2019年パ・リーグ順位予想!各球団の戦力分析と優勝チームは?!

2019年プロ野球、パ・リーグの優勝予想!

今年のパ・リーグは、なんといっても昨季の優勝チーム西武から浅村が楽天に移籍したが、これによりパ・リーグの戦力バランスはどう変わってくるのだろうか?

また、例年補強にかんしてはおとなしい印象の日本ハムが積極的に補強を行っており浅村を獲得した楽天と共にパ・リーグの優勝候補に挙がってきた。

対する昨年の覇者、浅村が抜けた西武や下克上日本一を勝ち取ったソフトバンクの2019年の戦力はどうなっているのだろうか?!

※少し早いですが、現段階での戦力で優勝予想をしたいと思いますので、オープン戦が終わり次第、各球団の結果を参考にし予想は変動したいと思います。

2019年パ・リーグ優勝予想

2018年プロ野球パ・リーグ順位表
チーム 試合 勝利 敗戦 引分 勝差
1位 西武 143 88 53 2 優勝
2位 ホークス 143 82 60 1 6.5
3位 日本ハム 143 74 66 3 13.5
4位 オリックス 143 65 73 5 21.5
5位 ロッテ 143 59 81 3 28.5
6位 楽天 143 58 82 3 29.5

2018プロ野球パ・リーグ各記録
チーム ホールド 盗塁 本塁打 中継ぎ防御率 防御率
1位 西武 98 132 196 4.38 4.24
2位 ホークス 95 80 202 3.70 3.90
3位 日ハム 121 98 140 3.19 3.77
4位 オリ 126 97 108 3.56 3.69
5位 ロッテ 103 124 78 3.75 4.04
6位 楽天 84 69 132 3.58 3.78

個人的見解ですが、オープン戦前の今年の優勝予想は以下にさせていただきます、オープン戦の結果で、最終予想をしたいと思います。

パ・リーグ優勝予想

1位、ソフトバンク

2位、日本ハム

3位、西武

4位、楽天

5位、ロッテ

6位、オリックス



2019年パ・リーグ戦力分析

2018プロ野球、セリーグ・パリーグの先発ローテーション投手と、開幕スタメンの選手予想! ドラフトも終わり、新外国人選手の獲得などセ・...

西武、ソフトバンク、日本ハムの三つ巴?、対抗は楽天、穴はロッテか、2019年も、中継ぎと抑えが充実している球団が上位に?!

西武ライオンズは3割30発127打点の浅村の流出は痛く、パ・リーグでゆいつ中継ぎ防御率4点台だった西武は浅村の流出で投手力をカバーできなくなる場面も増えそうな予感、内海の加入はプラスかもしれないが、中継ぎ投手の薄さが響き今季の優勝は少し厳しいか。

ソフトバンクの昨年はベテラン選手が過渡期に差し掛かりそろそろ優勝が厳しくなってくる時期に差し掛かってきたと思われていたが、うまく若手が台頭し世代交代を進めたものの西武打線の破壊力を止めることが出来なかったが、今年も総合力はNO1、しかし内川や松田次第では日本ハムや西武に優勝をさらわれる可能性も。

日本ハムは金子の獲得で先発ローテを任せる事が出来る投手が1枚加わり、トレードで中継ぎの秋吉を獲得しさらにリリーバーが強固になり投手力はUP、また、ワンポーロンの成績は気になるものの、2年目の余裕が出来た清宮がクリーンナップに固定されるようだと今季の日本ハムは優勝をかっさらっていきそうな予感も。

楽天は外国人頼りの打線から浅村の加入で日本人の打線の軸が出来たことは大きく、もともと投手力は高いだけに後は新外国人が当たるようだと優勝候補に挙がってきそうだが、昨年の最下位から今年のAクラス入りへの確率は高そうだ。

オリックスは金子と西のW流出は痛いが、意外と先発ローテは用意できそうだ。しかし、故障者が出た場合の先発投手力は弱く1年間を戦う上で金子と西の流出は最後まで響き、シーズン後半戦は厳しい戦いが予想される。

ロッテは昨年は5位だったものの今季は目立った補強はない、他球団が補強を進めている現状を考えればAクラス入りは厳しいだろうか。

2019プロ野球オープン戦成績

オープン戦が終了するまで今しばらくお待ちください、↓は2018年オープン戦の成績です。

2019年プロ野球!セリーグ・パリーグ12球団の個人成績と結果まとめ 2019年プロ野球オープン戦は、2月23日(土)よりスタート。2...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする