ソフトバンクが中日と緊急トレードで桂、杉山、松井、木下捕手を狙う?

ソフトバンクホークスの高谷裕亮、栗原陵矢の2名の捕手の離脱に続き、6日に行われたソフトバンク対西武戦で育成捕手の堀内汰門までもが右手指を負傷しベンチに退いてしまった。

今回は、ソフトバンクホークスの電撃のトレードの可能性を予想してみたい。

ホークスの緊急トレードの可能性は

ソフトバンクの鶴岡選手がFAで日本ハム入りしたが、まさかの高谷裕亮と栗原陵矢捕手の離脱で大誤算。

昨季ブレイクした甲斐捕手の独り立ちを図り、高谷や栗原を育てていこうと言う矢先だっただけにホークスとしては、山下斐紹捕手の楽天へのトレード、鶴岡選手のFA流出が響いてきた。

それは、2名の捕手の流出の矢先に支配下捕手2名の離脱、さらに4年目の堀内汰門までもが負傷するというアクシデント。

甲斐捕手が1年頑張ってくれれば、と思うかもしれないが危機管理能力を問えば怪我での負傷や万が一のアクシデントに備えあらゆる事態を想定し今季戦える捕手を整備しなければならず、高谷や栗原捕手はペナントの前半戦は戻ってこれないほどの重症だ。

また、2年目の九鬼捕手や3年目の谷川原健太捕手にとっては大チャンスだが、仮に1軍捕手3名態勢、2名態勢だとしても、もしも甲斐捕手にアクシデントがあれば2軍捕手、さらには3軍選手の捕手までもが足りなくなってくる。

となれば、2軍捕手や育成捕手の今季はただでさえ厳しいポジションである捕手にもかかわらず休む間もなくハードな1年になることも予想され、最悪は2軍捕手の体調の管理までもが出来なくなってくる事態が予想される。

となれば、あと1名元気な捕手が欲しい。出来れば甲斐をサポート出来るベテラン、もしくはくは二番手捕手候補、しかし、高谷裕亮捕手は右ひじの関節炎で手術を行い全治3か月、栗原捕手は脱臼で長期の離脱が予想されるものの、もしもこの2名が戻ってきた時のことを考えれば1名の捕手が溢れてくることを考えれば、トレードの可能性は低いかもしれないが、しかし最悪は3か月~半年は2名の捕手の離脱が予想され、もしかすると開幕前の緊急補強の可能性も捨てきれない。

ホークスが中日の捕手を狙う?

可能性があるとすれば、オリックスの伊藤光捕手だが、FAが近い伊藤捕手の年俸が昨年の成績に関わらずUPしたが、これはFAの権利を取得するまでに現在Cランクの伊藤捕手の人的補償を貰えるための年俸調整と推測でき、FAで出ていくのか、若月を一本立ちさせたいオリックスはもしかすると選手次第では電撃のトレードが実現する可能性も捨てきれないが同一リーグの捕手のトレードの可能性は低い。

また、日本ハムや楽天はもっとも捕手が多い球団ではあるが、どちらもソフトバンクから昨オフに捕手が移籍した球団。恥を忍んでもっとも多い日本ハムの黒羽根捕手などを狙うのか、それとも、王監督とホットラインがあると噂される巨人との電撃トレードがあるのか。

しかし、もしもトレードがあるとすればセ・リーグが現実的で、中でも日本ハムFA大野の獲得と、育成で外国人捕手を獲得した中日ドラゴンズ。

そのドラゴンズは育成で獲得したマルティネス捕手を含めれば7名の捕手がおり、投手の強化を図りたいドラゴンズが、大野の獲得で桂や杉山、さらには相手次第では松井や木下などの捕手との電撃トレードの可能性も無いとは言い切れない。

むしろ、ドラゴンズはソフトバンク次第では捕手と投手のトレードで先発陣の強化を図れる環境にあり、ソフトバンクから即戦力投手の獲得を狙い、森監督やホークス次第では開幕前に電撃のトレードが行われるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする