【巨人】2019開幕スタメン&先発ローテ予想と戦力分析

2019年、巨人・読売ジャイアンツの開幕スタメンオーダー、打順、先発ローテーション、開幕投手の予想!

今年の巨人は、由伸監督の退任により後任には原監督が誕生し原第三次政権がスタートしましたが、ドラフトでは巨人が1位でNO1左腕と評価した高橋 優貴投手を獲得し、FAでは広島の丸選手と西武の炭谷捕手の2枚取りに成功し、さらにはオリックス自由契約の中島選手の獲得や新外国人にはメジャー4番で今季20発を放ったビヤヌエバを獲得し、40億円超えの大補強を敢行した。

また、巨人移籍1年目は不調だったゲレーロ選手の2年目の起用法や成績も気になり、新守護神で獲得したクックがハマれば巨人の優勝が見えてきそうだが、逆にいえばクックが転けるようだと巨人の優勝が遠のいていくかもしれず、リリーバーは現有戦力の底上げで戦っていく布陣なだけに、来季の巨人が優勝出来るかどうかは中継ぎ次第、とも言えそうだ。

※開幕スタメン、先発ローテの予想は、情報が分かり次第随時更新します。

巨人戦力分析2019

2019年、巨人の戦力分析(仮)

新外国人やFA選手などは、入団が決まり次第随時更新します。

巨人の開幕スタメンのポイント

原監督は今季の外国人選手枠について、野手2、投手2を構想としており、ゲレーロがオープン戦でよほど不振で無ければ開幕はビヤヌエバ、ゲレーロ、クックの超重量打線で挑み、残りの1名に投手が予想されるが、ここからゲレーロやビヤヌエバを見極めて不振時には臨機応変にヤングマンなどの他投手と入れ替えて行くことになりそうだが、故障明けのマシソンが開幕に間に合うのかも外国人枠のポイントになってきそうだ。

また、長野の広島移籍は実に残念な出来事ではあるが、その空いた穴に和田恋、松原、重信、石川慎吾の4名の若手にチャンスが回り争うことになりそうだが、昨年の村田枠で岡本がブレイクしたように、誰かが抜ければ誰かがブレイクしていく。

今年の長野枠もまさにこのタイミングで、このタイミングを石川慎吾や和田恋、そして重信に松原らの若手必ずものにしブレイクせねばならない。

また、原監督が評価している陽岱鋼選手の不振時やゲレーロやビヤヌエバの不振時に変わる外野枠に若手が入ってくることが予想され、原が絶賛している昨年のファーム最多安打の松原は特に今季のキーマン選手に予想したい。

2019年の巨人開幕ローテーション予想(仮)

①菅野→②今村→③山口俊→④畠→⑤田口→⑥岩隈or野上or高橋優or高田

2018年の巨人開幕ローテーション

①菅野→②田口→③野上→④山口俊→⑤吉川光→⑥大竹

巨人の新戦力2019

2019年度の新戦力は今年のドラフト組、1位で即戦力候補の高橋 優貴を獲得した。全国的には無名の選手と言われているが、16勝5敗で最多勝を獲得した西武の多和田投手が記録していた北東北大学のリーグ記録である299奪三振を更新し、301奪三振、20勝を奪った高橋 優貴は、巨人は今秋ドラフトではNO1左腕と確信し1位で指名したが、コントロールは改善の余地はあるものの奪三振能力は高く未知なる可能性を感じる左腕だが、もしも新人王争いに絡んでくれば巨人の先発は厚くなってくる。

また、2位以下では将来のエースと4番候補の高校生を獲得したことからしばらく出てくるまでに時間がかかりそうではあるが、その中でも6位の戸郷はもしかすると左のワンポイントとして、高校生ながら1年目での1軍登録の可能性を感じ、ドラ4のジャイロボーラー横川投手も数年後が楽しみだ。

また、育成の山下 航汰は2018年の甲子園組では最多の高校通算75発を放っており、打つことに関しては大化けの可能性を感じる楽しみな選手、5位指名の松井も高校通算40発、191cmの大型内野手として育っていく可能性を秘めており、巨人は数年先を見越してのドラフトに着手し始めた。

これは、すぐには結果は出ないが今は種をまく段階で、このドラフトを続けて行く事が出切れば、これらの選手が育ってきた頃にFAでの人的保証で穫られることがなければ、育成の巨人、生え抜き選手が活躍する巨人が見えてくる。

また、丸選手の獲得で打線に核が出来、内野なら何処でも守れるスーパーサブとしての中島選手の獲得は代打としてもここぞの一発が期待できる打者が増え巨人の打線は厚みが増した。

そして、捕手では炭谷の獲得で小林とのW正捕手体制が組めるようになった巨人は12球団NO1の捕手陣が揃ったが、

近年では分業制となってきた捕手の起用法を考えれば、相手球団に応じて小林と炭谷の正捕手2人を使い分け、さらには阿部や大城が第三捕手でスタンバイする巨人はスタメンで炭谷と小林のどちらを起用したとしても、2番手にはそのどちらかが2番手に控えていることからここぞの一発が欲しい早い段階での場面でも、阿部や大城を代打で出す事が出来ることは攻撃面に置いて選択肢が増え、捕手起用のバリエーションが増えた巨人の得点力は上がりW正捕手体制が組めるメリットは計り知れないが、後はリリーフ投手の整備次第では2019年のセ・リーグ優勝も見えてくる。

その中で、左打者に弱いメルセデスの来季は本格的に左を並べられ攻略されることが予想され、今期のような成績は残せないと予想しますが、アダメスよりコントロールが良いメルセデスの適性は中継ぎ、リリーフが弱い巨人はアダメスを相手球団の打者次第で7回か8回の右打者限定で投げさせれば終盤は安定し、もしかするとキーマンの選手になってくるのではないだろうか。

2019年巨人の新戦力

  2019年 読売ジャイアンツの新戦力
ドラ1 高橋 優貴
ドラ2 増田 陸
ドラ3 直江 大輔
ドラ4 横川 凱
ドラ5 松井 義弥
ドラ6 戸郷 翔征
新外国人候補 ビヤヌエバ
新外国人候補 ライアン・クック
FA選手獲得 炭谷 銀仁朗
FA選手獲得 丸 佳浩
オリックス自由契約 中島 裕之
前マリナーズ 岩隈 久志



巨人の開幕スタメン予想

巨人開幕スタメン予想(仮)

※スタメンは仮です、新戦力の加入が分かり次第随時入れ替えます。

巨人2019年 開幕スタメン予想
1 吉川 尚輝 打率.253 4本 29打点
2 坂本 勇人 打率.345 18本 67打点
3 丸佳浩 打率.306 39本 97打点
4 岡本 和真 打率.309 33本 100打点
5 ビヤヌエバ 打率.236 20本 46打点
6 陽 岱鋼
(ゲレーロ)
打率.245 10本 37打点
7 ゲレーロ
(石川慎吾)
(松原 聖弥)
(重信 慎之助)
打率.244 15本 40打点
8 炭谷 銀仁朗
小林 誠司
打率.248 0本 9打点
打率.219 2本 26打点
9 菅野 智之
   代打 候補
1 宇佐見 真吾 打率.104 0本 3打点
2 岸田 行倫
3 大城 卓三 打率.265 4本 17打点
4 阿部 慎之助 打率.247 11本 46打点
5 中島 裕之
打率.289 5本 34打点
6 山本 泰寛 打率.255 0本 3打点
7 若林 晃弘
8 北村 拓己
9 重信 慎之介  打率.281 2本 13打点
10 石川 慎吾  打率.192 0本 0打点
11 亀井 義行  打率.254 13本 49打点
12 立岡 宗一郎 打率.231 0本 5打点
13 外.一 和田 恋 打率.125 0本 0打点
14 松原 聖弥

巨人の先発ローテーション予想

  2019年 巨人 先発ローテーション予想  
1 菅野 智之 15勝8敗 防御率2.14
2 山口 俊 9勝9敗1セーブ 防御率3.68
3 今村 信貴
6勝2敗 防御率3.86
4 田口 麗斗 2勝8敗 防御率4.80
5 畠 世周 2勝0敗 防御率2.79
6 メルセデス 5勝4敗 防御率2.05
7 ヤングマン 3勝1敗 防御率2.77
8 宮國 椋丞 0勝0敗 防御率1.97
10 高橋 優貴 ドラ1
11 高田 萌生 0勝1敗 防御率27.00
12 大江竜聖
13 岩隈 久志 前マリナーズ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする