清宮を早稲田会に勧誘・日ハム斎藤佑樹会長!恋愛&外出禁止の大谷ルール

日本ハムの清宮幸太郎にプロのイロハを教える指導役は斎藤佑樹?

清宮幸太郎内野手にも、もちろん大谷ルールは適用、恋愛禁止令、外出時はいつ誰と何処に行くのかを事細かく報告し、未成年の間は野球に集中してもらうなど徹底的に管理していくというが、斎藤佑樹選手が会長を務めるワセダ会にも清宮を勧誘するという動きが。

その早稲田会には会長の斎藤佑樹選手(29)に、大嶋匠(27)、有原航平(25)、石井一成(23)、そして帝京高卒の早稲田とは関係が無い杉谷拳士(26)選手が盛り上げ役として会員に名を連ねているというが、早大卒ではないものの、早大系列の早実卒業の清宮にも参加資格はあるはずだという。

清宮幸太郎に大谷ルール適用

斎藤佑樹選手と清宮幸太郎は何かと縁が深い。清宮がプロ入りを表明する前は大学入りが濃厚と言われ、プロに入るべきと注目され、大学入りが失敗と言われている斎藤佑樹選手と何かしら比較されてきた。

そして清宮のリトルリーグ時代の背番号1を付けている斎藤に清宮に譲るきはあるのか?という厳しい質問には僕が決めることではない、球団が決めること、そして今は1という背番号の価値を高めていきたいと語っていた斎藤投手だったが、今度は清宮の早稲田会に勧誘するのか?という質問の為にわざわざ沖縄まで来たの?と笑っていた斎藤投手にワセダ会入りについての直撃インタビューが行われていたのだ。

3年前に結成されたワセダ会、これまでに2,3回開いたというがただ単にワセダ出身者が多かったから集まってご飯を食べているだけというが、ワセダ出身者で集まりご飯を食べ刺激し合えればいいとう理由だとコメントしていたが、斎藤佑樹選手は僕自身が頑張らないといけない立場なので特に教えることはない、一緒に頑張っていければいいなと語っていたが、中田翔選手に夜な夜な大人の世界に連れだされるよりは安心だろうか。

清宮幸太郎に恋愛禁止令

20才までの条件付きだが野球に集中してもらえるように恋愛は禁止、そしてカトパンが大谷に野球以外の質問で好きなタイプを聞き出禁を食らったという話は有名だが、悪い虫が付かないように女性アナウンサーのマンツーマンでの取材禁止など大谷に適用されてきたルールはそのまま清宮にも適用するという。

未成年の間は野球に集中してもらいたいと栗山監督はコメントしていたが、外出許可制も含め大人の悪い誘惑からも守るために、日本ハムは徹底的に清宮幸太郎を管理していくことになりそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする