阪神が新外国人マルテ獲得か!今オフ補強は右の長距離砲が最優先

阪神が、今オフの新外国人補強に、メジャー通算30発の右のプルヒッター、エンゼルスのジェフリー・マルテ内野手(27)をリストアップした。

今季の阪神は、韓国の長距離砲、メジャー通算71発のロサリオ内野手を3億4000万円で獲得したが、成績は2割4分2厘、8本、40打点と結果を残すことが出来ず来季の契約は流動的で退団が確実視されているが、大幅な減俸を受け入れてくれれば2年目の適応に期待し残留も、との声も上がっている。

また、メッセンジャー投手も来季は日本人扱いとなるため右の長距離砲を最優先に先発投手、中継ぎ投手の獲得を目指していく。

ジェフリー・マルテ成績は

ジェフリー・マルテ内野手(27)、185cm、100kg、右投げ右打ち、ドミニカ出身

大谷と同じエンゼルスに所属しているドミニカ出身のジェフリー・マルテ内野手(27)は、2016年にメジャーで15発を放った長距離砲、昨年は7発、今季は8発と成績を落としてはいるものの、速球に強く三振はプルヒッターの割には少ない、

また、今季はメジャーに移籍した元オリックスの平野から本塁打を打っており、メジャー4年間での通算本塁打は40発で27才とまだ若く、日本で化ける可能性感じる右の長距離砲だが、守備位置はファースト、サード、外野手、主にファーストを守るがサードの守備が+指標で、守備位置や右の強打者ということを考えれば阪神にはピンポイントの選手かもしれない。

2018年成績:

90試合、209打席、2割1分9厘、7本、22打点、13四球、41三振、出塁率.273、OPS.644

2017年成績:

45試合、1割7分3厘、4本、14打点

2016年成績:

88試合、2割5分2厘、15本、44打点

※2016-2018(エンゼルス)

今季は外国人総入れ替えの大型補強か

ロサリオ選手は残留を希望しており、球団も条件次第での判断を迷っている段階だと思われるが、途中加入のナバーロに、中継ぎのマテオとモレノの退団が決定的、また、メッセンジャー投手が日本人選手扱いになることから、来季の1軍のドリス以外の外国人は新外国人になることが予想され、先発投手、中継ぎ投手、4番の長距離砲の獲得で4名前後の新外国人助っ人の獲得が予想されるが、中継ぎは左腕を優先に探しているいう。

また、広島カープの丸、オリックスの西、西武の浅村のFA選手の獲得に関しては静観の構えという情報と、参戦するという情報も出ているがまずは矢野新監督とのドラフトやFA、そして外国人の補強に関しての方針の確認を行っている段階のようだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする