巨人・トレードの噂と予想!ジャイアンツ最新情報2020

2019年~2020年度の巨人のトレード情報!

巨人のトレード情報は、毎年のようにシーズン中やシーズンオフに限らず話題に挙がり、何処からか噂が流れ、読売ジャイアンツのトレードの噂は絶えません。

また、何処まで確かなのかの信憑性は定かではありませんが、球団所属の選手はトレードの噂は耳に入るといい、前出のOBや球団関係者のコメントとして情報が流れたりしていますが、トレードの話がまとまらなかったときに後からこういう話があったという形で良く情報が出てきたりしていますね。

近年の巨人のトレードは、日本ハムとの間でまとまった、太田、公文(巨人)⇔石川、吉川光夫(日本ハム)が記憶に新しいですが、

何と吉川光夫投手が日本ハムに出戻るという、巨人の吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と、日本ハムの藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)の複数トレードが今年の6月に成立した。

また、昨年は楽天に橋本到外野手を金銭トレードで放出しており、近年は日本ハム以外に楽天ともトレードのパイプを築いている巨人ですが、

今年の巨人はFA美馬穫りに失敗したことで、巨人の球団副代表が今度はトレードでの先発投手穫りを示唆したことから、いよいよ今年の巨人も大型トレードの可能性が高まってきたが、巨人はどの球団の誰を、どの先発投手を狙うのだろうか?!

巨人トレード展望2020

野手で先発と中継ぎを狙いたい巨人!

丸の加入で巨人の穴でもあったセンターとクリーンナップが埋まり、2020年度の巨人は新外国人野手が当たれば何とか野手にかんしては目処が立ってきそうですが、

しかし、中継ぎ投手陣に限っては数年前から崩壊中で、近年で言えば2017年の中継ぎ投手は、救援防御率こそ3.42のリーグ3位と見栄えは良かったが、前半戦だけでも16度の逆転負け、救援投手の合計勝利数13、さらにはリリーフ投手のホールド数は53、という完全崩壊で、2018年はシソンとカミネロのWリリーバーが故障で離脱し、澤村と上原が主に試合の終盤を任されたが機能していたとはいえなかったリリーフ投手陣だった

さらに、2019年の今季の中継ぎを見渡すと中川の台頭にシーズン途中での田口や澤村の中継ぎ起用で上手くごまかしていたが、シーズン途中で獲得したデラロサの当たり、がなければ完全に中継ぎは崩壊していた。

さらに、今オフは先発補強に目がいくが、上原やマシソンが引退した中継ぎ陣は近年のウイークポイントでもあり最優先で整備したい場所でもありますが、

先発投手のトレードを示唆した巨人の来季の先発陣は、①菅野、②山口俊、③高橋、④外国人、と4枚は計算できる先発陣に、⑤太田龍、田口、桜井、畠、古川、今村、戸郷、鍬原、宮国、などなど五枚目、六枚目は⑤で選んだ中から調子の良い選手を起用していけばと考えると意外と枚数は揃っており、トレードでもう1枚先発が獲得出来れば来季の先発の目処も立ってくる。

しかし、中継ぎは日本ハムとのトレードで鍵谷を獲得したものの、今年もドラフトでの中継ぎ補強はなく、中継ぎの新外国人を狙ってはいるものの、マシソンの引退でまだまだ足りない中継ぎ投手、

仮に新外国人とデラロサの2枚を中継ぎで起用したとしても、それでも来季の田口の先発復活などの可能性も考えれば、中継ぎの枚数が1枚も2枚も足りない巨人は先発よりも中継ぎの補強も必要で、

美馬穫りの失敗で先発のトレード獲得を示唆した巨人だが、今オフの巨人は第二弾へと続く中継ぎトレードもあるかもしれない。

巨人のトレード予想2020

3.16

巨人が楽天とのトレード狙う?

2020年オープン戦、読売ジャイアンツは最下位の12位に終わりましたが、巨人の2020年オープン戦の投手防御率は4.37、チーム打率は.23...

巨人のトレード予想2019

11.16

巨人が先発獲得へトレード示唆

美馬穫りに失敗した巨人が、今度はトレードでの先発穫りを示唆! 2019年度の巨人はリーグ優勝こそ果たしたものの、日本シリーズではまさか...

6.26

トレード確定

読売ジャイアンツの吉川光夫投手(31)と宇佐見真吾捕手(26)と、日本ハムの藤岡貴裕投手(29)と鍵谷陽平投手(28)の複数トレードが成立し...

6.24

巨人、読売ジャイアンツの交流戦が終わりましたが、その巨人は最速159キロ右腕のルビー・デラロサ投手を獲得、現在の巨人の中継ぎ投手陣は壊滅寸前...

6.6

2019年プロ野球もいよいよ交流戦が始まりましたが、巨人は中継ぎ不足に悩んでおり昨日の楽天戦でも吉川光夫投手がストライクが入らずにファーボー...

5.8

新時代、令和を迎えるとプロ野球はゴールデンウイーク10連戦へと突入、その中で巨人は首位をキープしているが2位とのゲーム差は僅かで首位キープも...

4.16

他球団ならレギュラー候補、うちならスタメンなのにと評価が高い巨人の立岡宗一郎外野手の現状は主に守備固め、昨日2軍に降格したが立岡選手のトレー...
2019年プロ野球、今年もペナントが始まり、原ジャイアンツは鬼門マツダスタジアムで昨年の覇者、広島カープに2勝1敗と勝ち越すと、連勝を重ね現...

1.25

2019年プロ野球、巨人の正捕手は小林誠司と炭谷銀仁朗のどちらなのだろうか?さらには、原監督の直系である東海大出身の大城卓三が正捕手候補に浮...

12.27

ロッテ、涌井秀章投手(32)のトレードの噂が流れ、移籍候補に予想される球団に、巨人、DeNA、中日が挙がっているが真相はどうなっているのだろ...



巨人のトレード予想2018

6.16

巨人の今季のトレードはシーズン中からも噂され、現在も左腕や日本ハムの斉藤祐樹投手の獲得を画策しているとの噂が立っているが実現するのだろうか?...

4.25

昨年の7月31日、日本ハムはFA権を取得した谷元投手を期限ぎりぎりで中日ドラゴンズに金銭トレードで放出した。 これは、優勝やAクラス入...

4.24

読売ジャイアンツが、左腕リリーバーをトレードで探しているという情報が飛び出しているが、現在の1軍中継ぎ左腕は中川投手のみというジャイアンツ。...

1.13

日本ハムファイターズと巨人、この両球団のトレードの多さは言わずもがなという状況でお互いの足りない戦力を毎年のようにトレードやFAで補い合って...
ゲレーロ選手の獲得と、野上投手の獲得で4番と先発を補強し、来季の優勝に向けて投打の主役は確保した。マイコラス投手の流出で先発が不安と言われて...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする