巨人がオリックス中島宏之を獲得か!大幅減俸を拒否し自由契約も

巨人、オリックスの中島宏之穫りか?

オリックスの中島宏之内野手(36)が、野球協約が定める減額制限を超える大幅減俸を提示されたと見られ、これを中島側が受け入れず交渉決裂、中島宏之選手が自由契約になることが濃厚となった。

また、現年俸は推定3.5億円だが、2億円以上の減額を受け、来季の年俸は1億円前後を提示されたと思われる。

減額制限(1億円超は40%)

中島宏之が自由契約へ

あくまでも憶測ですが、3年契約が終わった今季は延長オプションを行使し現状維持の3億5000万円の単年契約を交していたが、77試合に出場し、2割8分9厘、5本塁打、34打点だった今季の成績を考慮すれば、40%の制限を超える減俸でもオリックスが1億円を提示していたとすれば妥当で、

もしも自由契約となったとしても、獲得球団は現れそうだが、1億円以上のオリックスが提示したと思われるこの金額以上で契約をしてくれる球団は無いような気はする。

これらから憶測すれば、中島氏はこれまでに十分稼いでいることから金額の問題では無い、といことは推測でき、さらには1億円ならオリックスにこだわる必要はない、もしくは限度額を超える提示にプライドが傷ついた、さらには金額よりも他球団に移籍したい、とさまざまな理由が考えれるが、

来年、37才と言う年齢を考えれば来季所属している球団が野球人生最後の球団になる可能性は高く、となればある程度、最後にプレーしたい球団があるのではないか、とも憶測できる。

巨人が、オリックス中島穫り?

可能性とすれば、西武が獲得に動く可能性、もしくは中島選手が西武に最後は戻りたい、と考えているとも憶測するが、今回は巨人が獲得に動く可能性を考えてみた。

現実的には、サード、ファーストは埋まっており、例えマギーが退団したとしてもそのポジションは、岡本や原氏が早ければ早いほうがいいと語った坂本のサードへのコンバート、さらには新外国人をそこに当てはめる可能性は高い、また、一昨年は村田を解雇までして若返りを図った巨人が来年37才の中島を穫るのか?とも考えれるが、

昨年は外国人の補強らしい補強は最低限しかしなく、トレードも無く、FA補強以外は村田を解雇し現有戦力で戦った鹿取GMはいなくなり、巨人の補強などの一切の権限を握った原氏が監督に代われば話は別だ。

もしも、原氏が監督なら大田のトレードは無かっただろうし、昨年も開幕から外国人の支配下登録数は7,8名で挑みトレードも行い戦力を整えていたはずで、必ず戦力を整えて開幕に挑む原氏であれば、WBC監督時代に片岡を口説き、中島も高評価していた原氏であれば、手薄な右の代打要員として格安で獲得出来れば動いてくるかもしれず、

あくまでも可能性の話ではあるが、やはり年俸次第では巨人が中島選手を獲得する可能性は、あるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする