巨人ゲレーロの成績予想!本塁打を何本打つのか検証したら驚きの結果に

2018年プロ野球、巨人のアレックス・ゲレーロ選手は何本のホームランを打つのだろうか?巨人の移籍1年目はどんな成績を残すのだろうか?

そこで、パワプロ2017のゲームデータでシュミレーションしてみた。

選手のデータは2017年度版での検証の為、あくまでもゲームでのデータの為、正確なデータではありませんが、しかし有る程度の選手や球団のデータは正確でこのゲームでペナントを回すと、球団や選手の記録は本物のプロ野球での結果と似通ってくる。

ということで、もしもゲレーロ選手が巨人で1シーズン過ごしたら何本の本塁打を打つことが出来るのだろうか?

などや、もしも1シーズン、野上亮磨投手や山口俊投手が先発で投げたら何勝するのだろうか?

もしも、岡本和真や吉川尚輝選手が今季1軍で1シーズン起用されていたらどんな成績を残していたのだろうか?

などのシュミレーションを行ってみた。

シュミレーションでの検証に用いたデータはパワプロ2017選手最新版です。

巨人ゲレーロのホームラン予想

ゲレーロ選手の成績は、本塁打39、打点119の、本塁打と打点の二冠を巨人で獲得した。(詳しい成績や内容は私のYoutube、プロ野球速報89チャンネルをご覧ください)

広いナゴヤドームでの中日でのゲレーロ選手の本塁打は35本でしたが、巨人では39本と4本増加する結果になりましたが、巨人ファンには朗報ではないでしょうか。

もしも、ゲレーロ選手が40本打てば巨人の打線は脅威となるでしょう。

しかし、あくまでもゲームのデータの為、信頼性は定かではありませんが39本という数字は何ともリアルな数字ですね。しかし、打点が119と多い気もしますがもしかすると本塁打は40本超、打点は119よりも低下もありえるかなとも感じますが、このパワプロ2017で出た数字を、1年後に比較してみたいと思います。

このゲレーロ選手の結果は、あくまでも今季シーズンでのデータを使用しているため正確ではありませんが、打線にはゲレーロ選手や岡本と吉川尚の若手を融合し、投手は菅野、田口、畠、野上、山口俊の5枚を軸に1シーズン戦った見た結果、もしも今季2017年の巨人にゲレーロがいて、吉川尚と岡本を1軍で併用、そして投手に野上と山口俊がいたとしたら、という縛りで2017年のペナントを回してみたらどうなるのか?というしばりで検証してみました。

また、野上投手や山口俊投手の結果に興味がありましたら私のユーチューブチャンネルでの動画をご確認ください。

野上投手と、山口俊投手の結果は驚愕の結果になっております(笑

さらには、吉川尚輝選手の結果はなんともリアル、岡本和真選手の成績は驚愕の結果となりました。

ユーチューブチャンネルは、PCからは画面右下に、スマホからはTOPページの一番下までスクロールした最下部に、ご案内がございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする