巨人、ドラフト1位は根尾 昴に一本化!吉田輝星から撤退か

いやぁ、びっくりしましたね。今日の朝、スポーツニュースを見ていると巨人のドラフト1位指名は大阪桐蔭の根尾 昴に一本化、との情報が流れており何処の記事かと見直せばなんと巨人の大本営である報知が書いていたのである。

福井国体での根尾選手の活躍が決め手となった、と書かれていましたが、巨人坂本の後継者は巨人のウイークポイントでありそこに根尾がはまったというわけだが、まだ確定したわけではない。

はたして、巨人は本当に根尾に行くのだろうか?この情報はドラフトの情報操作ではないだろうか?これまでの巨人の1位候補は吉田輝星が最有力だったが本当に吉田に行かないのだろうか?

巨人のドラ1は根尾?吉田輝星?

これまでの金足農、吉田輝星投手についての情報は巨人に行きたいとのコメントにより巨人の鹿取GMはせっかくそういってくれているんだから、と吉田の1位指名を示唆していたがここへ来て急転直下の根尾穫りへ舵を切った。

この突然のシフトチェンジは新監督候補の原氏の意向が関係しているのかは定かではないが、30才目前の坂本選手はそろそろ遊撃手でのフル出場は厳しく坂本の後釜は今秋ドラフトでは補強ポイントになるが、それよりも先発&守護神の投手の補強が最優先に思える。

また、坂本をサードに回しショートに根尾、そしてセカンドに吉川尚輝を置きたい、と巨人は考えているみたいだが、根尾を外野兼リリーフ投手の二刀流でも起用できることを考えれば巨人の補強ポイントである、外野手、坂本の後釜のショート、リリーフ投手、150キロを超える速球を投げる根尾をショートや外野で起用し試合終盤にリリーフで起用できることを考えれば根尾の獲得で全てのこのウイークポイントである補強ポイントが一人で埋まる。

仮にこれがハマれば根尾の獲得は大成功となる訳だが、2年目の飛躍が期待される田中俊太をセカンド、吉川尚をショートに、と考えることも出来、根尾の獲得は同じポジションの選手と重複し、吉川尚、田中俊、辻、山本などの内野手がいるポジョンが被る選手の獲得になる。

また、例えば広島カープは4年、5年先を見据えてドラフトに挑みポジションの被る選手は獲得しない、これはFA補強などには頼らず自前の育成で選手を育てていく広島の方針だが、このドラフト戦略が実りセリーグ三連覇を達成するまで強くなった広島カープだが、巨人の補強はドラフトに限らずFAや新外国人の獲得はどうもポジションが被り、足りない戦力の補強は出来ない傾向があり、もしも根尾を1位指名すればショートは吉川尚輝がいるだろ?

と、なるわけだが根尾は巨人のウイークポイントである外野手とリリーフの二刀流での獲得、そしてショートも出来ることから吉川や田中俊太が怪我をしたときに備え獲得、となればピンポイントの獲得になってくる。

また、吉川尚輝はセカンドでこそ輝ける選手であの守備範囲の広いセカンド吉川尚、そしてショート根尾の二遊間は屈指の二遊間になるはずで、田中俊太はファーストやサードでも起用でき、根尾、田中俊太、吉川尚、山本、他若手で競わせ根尾を外野に回すことも出来ることからもしかすると根尾の獲得に成功すれば数年先に振り返れば2018年ドラフトは成功年になってくるかもしれない。

吉田輝星から撤退か

巨人のウイークポイントはクローザーで、今秋ドラフトでの優先順位は投手のはずだ。そして、クローザーがいない巨人の今秋ドラフトでの指名選手は東洋大の159キロ右腕、甲斐野がピンポイントでマッチする。

しかし、大学4年時に一番伸びている大学生を指名する巨人は春以降は調子を落とし、コントロールに不安を残す甲斐野の1位指名は無い、と巨人が考えていれば今年のドラフトは昨年みたいに清宮や東みたいな素人から見ても活躍できると分かる当たりが確定している選手がいないことを考えれば、大卒投手の1位指名も社会人投手の1位指名も吉田輝星の1位指名も獲得してオープン戦に投げてみるまで分らない、野手も不作年ということを考えれば今年の1位は高校生野手でもおかしくはなく、むしろ12球団の高校生の1位指名が目立つドラフトになることも予想され、2位以下でいかに当たり投手や野手を獲得出来るかの各球団の眼力にもかかってくる。

話は変わるが、吉田輝星は巨人に行きたいとコメントしたが楽天の則本を尊敬し父親は楽天入りを希望していることを考えれば、吉田は楽天が1位指名か、とも考えられるが、当初予定していた進学先である八戸学院大の監督は東海大、原監督の後輩に当たり巨人が穫れば恩師の八戸学院大監督に原監督が挨拶すればすべて丸く収まり、吉田にとっても巨人入りは大学進学を断ったとしても角がたたずスムーズに事が運ぶ。

また、国体で自己記録を更新し152キロを投げた吉田の獲得は時期エースが欲しい巨人とすれば、または巨人ファンからすれば1位の吉田穫りと根尾穫りは意見が真っ二つに分かれそうではあるが、巨人が本当に根尾を1位指名するのか、吉田から撤退するのか、根尾の1位宣言はブラフなのか、原氏が監督になれば(予定)東海大系列の八戸学院大の監督の顔を立て吉穫りを押すのだろうか、ドラフトまで目が離せない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする