伊原氏が高橋監督に巨人は我慢して起用しないと若手は出てこないと助言

巨人の育成環境は、同じ実力ならベテランを起用するという若手には厳しい環境だが、坂本選手のようにタイミングと運、そして実力が必要になってくる。

よくよく考えれば、巨人は育成出来ないから選手は育たないのか?それとも、そもそも選手の実力不足なのか?と、考えれば考えるほど奥が深くなるが、

伊原氏が巨人の鹿取GMにインタビューした内容が、東スポの一面に記載されていた。それは、実に興味深い内容でしたが、鹿取GMの現場の仕事から高橋監督との関係などが語られていた。

また、その一部には、伊原氏が高橋監督に我慢して選手を起用したほうがいいんじゃないの?という内容の記事が書かれていましたが、高橋監督は使いたくても使いたい選手がいないと語った問題はドラフト編成に関わってくる問題だとも思いますが、他にも、色々なやり取りが書かれていた。

原政権から続くベテラン起用主義

この巨人の育成環境は誰もが思う所があるのではないか、と感じますが、他球団は同じ実力なら若手を使う、巨人は同じ実力ならベテランを使う、これは高橋監督も明言していることですが、ある意味人は育った環境で性格が決まるように、巨人で育ったナインである高橋監督にはその巨人の歴史が流れている。

直近で言えば、原政権が長く続いた時代の選手であった高橋監督には、原IDが流れており、その原IDは、同じ実力ならベテランを使うと明言していた原監督の教えを叩きこまれ育っている高橋監督も、そうやって起用されてきた第一人者でもあり、その教えを今度は自身が監督になった今も受け継ぎその方針を貫いている。

巨人の監督は生え抜き縛りというものがあり、巨人のエースか4番、または実力者しか監督になれないというシステムの中にあるベテラン優先起用は、他からみれば簡単な事で何故若手を起用して育成しないのか?と思うかもしれないが、その巨人という歴史の中で育っている選手にしてみればベテラン起用は当たり前のことで周りは見えないのかもしれない。

多分、巨人という球団の中では当たり前のことで間違いでは無く、これも1つの方針で、結果論でもある。

過去はFA補強を繰り返し優勝を繰り返していたが、近年はその補強にもかかわらず優勝が出来ないもんだから若手育成問題がクローズアップされてはいるが、補強を繰り返し強い巨人を、育成した自前の選手で巨人を倒すという図式が過去はプロ野球を盛り上げていたが、近年は補強しても弱い巨人、というイメージが付きつつあり若手の育成能力も問われてきた。

話は戻りますが、高橋監督の采配能力については疑問的な声も多く聞こえますが、今年はセカンドに若手を起用する環境は揃っており、セカンドには吉川尚と田中俊太の併用を現段階では示唆している。

今年は若手を育成する環境が整っている巨人の高橋監督はフロントからも若手起用を指示されており今季の高橋監督は我慢強く若手を育成するはずで、その環境も整っている。

後は、勝負所の夏以降にどこまで我慢出来るかではあるが、少なからず最低限にセカンド、後はファーストやライトやサードで調子の良い若手を起用していくのではないだろうか。

その環境が整っている今季こそが高橋監督の手腕の見せ所になるかもしれない。

また、岡本もポジションは少ないが、打てば阿部を退ける事が出来る。岡本選手については実力で奪い取らなくてはならず、かなりハードルが高いが今季の巨人は少なくともセカンドを若手の育成の場にし、後は打撃次第では大城などもライト起用のチャンスも有り宇佐見もファースト起用、大城や宇佐見、岡本の誰かが出てきてくれれば高橋監督の構想である阿部の代打起用、若手を起用しながらチャンス時に阿部を残すという起用法が出来てくる。

これは、若手が阿部からポジションを奪い取らなければならないが、大城や岡本、田中俊太、宇佐見と今季の巨人は高橋監督が監督になって以来、初めてと言っていい若手の育成環境が整った今季となるかもしれず、いよいよラストイヤーの高橋采配に期待がかかる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする