柿木蓮(大阪桐蔭)2018ドラフト候補!成績と指名球団の予想

史上最強、黄金世代が集結した大阪桐蔭が甲子園の切符を勝ち取り春夏連覇に挑むが、その中でエースナンバー1を背負うのが柿木蓮、181cm、84キロの恵まれた体から威力のあるMAX148キロの速球を投げ込む左腕が今秋ドラフト候補としてプロから注目されている。

2018年の大阪桐蔭はタレントが揃い、ドラフト候補が7名も並ぶ黄金世代、ミレニアル世代の申し子である藤原や根尾などはプロからも高い評価でドラフト1位候補に挙げられ、柿木も甲子園での投球次第ではドラフト上位候補に挙がってくると言われているが、

特に高校生左腕、181cmの体とどっしりとした下半身に強い体は高校生レベルではすでに完成しているという付加価値を考えれば、後はプロに入り伸びしろを考えれば少なくともドラフト指名は確実なモノとなってくるかもしれない。

後は甲子園での投球次第で上位指名を勝ち取れるのかにかかってくると思われるが、甲子園ではどんな投球を見せてくれるのだろうか?

柿木蓮の成績は

柿木蓮(かきぎ・れん)、181cm、84kg、右投げ右打ち、MAX148キロ、スライダー、フォーク、カーブ

17年春成績:1試合、1回1奪三振、2四死球、自責点0

17年夏成績:2試合、10.2回8奪三振、8四死球、自責点0

17年秋成績:7試合、45回43奪三振、16四死球、自責点6

18年春成績:3試合、15回19奪三振、2四死球、自責点2

18年夏予選成績:3試合、17回14奪三振、1四死球、自責点2

17年~18年のこれまでの防御率は88.2回を投げ10失点、奪三振88と、高い奪三振力と防御率が目立ち高校生レベルでは完成しつつあるが、春のセンバツでは胴上げ投手を根尾に奪われただけに夏の甲子園での奮起に期待がかかる。

プロスカウトの評価

左腕不足の巨人は昨年から柿木をマークしており、力強く馬力があり楽しみな選手、投球も高めに抜ける球が減ったと評価し、中日は上位に食い込んでくる可能性があると評価が高い。

ソフトバンクは下半身が太く鍛えられている、非常に良い素材と絶賛し、阪神は昨年よりも良くなった、オリックスはフィニッシュが強く指に球がかかり球の切れと角度があると絶賛し、ヤクルトは大阪桐蔭の注目選手の一人に柿木蓮を指名し、日本ハムはドラフト候補でしょうと評価していた。

また、今後の甲子園の結果次第では12球団すべてのドラフト指名リストに入る事も予想されるが、左腕の獲得を狙いたい球団は高校生ということから、仮にプロ入りを志望すれば育成をかね下位指名、甲子園で結果を残せばドラフト上位に食い込んでくる投手になってきそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする