【巨人】広島・丸と西武・炭谷の人的保証は誰だ?最終プロテクト予想

巨人がFAで獲得した広島・丸と、西武・炭谷の補償選手リストが両チームに届いた。これにより、巨人は最大2名の選手が両球団に移籍となるが、規定により同リーグの広島カープに優先権が有り、西武より先にプロテクト28名から漏れている選手を指名することが出来、仮にプロテクトから漏れていた同じ選手を西武と広島が選んだとすれば、広島カープに優先権があることになる。

また、一足早く西武に巨人の補償選手リストが届き、広島カープにも本日届いたことが分かったが、その広島カープは時間をかけて精査し年越しも視野に入れていることを匂わせていた。

これは、広島に届いたリストには即決できる選手がいなかった、ということも予想できますが、逆に言えば即決できない悩ましい選手が数人いた、ということも考えられますが、西武と広島はどんな選手を狙うのだろうか?

巨人は、両チームにどんな補償選手リストを作成したのだろうか?

巨人プロテクト予想

※プロテクト28名の予想

投手/14名
菅野智之 澤村拓一 吉川光夫 野上亮磨
 内海哲也 畠世周 鍬原拓也 宮國椋丞
山口俊 今村信貴 池田駿 高田萌生
大江竜聖 田口麗斗
内野手/5名
阿部慎之助 坂本勇人 吉川尚輝 岡本和真
田中俊太
外野手/6名
長野久義 亀井義行 陽 岱鋼 重信慎之介
和田 恋 松原聖弥
捕手/3名
小林誠司 大城卓三 岸田行倫
プロテクト当落線上選手予想
投手 谷岡 田原 中川
内野手 若林 山本 北村
外野手 石川 立岡
捕手 宇佐見  
プロテクト漏れの可能性も
内海哲也 長野久義 亀井義行
巨人のプロテクト戦略

今年の巨人は、第二の一岡を作らない為にも、戦略的にベテラン外しが予想され、プロテクトの当落線上の9名の選手と、内海と亀井の36才コンビ、そして35才の長野選手の3名が入れ替わる可能性も。

もし、そうなれば、9名の当落線上の選手から誰を3名守るのか。西武は巨人のプロテクトを駆け引きもあるだろうしと、ベテランが外れていたと匂わせる発言が気にかかり、広島は即決できる選手がいなかったのか、年またぎも視野に入れていますが、今年の巨人のプロテクトは誰を守ったのだろうか。

まず、上記の予想が基本になってくるのではないかと予想し、上記の予想から実際のリストでは数名の入れ替えがあると予想しますが、プロテクト28名の当落線上の選手で、広島と西武が狙いたいであろう選手を9名に絞った。

巨人のプロテクトは、信憑性は定かでは無いがこれまで専門誌や関係者の予想からだとまず生え抜きのベテランである功労者は漏れない、今回のプロテクトだと次期監督候補の阿部選手はまず漏れない、次点で亀井と内海、この2名のベテランの36才コンビと、長野選手(35)は今回のプロテクト28名を選ぶ上で非常にキーマンの選手になってくる。

この3名を守るか、取られないと予想し外すかで巨人の守りたい有望選手3名が守れるかどうかに直結しますが、もしも亀井や内海を外せば上記の当落線上の選手に予想した9名の中から、3名が守れることになる。

また、投手からは中川や谷岡、打者からはファームの首位打者石川や将来の有望株である内野手の若林や北村などは出来れば守りたい。

捕手にかんしては炭谷を獲得したことから、そして来年のドラフトは捕手豊作年になりそうなことから、昨年のドラ2である岸田は足も速く肩も強い、そして打撃は率も残しそう、と、将来の正捕手候補筆頭なだけにまず外れない、となれば宇佐見と田中を外す。

また、陽や野上などのFAで獲得した選手や近年のドラ上位選手は今後のドラフトを考えれば政治的にも外せない、桜井投手は昨年までは守っていたかもしれないが今年は漏れると予想、原監督が絶賛する外野手のイチロー2世、そして松本に続く第二の育成の星への期待がかかる松原はまず外れない。

外野手からは原監督が期待する和田恋と石川慎吾は微妙なライン、この2人のどちらかは漏れると予想する。

投手からはドラフト高校生コンビの高田と大江はまず外れることはあり得ない、池田も左腕不足の巨人は外さないと予想する。

谷岡は微妙ラインだが、1軍での結果が出ていないことから池田は守り谷岡はプロテクト漏れに予想する。

しかし、守らなくてもまず取らないであろう内海や亀井を外せば谷岡などは守れるが、巨人がどんなリストを作成するのだろうか。

広島・丸の人的補償は

広島の人的補償には、捕手は中村や坂倉将吾が控えることから、岸田をプロテクトから外したとして取られないかもしれないが、丸に変わる同じ外野手に石川慎吾や立岡、投手からは左腕の中川が筆頭候補に、そして右腕からは谷岡に田原が広島が選ぶ人的補償の筆頭候補に予想しますが、

外野手の左キラーの石川、救援の左腕・中川に経験豊富の田原の3名は特に筆頭候補になると予想する。

西武・炭谷の人的補償は

西武の人的補償は、楽天に移籍した浅村選手の補償次第ですが、炭谷に変わる捕手と浅村に変わる内野手、そして菊池に変わる投手が候補に挙がる。

その中で、巨人のプロテクト漏れに予想する選手から、捕手の宇佐見、内野手の山本に北村と若林、投手は中川に谷岡と田原、これらの選手が候補に挙がり、外野手は狙わないと予想しますが、もしも広島が選んだ後に中川が残っていれば、菊池に変わる左腕、中川が筆頭候補に、次点で漏れていれば捕手の宇佐見、もしくは巨人では中継ぎをしているが先発候補として谷岡などが西武が狙う選手と予想しますが、

楽天からは福山 博之(29)・森 雄大(24)・安樂 智大(22)・山下 斐紹(26)の中の1名は必ず漏れていると思われることから、楽天から投手を選び、巨人からは捕手の宇佐見か、内野手から漏れていれば山本か北村などを狙ってくるのではないだろうか。

西武の人的補償は、中川、谷岡、宇佐見、山本、北村、若林、田原、この6名が筆頭候補と予想しますが、特に宇佐見や1軍の経験もある内野手の山本、そして左腕中川や即戦力の田原は西武のウイークポイントに一致しそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする