巨人が中日のロドリゲス獲得か!マネーゲーム辞さず2年総額6億円提示か

巨人、読売ジャイアンツが、中日ドラゴンズのジョエリー・ロドリゲス投手(27)の獲得に動いているという情報が流れているが、中日ドラゴンズ関係者はロドリゲス投手と連絡が取れない、音信不通で交渉が難航しているというから、巨人がロドリゲス投手の獲得を狙っている可能性は高いかもしれない。

また、中日は9月の段階でロドリゲス投手に残留要請をしているというが、ロドリゲス投手の推定年俸は7000万円で、中日は7000万円からの大幅アップを提示した模様だが、マネーゲームを辞さないという巨人が、信憑性は定かではないが中日の3倍、契約金を含めて推定2年総額6億円規模の条件を準備しているという噂も流れている。

また、巨人に限らず複数のメジャー球団もロドリゲス投手に注目し獲得に興味を示していると思われ、日米でのロドリゲス争奪戦、マネーゲームに発展する可能性が出てきた。

巨人が中日のロドリゲス獲得か

巨人が中日のロドリゲス穫りの為に、2年総額6億円を準備しているとの情報が流れたが、信憑性は定かではないが巨人のウイークポイントは中継ぎで、マシソンも引退した巨人が来季の補強の最優先ポイントでもある中継ぎの新外国人に、中日のロドリゲス投手に白羽の矢を立てたのかもしれない。

また、ロドリゲス選手も9月の段階からの中日のオファーを受けていないということは、巨人やメジャーでの条件を天秤にかけている状況かもしれず、もしかすると中日に残留する可能性は低く、あるとすれば巨人かメジャー移籍の可能性が高いかもしれない。

また、今季の巨人はCSをドームで迎え、2戦だが日本シリーズもドームで戦えた臨時収入は数億円とも思われ、特にFA選手に目玉選手がいない今年の巨人は、最大の弱点である中継ぎ補強にマネーをつぎ込むことが出来ると予想され、

さらには大量の外国人を解雇した巨人のロドリゲス穫りは加速していくかもしれないと予想するが、季のロドリゲス選手の成績を考えると、来季の年俸は7000万円から大幅アップの3億円以上が予想され、となればそれ以上年俸が高騰すれば巨人でも太刀打ち出来ないかもしれず、マネーゲームに発展すればロドリゲス選手はメジャー復帰の可能性が高いという。

中日・ロドリゲスと連絡が取れない

推定年俸7000万円のロドリゲス選手の来日2年目の今季の成績は、64試合に登板し、3勝4敗41ホールド1セーブ、防御率1・64と抜群の好成績で最優秀中継ぎのタイトルを獲得しており巨人を含むメジャーも注目しているというが、

中日の代表は早く契約をまとめたいがロドリゲス選手と連絡が取れないといい、音信不通状態で契約が難航しており、ロドリゲス選手の流出危機だというが、ロドリゲス選手の巨人移籍、またはメジャー復帰はあるのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする