巨人がパ・リーグと大型トレードか!美馬穫り失敗で先発穫りを示唆

美馬穫りに失敗した巨人が、今度はトレードでの先発穫りを示唆!

2019年度の巨人はリーグ優勝こそ果たしたものの、日本シリーズではまさかの4連敗で終戦してしまい、長いペナントこそ原監督の采配力とここぞの勝負処での若手の台頭とベテランの力が融合しセリーグ制覇を勝ち取ったが、

短期決戦を戦うには投打共に戦力が不足し、特に投手層は薄く中継ぎも先発も足りなかったが、リーグ後半から疲れが見え始めた菅野や桜井に山口俊など、先発投手の不足も目立っていた巨人軍だった。

そこで、巨人はFAで美馬投手の獲得を狙ったが振られてしまい、美馬投手のロッテ入りが決定したことから今度はトレードでの先発投手の補強を狙うことを示唆した巨人の球団副代表、

となれば近年の傾向と、同一リーグでのトレードは現実的ではないことを考えると巨人はパ・リーグとのトレードを画策するはずで、巨人がそれなりの先発投手を狙うとなれば巨人側もそれなりの選手を絡めた大型トレードになるのではないかと予想される。

巨人が先発投手の獲得へトレードを示唆

巨人の一番のウイークポイントは中継ぎで、第二次原政権の終わりと共に山口鉄やマシソンに陰りが見え始めて以来、

2016年から中継ぎの強化は新外国人にカミネロを獲得しただけで、トレードやドラフトでの中継ぎ補強や強化はせずに由伸政権に移行したが、その2016年~2018年の3年間も、やはり中継ぎの補強をしなかった巨人の中継ぎ陣は崩壊していた。

そして再び原第三次政権がスタートするも、主な中継ぎ補強はせずに現有選手の底上げと原監督の采配力でなんとかやりくりはしてきたものの、上原やマシソンの引退で来季はさらなる中継ぎ投手の強化が厳命されるが、

来季を戦う上で先発投手、スターターの補強も最優先、そこでFA美馬穫りを狙うも失敗してしまい、今度は先発投手はトレードでの獲得を示唆した巨人ですが、

となれば巨人のどの選手が、誰がトレード候補に選ばれるのかを考えてみたい。

巨人のトレード候補

巨人のプロテクト予想選手

下記は、30人のプロテクト予想となっているため、堀岡隼人(21)、高田萌生(21)、若林晃弘(26)、北村拓己(24)の、4選手の中から誰か2人が漏れるのではないかと予想します。

投手(15人)

山口俊(32)、澤村拓一(31)、菅野智之(30)、桜井俊貴(26)、中川皓太(25)、畠世周(25)、 今村信貴(25)、田口麗斗(24)、古川侑利(24)、鍬原拓也(23)、高橋優貴(22)、堀岡 隼人(21)、高田萌生(21)、戸郷翔征(19)、横川凱(19)

内野手(6人)

坂本勇人(30)、田中俊太(26)、若林晃弘(26)、北村拓己(24)、吉川尚輝(24)、岡本和真(23)

外野手(5人)

亀井義行(37)、陽 岱鋼(32)、丸佳浩(30)、重信慎之介(25)、山下航汰(19)

捕手(4人)

炭谷銀仁朗(32)、小林誠司(30)、大城卓三(26)、岸田行倫(23)

主なプロテクト漏れ予想

赤字は注目、堀岡、高田はプロテクト予想にも

投手

戸根堀岡高田、大竹、岩隈、宮国、野上、田原、高木京、大江、池田、藤岡、直江

内野手

山本増田大増田陸湯浅、中島、吉川大、松井義

外野手

立岡石川、加藤、松原

捕手

田中貴

巨人のトレードの弾、選手を予想

上記は、巨人がもしもFA鈴木大地内野手を獲得した場合の巨人のプロテクト予想ですが、石川、立岡、若林、北村、宮国、堀岡、戸根、池田、高田、山本、田原、大江、吉川大、松原、加藤、この辺りの選手がトレード候補になるのではないかと予想する。

当然この中には守りたい選手がいて、特に巨人の若手ナンバーワン有望株と予想する堀岡投手は特に守りたいですが、相手投手次第では巨人も出血は覚悟しある程度の若手はトレード候補に挙がってくると思われ、

もしかするとそれらの選手を絡めた超、大型トレードへの発展の可能性も考えられるが、巨人が仕掛けるトレードで先発を狙いたいと考えると先発が余っている球団は限られてきそうですが、

巨人は、現在トレードにかんしてはリストアップし可能性があるかどうか調査しないといけない、というコメントを残した事から、今後は各球団との水面下での交渉、もしもまとめれば発表という流れになると思われるが、

次回は、巨人がどの球団とトレードを狙うのかを時間があれば予想していきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする