていない巨人との交渉は難航か。そこで安田や東、鈴木博の一本釣りにシフトチェンジの可能性も。

また、清宮幸太郎内野手(18)を今年のドラフトで特A評価をしているDeNAは、重複が予想されてもそれでも1位指名の評価をしており、DeNAベイスターズは最終的には清宮幸太郎内野手を取りに行きそうですが、即戦力左腕の田嶋や東もマークしていることから、最後まで即戦力投手と清宮で悩んでいるようだが、ここへきて投手に絞ったという情報も。

阪神清宮君の1位指名を12球団最速で宣言し、阪神ファンとの噂が高い清宮幸太郎内野手を相思相愛で獲得出来るのかに期待がかかる。

(9/4 阪神は中田選手から撤退との情報有り)

ヤクルトは左の長距離砲に狙いを定め、清宮幸太郎内野手の獲得に参戦が濃厚と思われ、現段階では清宮選手の1位指名の1択に。

中日は1位指名候補に清宮幸太郎を上げているが、最速157右腕の鈴木博志投手も1位指名候補に挙げている。

しかし、清宮君がプロ入りを表明すれば、今年は将来の主砲候補に高校生中心と明言したことから、清宮選手の予感もしますが、清宮側から難色を示されている情報もあり撤退。そこで、白井オーナーはもう一人の中村の1位指名でも悩んでおり、現段階では鈴木博か中村の2択になりそうだと予想しています。

※総評・パリーグ

日本ハムは1位指名上位候補を13名に絞り込んだようですが、その年の1番良い選手を狙いに行く方針で今年はその最上位候補、No1と言われている清宮幸太郎内野手を指名、しかし清宮君の面談をキャンセルしたことが気にかかる。ブラフか余裕なのかスカウトの間でも日本ハムだけは分からないと言われる位、中村選手への1位指名に乗り換えたのかが気になる所だ。

ソフトバンクは清宮幸太郎君と安田 尚憲君の2名を徹底的にマークしているようですが、どちらが今年のNo1か、ではなくチームに合う選手と評価するのか次第だが、現段階では今年No1の清宮幸太郎内野手の1位指名が濃厚ではないだろうか。清宮がプロ入りすれば1位は清宮、進学すれば安田と決めていただろう。ただ、ソフトバンクもポスティングは認めていない球団なのが気にかかりますが、清宮君はソフトバンクなら例外で早期のメジャーは諦めるかもしれない。

ロッテが読めない。投手陣を再建したいロッテですが和製大砲候補の獲得も急務、1位指名は現段階では絞り切れていない感じか。ただ、日本人野手の大砲がいないロッテは、清宮幸太郎内野手の1位指名、大穴で安田を一本釣りで狙う可能性も。

また、西村の評価も高いことから、投手なら重複は避け西村 天裕投手の1本釣りを狙ってくる可能性も否めないが、現段階の1位候補は、清宮、安田の2名だろう。

西武も読めないが、面白いことに過去のドラフトでは高校生通算本塁打が多い選手の獲得が1番多い球団が西武でもある。

ということから特A候補としてマークしている清宮幸太郎選手と安田内野手を1位指名、また菊池流出に備え田嶋の1位指名も。最終的には、清宮の重複は避け、田嶋、東の即戦力左腕が濃厚か。しかし、安田が単独で取れると判断すれば話は別で、安田の1位指名も。

楽天は現段階で社会人、高校生含めて一番良いと東 克樹投手を評価していますが、中村捕手の評価も高く清宮と中村で悩んでる段階かもしれない。しかし、安田の声も上がっているようでドラフト会議ぎりぎりまでは、清宮、安田、東、中村の中から1位を絞り込んでいくようだ。

オリックスは現段階での最上位候補は田嶋と東のW左腕をマークしているが、清宮選手の1位指名は回避し、少数重複が予想される田嶋を狙う戦略に。

最新情報が入り次第、随時更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする