松坂大輔が中日の入団テストに合格!2月1日から1軍北谷キャンプへ

松坂大輔投手(30)の14時から始まる入団テスト非公開で行われた2月13日(火)、詰めかけた80人近くの報道陣が松坂大輔投手の合否結果の発表に固唾を飲む中、合否の結果、それは14:20分頃に電撃に速報された。

松坂、中日の入団テストに合格

14:00~14:20分の間の約、15分~20分の間に松坂大輔投手の入団テストが行われたと思われ、松坂投手の入団テスト合格は、その約15分~20分の投球で決定した。

背番号は本人が希望し99、この番号はかつて育成契約から這い上がった中村ノリ選手と同じ背番号だ。中日や本人は、その中村選手の姿と重ね、這い上がってきて欲しい、這い上がりたい、という期待が込められている番号だと思いますが、すでにテスト前に入団は決まっていた?嫌、落ちる可能性もある?などと色々な噂が流れていたが松坂大輔投手の中日への入団、中日ドラゴンズの松坂大輔投手の獲得が決定した。

松坂大輔、中日で復活なるか?

ソフトバンクの温情ともいわれたコーチ兼育成契約を断ったため、ソフトバンクに配慮する形で各球団は松坂投手の獲得から手を引いたとも噂され中々松坂投手の契約が決まらなかったが、どうしても獲得球団が現れなかった場合は西武が獲得に動く?とも憶測されていた。

しかし、メジャーから日本に戻ってくる際の松坂大輔投手の態度、印象が悪く西武は今回の松坂獲得にフロント上層部はためらっていた、また、阪神は松坂投手の売り込みを断った?しかし、中日側が松坂投手のプライドを考慮し、売り込みをかけてきたのは阪神の方だった、という情報をリークしたという、松坂大輔投手がソフトバンクを退団してからは様々な噂、憶測がメディアを飛び回っていたが、松坂大輔投手の移籍先は中日ドラゴンズに落ち着いた。

となれば、あとは中日ドラゴンズで頑張ってもらい良い結果が出ることを願うばかりですが、問題はソフトバンク時代と現在の投球の状況だ。

ソフトバンク時代のフォームでは1軍では1勝も出来ないと専門家からは指摘されているが、今回の入団テストでどんな投球をしたのか?

それは非公開だったことからまったくわからない。現段階では、松坂投手は中日で復活するのか?何勝するのかという予想がまったくわからないでいるが、合格した場合は1軍の北谷キャンプでやってもらうと球団関係者は明言している。

松坂大輔・1軍沖縄キャンプに合流

合格した場合は1軍の北谷キャンプでやってもらう森監督も明言していることから、北谷にて松坂投手の投球が見れる可能性は高い。

また、各専門家やプロ野球解説者やOBはこぞって松坂投手の投球を見に行き分析するはずだ。それまでは、我々ファンには松坂投手の現在の状態は分からないが1軍で通用するのか?最速は何キロ出るのか?と、期待する所は大きく松坂投手の投球が楽しみな野球ファンも多いのではないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする