2018巨人ドラフト戦略!1位は投手、高校生No1は渡辺、次点で吉田

ジャイアンツのドラフトがいよいよ間近に迫ってまいりましたが、10月25日(木)に行われる2018年プロ野球ドラフト会議、巨人の1位はいったい誰を指名するのだろうか?

巨人を逆指名した金足農の吉田輝星を1位指名するのだろうか?それとも、今夏甲子園でのNo1野手の評価が高い大阪桐蔭の藤原に行くのだろうか?

それとも、即戦力候補のMAX159キロ右腕、甲斐野や同じく同大学の梅津や上茶谷に行くのだろうか?

2018巨人ドラフト戦略

現段階ではありますが巨人のドラフト戦略が見えてきました、昨年の野手中心の偏向ドラフトから一変し、今年のドラフトではバランスの良いドラフト、例えるなら投手4、野手4のバランスの良いドラフトになることを示唆している巨人ですが、

ドラフトでの指名順、そして他球団の指名選手次第では巨人が欲しい選手、優先したい選手の残り具合で指名する選手も変更することは予想され、さらにはバランスの良いドラフトになったとしても巨人のウイークポイントである先発と中継ぎ投手を上位指名してくることが予想され、上位は投手中心になってくることが予想される。

その中で、巨人が獲得したい選手は即戦力投手とスター性を兼ね揃えている金足農の吉田輝星投手の獲得で悩んでいる段階だと思われますが、

しかし、吉田投手は大学への進学の道も噂されていることから吉田投手次第では巨人のドラ1は変わってくるかもしれない。

現在の巨人のドラフトの構図は、岡崎ドラフト部長は高校生では根尾に小園を押し、スカウトは藤原、フロントは即戦力投手で上層部は吉田のバラバラ戦略?

巨人が欲しいドラ1は

結論から言えば今年の巨人の1位は投手で、現段階ではスター性を考慮しもしもプロ入りを表明すれば吉田の1位指名の可能性が高そうですが、

岡崎ドラフト部長は根尾や小園の評価が高いと噂されており、スカウトは藤原を押しているという情報が流れ、高校生投手のNo1投手は将来性を含め渡辺、次点で吉田だという。

しかし、スター性を考慮すればもしも吉田がプロ入りを表明すれば、フロントは投手中心のドラフトを指令していることから吉田を1位指名する、という噂も流れているが、大学からは即戦力候補の甲斐野を筆頭に梅津に上茶谷、そして松本などの投手を指名する可能性も残っており、現段階ではこれらの可能性の中で検討している段階だと思われますが、

上層部から今年のドラフトは投手を多めに指名することを指令されているといい、1位は高校生野手ではなく投手になりそうだ、と現段階では噂されている。

ここから考えれることは、もしも吉田が進学すれば1位は即戦力投手で、2位は各球団が素材、伸びしろを考えれば高校生No1右腕という浦和の渡辺の可能性も考えられ、この渡辺はへたをすれば外れ1位候補となり、巨人が評価が高い渡辺が欲しいと思えば3位での指名順ではおそらく取れないことから2位で取りたいと考えているはずで、吉田が進学すれば、

1位→甲斐野、梅津、松本、2位→渡辺or他投手or野村、3位→高橋拓巳(左腕)

あくあくまでも現段階での構想ですが、1位は即戦力に行き、2位or3位で将来性豊かな高校生投手渡辺や、早実の野村や花咲の野村のどちらかのスラッガーが残っていれば指名の可能性も、そしてリリーフ左腕不足の巨人は、2位の可能性もあるが左腕リリーバーの高橋を3,4位指名、同じく下位で左腕の慶大、田中 裕貴などを狙ってくるのでは無いかと予想される。

しかし、もしも吉田がプロ入りを表明すれば、1位は吉田で2位以下は即戦力投手中心になることが予想されますが、

巨人の高校生投手の評価は噂ではありますが、渡辺>吉田、しかし、指名するのは吉田>渡辺、となり吉田を回避すれば1位で甲斐野などを獲得し、出来れば2位で渡辺や高校生野手の可能性も考えられる。

結局、現段階では吉田投手が進学するのか、プロ入りを表明するのかの結果待ちと言うことだが、その吉田には楽天や日本ハムもドラ1の本命とも言われており、巨人が単独で1位指名出来るかは未知数で楽天や日本ハムと1位で重複することも考えられることから、即戦力投手を重視すれば重複を回避し単独で1位で狙えると考えられる即戦力投手に流れる可能性も考えられる。

後は各球団の駆け引きとなり、巨人スカウトの情報収集能力次第では巨人の指名選手は変わってきそうですが、その中心にいる選手は巨人にラブコールを送った吉田輝星であることは間違いなさそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする