巨人・トレードの噂と予想!ジャイアンツ最新情報2019

巨人のトレード情報は、毎年のようにシーズン中やシーズンオフに限らず話題に挙がり、何処からか噂が流れ、読売ジャイアンツのトレードの噂は絶えません。

また、何処まで確かなのかの信憑性は定かではありませんが、球団所属の選手はトレードの噂は耳に入ると言い、前出のOBや球団関係者のコメントとして情報が流れたりしていますが、トレードの話がまとまらなかったときに後からこういう話があったという形で良く情報が出てきたりしていますね。

近年の巨人のトレードは、日本ハムとの間でまとまった、太田、公文(巨人)⇔石川、吉川光夫(日本ハム)ですが、大型補強で優勝を目指す原監督に変った今年の巨人は、久しぶりの大型トレードの期待が高まる。

また、すでにソフトバンクは大型トレードを示唆し、中日やロッテもトレードの積極活用を匂わせており、2019年のプロ野球界は近年まれにみるトレード年になりそうな予感も。

巨人トレード展望2019

2019年シーズンに向け、巨人は西武のFA炭谷を正捕手候補として、そしてオリックスを自由契約となった中島内野手を代打や内野手のスーパーサブとして獲得した。

また、新外国人からはメジャーの4番で今季20発のビヤヌエバ内野手を獲得し、さらには広島FA丸の獲得を狙い野手の強化にかんしては丸の加入に関わらず大方の目処が立ってきたのではないだろうか。

しかし、中継ぎ投手陣に限っては数年前から崩壊中で、近年で言えば2017年の中継ぎ投手は、救援防御率こそ3.42のリーグ3位と見栄えは良かったが、前半戦だけでも16度の逆転負け、救援投手の合計勝利数13、さらにはリリーフ投手のホールド数は53、という完全崩壊で、2018年はシソンとカミネロのWリリーバーが故障で離脱し、澤村と上原が主に試合の終盤を任されたが機能していたとは言えなかったリリーフ投手陣だった

また、野手や先発投手の枚数は多いが、近年の中継ぎ投手の崩壊を考えれば巨人の最大の補強ポイントはリリーバーだと思われるが、

2019年度の巨人の現段階の補強は野手の強化を行っており、野手の駒を増やせば打の選択肢は増えるものの、足りていない場所の強を考えれば、現在敢行しているのは補強ではなく強化で、足りていない部分の補強を考えれば、巨人の補強はまだ終わらずトレードで中継ぎの補強を画策するのではないかと思われ、まだ数枚は足りなりリリーフ投手の台所事情を考えればリリーバーの獲得を狙うトレードは必須だ。

また、この穴が埋まらなければ巨人の優勝はありえなく、近年のリーグ優勝や上位に食い込んだ球団を考えればそれらの球団は中継ぎ投手が揃い、中継ぎを制した球団がリーグ優勝を果たし2位に食い込んだ事を考えれば、巨人が来季の優勝を目指すのであれば中継ぎの補強は絶対的だ。

そこで、大型補強に乗り出している巨人は遅くとも2019年シーズンのトレード期間である7月末までには活発に動いてくると思われ、リーグ後半戦の順位次第では中継ぎの獲得、または積極的にトレードを狙ってくるのではないかと予想する。

巨人のトレード予想2019

11.29

第三次原政権がスタートし、巨人が大型補強に動いているが、FAからは西武の炭谷を獲得し戦力外から元オリックスの中島、そして来季の新外国人に今季...



巨人のトレード予想2018

6.16

巨人の今季のトレードはシーズン中からも噂され、現在も左腕や日本ハムの斉藤祐樹投手の獲得を画策しているとの噂が立っているが実現するのだろうか?...

4.25

昨年の7月31日、日本ハムはFA権を取得した谷元投手を期限ぎりぎりで中日ドラゴンズに金銭トレードで放出した。 これは、優勝やAクラス入...

4.24

読売ジャイアンツが、左腕リリーバーをトレードで探しているという情報が飛び出しているが、現在の1軍中継ぎ左腕は中川投手のみというジャイアンツ。...

1.13

日本ハムファイターズと巨人、この両球団のトレードの多さは言わずもがなという状況でお互いの足りない戦力を毎年のようにトレードやFAで補い合って...
ゲレーロ選手の獲得と、野上投手の獲得で4番と先発を補強し、来季の優勝に向けて投打の主役は確保した。マイコラス投手の流出で先発が不安と言われて...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする