巨人・小林誠司が日本ハム斉藤祐樹とトレード?正捕手は大城か

2019年プロ野球、巨人の正捕手は小林誠司と炭谷銀仁朗のどちらなのだろうか?さらには、原監督の直系である東海大出身の大城卓三が正捕手候補に浮上しているが・・

西武からFA移籍した炭谷銀仁朗(31)の獲得は、多数のファンやメディアからの疑問的な声が大半を占めていたのではないだろうか。

巨人には、小林誠司(29)、大城卓三(25)、宇佐見真吾(25)、田中貴也(26)、岸田行倫(22)、がいるが、宇佐見は打撃は期待したいが守備は不安、肩は弱くはないがスローイングが不安定、そしてまだまだリード面を含め守備の育成にも時間がかかり、岸田は将来は正捕手候補だがあと数年は下で焦らずじっくり育てたい、となれば、多少の守備力には目をつぶっても、原監督が好む打てる捕手、巨人での飛距離はチームNo1の打撃力を考えれば大城の正捕手構想が現実味を帯びては来るが・・

炭谷銀仁朗の獲得のメリット

炭谷を正捕手として獲得したことから、小林はトレード候補に?なんて声も聞こえますが、炭谷の獲得は小林を干すためでは無くトレード要因にもするわけでもないと思いますが、原監督の小林の評価は原第二次政権時から低いように感じ、現在になっても小林の独り立ちは時期尚早と判断していると感しますね。

また、原監督はとにかく打撃型で打てる捕手を求め、勝てる捕手を好んでいると感じますが、小林は圧倒的な肩で投手から信頼は厚いが、打撃はもう頭打ちで守備の人、というイメージではないだろうか。

しかし、小林には絶対的な肩、があり試合の局面を左右する必殺の一芸を持っていることから、小林は炭谷とのW正捕手体制で生きてくる。

また、第二捕手には大城や宇佐見だけでベテランがいないことも原監督は危惧していたと思われ、炭谷の獲得は小林の尻叩きにもなるがセ・パを代表する捕手である小林と炭谷でW正捕手体制が組めることは、原監督が好む攻撃型の編成の選択肢が増えるメリットは大きく、近年の捕手分業制を考えれば、巨人はこれまでの正捕手と第二捕手の起用法ではなく、炭谷と小林の正捕手のW体制を組めることは、これまでの巨人では試合の中盤である6回前後では小林に代打を出しにくかったが、炭谷の獲得でどちらが先発で出たとしても、早い段階で阿部や大城を代打に出したとしても、炭谷か小林のどちらかが控えていることから守備力は落とさずに巨人の得点力はアップする、ここが原監督の計算に思えるが、大城の打撃力を考えればファーストへのコンバートも考えられるが、捕手は炭谷と小林で試合の前半と終盤をコントロール出来れば、他11球団がうらやむ屈指の捕手陣が完成する。

小林誠司に求められる打撃力

大城卓三が打ちまくるようだと一気に大城の正捕手が見えてくるが、守備を考えればファーストへのコンバートが現実的で、8番小林に求められるのは打撃力で昨年の小林の調子が良かった時期は打線が繋がり巨人の得点力がUPしていた。

しかし、小林の打撃が不調になると同時に巨人は負けが込んでいったがここに求めたいのが炭谷の打撃力で、数字上では打率も出塁率も小林と大差は無いが、9番ピッチャーのセ・リーグでは炭谷の出塁率は若干上がることは予想され、炭谷には勝負強い打撃とリーダーシップ、そして引退後の捕手コーチとしての捕手の育成が期待されての獲得だと思うが、一番のメリットはレベルの高い捕手で分業制を組めることではないだろうか。

また、肩の強い小林の打率が上がれば間違いなく12球団NO1の捕手候補で巨人の正捕手も小林に決まりかもしれないが、近年の分業制になっている捕手の起用方法を考えれば炭谷と小林を使い分け、小林と炭谷のW正捕手体制が機能すれば、来季の巨人は優勝も見えてくる。

小林誠司が斉藤祐樹とトレードか

巨人、小林誠司捕手(30)と、日本ハムの斉藤祐樹投手とのトレードの噂が流れているが、個人的には無い、嫌、斉藤祐樹投手と小林誠司捕手とではいくらなんでも釣り合わない、と感じるプロ野球ファンは多いのでは無いだろうか。

そして、何故、こんな噂が流れているのかというと日本ハムの清水優心捕手がヘルニア等の手術を受け開幕が絶望的になっているからだと思うが、ここはあくまでも噂話、そしてあくまでも可能性として捉えたい。

が、もしもありえるとすれば、2対2のトレード、もしくは1対2のトレードで、もしくは1対1の大型トレードの可能性もあるかもしれないが、仮に日本ハムの斉藤祐樹投手に、巨人が不足している宮西投手や石川に浦野などの中継ぎ投手を絡めた電撃トレードであれば、長野選手や内海投手を放出した巨人であれば考えられなくもないが・・

宇佐見や田中貴が候補に?

巨人には炭谷、大城、宇佐見、田中、岸田、と捕手が揃っていることから小林はトレードの第一候補との噂もあるが、いくらなんでも小林をトレードに出すことはありえないとも感じ、捕手が欲しい日本ハムと、中継ぎ投手が欲しい巨人とのトレードがあるとすれば、宇佐見や田中貴が候補に挙がりそうな気もするが、さらに憶測すれば宇佐見捕手と斉藤祐樹投手とのトレードであればまとまりそうにも感じ、こちらのほうが現実味がありそうな気もするが真相やいかに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする