阪神が新外国人ジェリー・サンズ獲得か!マイナー通算180本の大砲穫り

阪神タイガースが、来季の新外国人候補にジェリー・サンズ外野手(31)をリストアップしていることが分かった。

これまでの阪神は、マルテ選手が打率.270、10本(8月15日現在)と率は残しているものの、4番候補の長距離砲として獲得した助っ人としては少し数字的にはさみしく、またシーズン途中の7月に獲得したソラーテ選手も、デビュー戦からしばらくはセクシーという呼び名のもとに活躍していたが、現在は打率.200、4本(8月15日現在)と数字はさる事ながらとにかく守れない、どこでもまもれるユーティリティープレイヤーの触れ込みだったが、残念な事に外れ助っ人の印象が残った。

そこで、阪神は来季の助っ人候補に左右問わず野手の獲得、そして長距離砲をリサーチしていることが分かったが、7月末に韓国球界を視察した阪神は、キウムのジェリー・サンズをリストアップしたことが分かった。

また、現段階では補強するのか、マルテとソラーテ選手を残すのかについては、さまざまなプランの中から模索していくという。

また、今回はシーズン途中ということで、阪神の韓国リーグ視察団がサンズをリストアップしたとのことですが、例年の例で考えれば今度はシーズン終了後にメジャー選手を筆頭に3Aの選手などからもリストアップしていくと思われ、

冬のウインターミーティング後には具体的な選手が候補に挙がっていくと思われるが、今回阪神タイガースがリストアップしたジェリー・サンズ外野手はその中の候補の1人だろう。

ジェリー・サンズをリストアップ

とにかく打線の核となる長距離砲が欲しい阪神がリストアップしたジェリ-・サンズは、現在韓国リーグの2冠王を独走中で、

メジャー通算10本、マイナー通算180本の長距離砲、18年8月に韓国リーグのキウムに移籍し、1年目は25試合で12本、今季は109試合に出場し打率.318、24本、98打点の成績を残していた。

ジェリー・サンズ成績は

韓国リーグ成績(8月11日現在)

センジュ(サンズ)成績は、107試合に出場し402打数125安打、打率.311、21本、90打点、1盗塁、76三振、

8月15日現在では、24本、98打点の成績を残し本塁打と打点でリーグトップに立っている。

MLBの通算成績

2011~2016(5年間)、156試合に出場し420打数100安打、打率.238、10本、57打点、3盗塁、126三振、出塁率.303、長打率.367、OPS.670、の成績を残していた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする