プロ野球2018セ・リーグ優勝予想と開幕直前の各球団の戦力分析

オープン戦も終え、いよいよ2018年プロ野球の開幕が迫っていますが、各球団の球団事情はどうなっているのだろうか?開幕前のセ・リーグ各球団の故障者、離脱者が続出している球団もありますが、開幕ダッシュに成功しそうな球団はどの球団なのだろうか?

セリーグ開幕直前の球団状況は?

広島カープは先発陣の不調、阪神タイガースは打線が不振、DeNAベイスターズは先発3本柱が開幕に間に合いそうにないというまさかの異常事態、この隙に開幕ダッシュをはかりたい巨人、そこに打線は好調だが先発投手に不安が残る中日にヤクルトがどう絡んでくるのか、3月30日に開幕するプロ野球もいよいよ佳境を迎えているが、各球団の状況はどうなっているのだろうか?

また、今年の優勝予想は以下にさせていただきます。あくまでも個人的予想ですのでご了承下さい。

セ・リーグ優勝予想

1位、巨人

2位、広島

3位、阪神

4位、DeNA

5位、中日

6位、ヤクルト

広島カープ

オープン戦を3勝9敗2引き分けで終えたセリーグ前年度の覇者広島カープは、若い先発投手陣の4本柱である、薮田、大瀬良、そして野村の岡田もピリッとしないのが何とも不安、さらには中継ぎのジャクソンも打ちこまれ不安が広がる投手陣のオープン戦防御率は4.72と12球団中のまさかの最下位、さらには新井が故障で3軍に行くなどアクシデントが続いているが、

2軍の中村奨成が昨日の試合で本塁打を含む4打数4安打を放ち打率368と当たりに当たり、高橋昂也がオープン戦では2登板8回を無失点で抑え左腕の救世主候補の台頭、そして今季規定打席を目指すメヒアがオープン戦で4発を放つなど明るい未来も。

若い世代が中心なだけに田中や菊池の1.2番コンビの波、そして投手陣次第では優勝も3位という成績もありえるが、投打共の総合力は高いだけにAクラス入りは確実か。

DeNAベイスターズ

今永が開幕ローテ絶望、さらには濱口も離脱、さらにはウィーランドも開幕は離脱の可能性が。この3本柱が開幕に間に合わないのは限りなく大誤算でスタートダッシュが厳しくなりそうだが、ここに石田もオープン戦では防御率5.17と打ちこまれている。

となれば、ドラ1東に期待がかかるがオープン戦では3登板の8回しか投げておらずぶっつけ本番でかかる期待は大きく、酷使で大学時代に故障した肘の炎症が再発しないかも心配で、昨年の濱口に続く故障でローテ離脱が怖い。

後は、いつ故障者が戻ってくるのか?戻ってくるまでにどの順位に居るのかで今年のAクラス、Bクラスが決まってきそうだ。

今季は今永の離脱や、主力の先発投手の離脱が響き3,4位を争う展開になると予想。

阪神タイガース

オープン戦最下位と、ロサリオを筆頭に打撃陣が大スランプ、オープン戦の打率225はなんとか巨人の打率223で最下位は免れたが、本塁打数は7本とセリーグでは唯一の1桁台。

防御率も3.72と記録だけをみれば前年のセリーグ2位のチームがまさかの大不振、良くも悪くもロサリオが阪神のVの運命を握っている、ロサリオのオープン戦の不振はまき餌で思考錯誤段階ということを祈りたい。

ロサリオの不調が続けばBクラスもありえるが、しかし、先発、中継ぎと投手の総合力は高いだけに、最後は屈指の中継ぎ陣の投手力でAクラス入りか。

巨人

5年ぶりのオープン戦1位に輝いたジャイアンツ、中でも岡本がオープン戦の打点王、吉川尚が打率296でオープン戦打率10位に入り今季の岡本と吉川尚のアンダー25世代の活躍に期待がかかる。

また、巨人に復帰した上原は3回を投げ奪三振は1ながらも防御率は0.00でメジャーの維持を見せており投打共に揃った巨人の今季は育成しながら優勝できるか?に期待がかかる。

今季は近年では久しぶりに若手、4番、先発、中継ぎが揃った巨人の総合力は高く優勝予想に。

中日ドラゴンズ

松坂がラスト登板で5回3失点の好投で4月4日の巨人戦での先発が決定的、また、チーム打率は262で4番ビシエドがゲレーロの穴を埋める大活躍、新外国人のアルモンテも打率280、4本を放っており、昨年の新人王京田も打率277でフィニッシュ、2018年のドラゴンズの打線に関してはセリーグ屈指の破壊力になるかもしれない。

また、先発の新外国人投手、ジーがオープン戦では4試合に登板し防御率4.00ながらローテを守るピッチングを見せており、小笠原慎之介が今季ブレイクの予感、あと数枚のローテを守れる投手が現れれば今年のドラゴンズは面白くなりそうだが、枚数は揃ったが年間通しての投手力が厳しいか。ただ、ドラゴンズだけはわからなく、ドラ1鈴木博志がハマれば下は安定し接戦を拾え、4位やAクラス入りの可能性は高いと予想。

ヤクルト

バレンティンがオープン戦で6本を放ち本塁打王を獲得、山田哲人も4本を放ち調子を上げてきており、脇を固める伏兵たちの各打者の打率も良くオープン戦打率はセリーグ1位に輝いた。後は投手が揃えばAクラス入りも見えてきそうだが、防御率4.23は12球団11位の成績で今季も先発&リリーフの投手力に悩まされるかもしれない。

また、メジャーから復帰した青木は、オープン戦では打率290の成績を残している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする