【週ベ】12球団の最新投手力の採点!セ・パの1位球団は阪神とSB

2018年プロ野球開幕、今回の週間ベースボールの特集、12球団の最新投手力の採点が面白そうだったので購入し読んでみましたが、週間ベースボールが採点する投手力、セリーグ・パリーグの1位球団、Sランクの球団は阪神タイガースとソフトバンクホークスだった。

12球団投手力ランキング

S

阪神・先発◎救援◎

ソフトバンク・先発◎救援◎

A

巨人・先発◎救援○

楽天・先発○救援○

広島・先発◎救援○

DeNA・先発○救援△

オリックス・先発◎救援○

中日・先発○救援△

B

西武・先発△救援○

ロッテ・先発◎救援○

ヤクルト・先発○救援○

C

日本ハム・先発△救援○

週間ベースボール・採点

12球団の投手力採点

今回の週間ベースボールでの特集は、プロ野球ファンも予想するセリーグ・パリーグの12球団の投手力と大体似たような結果だと感じましたが、私も阪神の投手力の層はセリーグNo1、そこにロサリオがハマれば広島を押さえ優勝するのではと感じますが、今回の問題である投手力。

その阪神は、メッセンジャー投手や能見投手の高齢化は、今季の阪神がペナントを戦う上での投手力を大きく左右するかもしれない。また、中継ぎは昨季の酷使がどう響くかも気にはなるが、マテオ・ドリスの鉄壁コンビに、桑原、高橋、藤川、石崎と層が厚い。

また、外国人の故障やメッセンジャーの不調に備え台湾のアマNo1左腕の呂彦青やモレノ投手が控えており、藤浪の復活や若手の台等も期待出来る今季の阪神の投手層は厚い。

ソフトバンクはいわずもがな、そろそろ野手や投手の過度気、世代交代に差し掛かってきそうではあるが鉄壁の岩崎にサファテ、そして中継ぎ陣は誰が故障しても下が待機しているソフトバンクの救援陣の投手力は厚く今季の投手力は健在、この2球団は先発投手陣もさることながら、ソフトバンクと阪神は共に中継ぎが12球団で最強、というリリーフ陣が整備されていることが阪神とソフトバンクの投手力がS、という結果にうなずける。


巨人の2018年投手力は本当にAか

昨年の巨人はリーグ4位ながら投手防御率はリーグ2位、先発投手にいたっては12球団でトップの防御率だったが、その結果の功労者であるマイコラスはメジャーへ、そして菅野投手にいたっては活躍はするものの2年連続で昨年並みの活躍を求めるのは酷かもしれない。

となれば、FAで補強された野上や昨年はほとんどいなかった山口俊、そして前半いなかった畠の活躍が巨人の投手力Aの絶対条件になってきそうだが、畠投手は腰痛で3軍調整中と早くも巨人の先発陣に暗雲が垂れ込めている。

野上はエラー絡みで登板する試合は炎上中だが自責点0、この時期は調整中で前日に400球の投げ込みを行っていたこともあり本来なら結果を出せる時期ではないが巨人ファンに顔見せで登板したという所で、真の実力を計るにはオープン戦での投球だろう。

山口俊投手も、昨年は肩を休ませることが出来たと考えれば今季はそこそこの結果は出しそうな気配はしますが、問題は昨年の肩の怪我が完全に完治しているのかが気になるところだ。

全体的に見渡してもマイコラスの流出、畠のコンディション不良、ドラ1の鍬原投手も3軍スタートという部分も気にはなりますが、昨年いなかった戦力である山口俊、野上、そして畠の前半線からのペナント参加が可能であればプラスマイナス0で昨年とイコールする投手力は維持している、しかし先発投手陣に関しては上澄みは無いとも感じますが、問題は中継ぎ陣。

昨年も壊滅状態だった今季の中継ぎの強化がまったく無いという補強。現有戦力で強化を計るが、澤村の復活、高木京に期待、などとタラレバがつきまとう中継ぎの投手力は危険と感じる巨人の中継ぎ陣。

巨人の今季の投手力は、もしかすると澤村や畠、遅れてでも出てきてくれればと期待する鍬原、そして新戦力の野上や山口俊投手が握っているかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする