2018巨人は優勝出来るのか?2017年の巨人を振り返る!

2017年の巨人はシーズン4位、まずこの4位という成績は2017年4位という記録に残る順位でしたが、ドラフト的には実にまずかった。1位指名はクジ運だが、2位指名3位指名(以下ループ)と、どちらでも12球団中のまん中辺りでの指名順となり、ドラフトの指名では1番損な順位となってしまった。

どうせなら6位の方が2,4位と交互に1番で指名出来(パリーグ順位にもよる)、まさしく中日やロッテ、オリックスは実質2位で外れ1位を含むドラ1候補を2位で獲得が出来たようにドラフト指名順的には一番最悪な順位となった。さらには、シーズン4位ではCSにも出場出来ずに本拠地開催や日本シリーズでの臨時収入もゲッと出来ず、来季の補強予算にも響いてくる。

巨人は球団史上初の13連敗を記録し、10年ぶりのシーズン4位、さらにはCSが始まって以来のCS出場を逃すという2017年となり、まさにシーズンでは4位、ドラフト戦略的にも思うような指名が出来ない年となってしまった。

2018プロ野球・巨人は優勝できるのか

2017年の巨人はリーグ4位の得点数536、チームに20本以上の本塁打を打った打者は無し、リーグ4位の盗塁数56、12球団ワーストの併殺数129、そして昨年に続き陽岱鋼が1軍に登録されるまでは昨年の12球団ワーストに並ぶチームの1,2番打者の打率&出塁率最下位、さらには前半戦で16度の逆転負けを食らった中継ぎ陣、そしてこの成績の割にはペナント終盤までAクラスを争い若手の育成も出来ずに若手の台頭も無く、終わってみれば今季もベテラン頼みの野手陣で我慢して起用された育成選手もなく、終わってみれば巨人ファンからは納得が出来ることが何一つ無かった2017年の巨人だったのではないだろうか。

巨人・2018年ペナントの展望

さて、ここからは巨人の来季に向けてのポジり要素のみをまとめて行きたいと思いますが、何といっても4番ゲレーロの獲得。一振りで試合を決めることが出来るバッターの獲得は大きい。ゲレーロが打てば撃つほど巨人の僅差での勝利は増える来季となり、5番にマギーを置くことで4番ゲレーロとの勝負機会は増えゲレーロ選手の本塁打は今季よりも増えるかもしれない。

さらには4番にゲレーロがいることで3番坂本との勝負機会も増え、その相乗効果で巨人の1.2番が出塁すれば3,4番との勝負機会が増え、4番阿部勝負と怖くなかった今季に比べれば、来季の巨人は3番坂本、4番ゲレーロ、5番マギーのセリーグ屈指の最強クリーンナップが完成し、6or7番に阿部が座ることで打線に怖さが増す。7番に阿部が座れば恐怖の7番バッター、宇佐見でもそう。阿部や宇佐見が7番に座れば来季の巨人打線は今季とがらりと変わってくるだろう。

問題は来季の巨人の新2番だが、1番の陽から3,4,5の坂本、ゲレーロ、マギーが決まれば足のある左の吉川を2番で打たせれば、またはドラ5の田中が当たれば来季の巨人の2番セカンドは育成として年間通して使っても、打率が230位でも出塁率が300割前後あれば1,3,4,5番の打線がカバーしてくれる育成環境は整っていることから吉川が2番にハマれば面白い。

山本、田中俊、吉川尚の誰がセカンドに座っているのか楽しみな来季の巨人、あとは中継ぎ投手の澤村が復活すれば、そしてドラ1の鍬原が当たれば優勝争いに加わってきそうだが、まずは2018年のオープン戦が楽しみだ。

また、2番マギーの打線が成功したかに思える2017年の巨人だが、サードに村田が使えたことが大きかった。また、2番マギーの成功は後半戦に大きかったが鈍足が並んだ巨人の併殺打は12球団ワーストという記録も付いてた。来季はゲレーロが4番に座ることを考えれば、5番に阿部では勝負してくれないだろう。ということから、来季は1,2,3番に俊足系の陽、吉川、坂本を、4,5番のゲレーロとマギーが返すという打順が機能すると個人的には予想する。そこに6,7番に調子が良い阿部、亀井、長野、宇佐見などが座れば1,2,3番の機動力で盗塁数は増え、3,4,5,6,7番で打者を返す得点力UPにも繋がる。

個人的には6番に俊足系の陽を置きたいが、巨人には6番に置ける俊足系の強打者がいないことも1つの弱点であり併殺が多くなる理由でもある。

巨人の打線に関しては2016年型の外国人2名態勢の破壊力で投手力をカバーする、2018年の巨人は打線型のチームになりそうだ。

巨人の2018年スタメン予想

2018年開幕オーダー1

1、陽

2、吉川尚(田中俊、山本)

3、坂本

4、ゲレーロ

5、マギー

6、阿部(宇佐見、岡本)

7、長野(亀井、石川、橋本)

8、小林(宇佐見)

2018年開幕オーダー2

1、陽

2、マギー

3、坂本

4、ゲレーロ

5、阿部(宇佐見、岡本)

6、長野(亀井、石川、橋本)

7、吉川尚(田中俊、山本)

8、小林(宇佐見)

2018年開幕オーダー3

1、陽

2、吉川(田中俊、山本)

3、坂本

4、ゲレーロ

5、マギー

6、長野(石川、亀井、橋本)

7、岡本

8、小林(宇佐見)

2018年開幕オーダー4

1、陽

2、マギー

3、坂本

4、ゲレーロ

5、宇佐見

6、長野(亀井、石川、橋本)

7、吉川尚(田中俊)

8、小林(宇佐見)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする