巨人・坂本と大城がPCR検査で2回目の陰性!復帰時期は1週間後か

読売ジャイアンツの坂本勇人選手と大城選手が4日の新型コロナのPCR検査で「微陽性」の判定を受けた巨人の主力選手のコロナ騒動から一夜明けた本日、

坂本と大城選手2人の陰性が確認された。

この2人は無症状で、感染後の回復を示す「IgG抗体」が確認されていることもあり、早ければきょう5日にも退院する可能性もあるといい、開幕に間に合う可能性も出てきた。

追記

坂本勇人、大城卓三が5日に受けたPSR検査で2回目の陰性

坂本と大城は死んだウイルスを引っかけた可能性もあるが仮に再検査が陰性だったとしても、1週間くらいは様子を見なければいけない。
坂本と大城選手と接触した26人が全員陰性だった場合は、クラスターとして、周囲に感染を広げている可能性は低い。

巨人の坂本と大城が陰性、開幕に間に合う可能性も

坂本と大城選手について、他人に感染させる感染力もないと(専門家から)評価を受けている。

40以上あれば陰性とされるCt値は、それぞれ37・78と34・95で正常値ぎりぎりの「微陽性」だったため入院。3日夜に再度、医療機関で検査し、4日朝に陰性と伝えられた。(スポニチ)

とのことで、今後の復帰時期についてはNPBのガイドラインは発症者を前提に「2週間の自宅待機」を定められていますが、2人はすでに回復を示す抗体も持っていることから、早来れば5日にも退院し、チームに合流する可能性があるというが、あくまでも慎重に話し合って結論を出すという。

以下は、6月3日の記事です

読売ジャイアンツの坂本勇人と大城卓三がコロナ感染!昨日は西武と練習試合、集団感染、クラスターは大丈夫?

2020年プロ野球、コロナウイルスの影響で3月20日の開幕が延期になっていたが、6月19日の開幕が決定し、6月2日からセパ12球団の練習試合がスタートしたばかりだったが、

6月3日の14時から予定されていた巨人対西武の練習試合が突然の中止のアナウンス、この時期の突然の試合中止に最悪の事態が予想されたがそれは現実となってしまった。

巨人対西武の練習試合の中止理由は、読売ジャイアンツの坂本勇人選手と大城卓三選手のコロナ感染、陽性反応が確認されたことにより今日の試合は中止となってしまった。

また、NPBは、この問題で現時点で開幕に影響はないとコメントしています

この記事は、巨人の会見の内容、感染経路など情報が分り次第、随時更新します

坂本勇人、大城のコロナ感染の経緯は

巨人は、5月29~31日までに希望者218人の採血を実施、そのうち選手やスタッフ4人が新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示す「IgG抗体」が確認され、この4人を2日の夕方にPCR検査、その後に坂本と大城選手の陽性判定の連絡があったという。

また、球団は坂本勇人選手と大城卓三選手との濃厚接触者の特定を急ぐ、安全を考慮して3日に坂本や大城選手と1メートル以内で15分以上の会話をした者を中心に、26名の検査を行う事を発表しましたが、

実は坂本選手と大城選手のコロナウイルスは過去に感染していた物で、現在は感染後に回復した事を示す「IgG抗体」が確認されている状態だといい、回復からかなり時間がたっているということで、

坂本選手と大城選手についての今後は病院に入院し保健所の指導に従って連日PCR検査を実施し、陰性が確認でき次第、早期のチーム合流を目指すという。

濃厚接触者9名と17名の頻度が多い選手スタッフのPCR検査を今日行い、明日に出る結果を受けて全員が陰性なら明後日は通常通り試合を行いたい意向とのこと。

巨人の球団会見が行われ次第、随時内容を更新、まとめていきたいと思います。

昨日の西武との練習試合で集団感染の可能性は

坂本勇人選手や大城卓三選手は昨日の西武との練習試合にスタメンで起用されており、特に大城選手は捕手ということで西武ライオンズの選手との距離は近く、西武ライオンズの選手に二次感染していないかが気に掛かっていましたが、

坂本と大城選手はコロナに感染後からの回復状態だと良い、かなりの時間がたっていることが、専門家からの見解を得ているため、集団感染、クラスターへの発展の可能性は少ないかもしれませんが、やはり油断は出来ない、2人は微陽性と判定が出ているため、

今後の2人についての続報を待ちたいと思います。

2人は3月下旬以降は体調に変化も無く味覚嗅覚の異常も感じていない、検査から二週間さかのぼって日常の行動を確認したところ、坂本選手は5月29日に友人と昼食をとった以外、大城選手も5月28日にチームメイトと2人で二時間、夕食をとった以外、一切外出はしていないという。

クラスターは大丈夫?

最新情報が分り次第、随時更新します

現段階では、坂本選手と大城選手の濃厚接触者の特定を急いでいるということで、昨日の西武との練習試合での接触も含め、今後は最低でも今日から二週間の猶予が必要になると思われますが、

クラスターの可能性は今後の調査次第ということになり、情報が分り次第更新したいと思います。

プロ野球は開幕できるのか?

最新情報が分り次第、随時更新します

NPBは、この問題で現時点で開幕に影響はないとコメントしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする