巨人・桜井俊貴がパリーグと電撃トレード?日本ハムや楽天が候補か

2019年プロ野球もいよいよ交流戦が始まりましたが、巨人は中継ぎ不足に悩んでおり昨日の楽天戦でも吉川光夫投手がストライクが入らずにファーボールを与えると、続く鍬原も連続四球で2失点、またもや中継ぎが試合を壊してしまうと吉川投手は2軍落ちしてしまいましたが、

相変わらずジャイアンツは中継ぎ不足に悩んでおり、マシソンが1軍に復帰したものの故障明けということを考えると今後も厳しい戦いが予想される。

そこで、巨人は中継ぎ投手をトレードで獲得しないのか?マシソンやクックのスペアになる新外国人は獲得しないのか?

と、いろいろと予想してみたいが、今回はトレードの可能性を予想してみた。

(この記事は、あくまでも一個人の予想です)

巨人にトレードの怪しい動きか

記憶に新しい、澤村投手のトラブル問題ですが、その裏で実は澤村投手のトレードの話が進行していたとの噂があった事は記憶に新しく、この噂の信憑性はさておきこの時期の澤村投手は先発投手として調整しており、先発登板はトレードの為のパフォーマンス登板、お披露目会とも噂されていた。

しかし、澤村投手のトラブル問題が発覚するとトレードは破談になり、澤村投手はすぐさまに中継ぎに再再転向となってしまったが、これらの一連の噂がスポーツ紙面を賑わせていた。

また、巨人は中継ぎ不足によりトレードの可能性が無くなった澤村投手を、巨人のウイークポイントである中継ぎに戻した、と憶測出来ますが、

それらから推測すると、最近の巨人からトレードの可能性を感じる動き、澤村投手の時と似た動きを感じるのだ・・(あくまでも推測ですが)

それは、交流戦での桜井投手の先発登板、まぁ、巨人は先発不足だから田口や桜井を先発に回しただけで菅野が戻るまでの一時的なものだ、と思われますが、

ここで気になるのが澤村投手の先発調整だ。

桜井のトレードの可能性は

あくまでも憶測ですが、前回の澤村投手の先発調整と、今回の桜井投手の先発調整に似た動きを感じ、桜井投手を楽天戦に先発させたことにも意味を感じる。

それは、数年前の柿沢投手と小山投手のトレードですが、トレード後に柿沢選手の窃盗問題がクローズアップされ、この窃盗問題は楽天側は認知していたとの噂もあり、いわゆる巨人に貸しが出来ている、とも憶測でき、ともなれば、楽天とのトレードの為に桜井投手を交流戦の楽天戦で先発させた、とも憶測できる。

また、楽天に限らず、日本ハムが先発が欲しいために前回ファームの巨人戦で6失点と炎上したにもかかわらず、吉田輝星投手を12日の広島で先発させることが決まったが、桜井投手が先発で結果を残せば巨人とトレードが多い日本ハムも候補に挙がってくる。

あくまでも予想ですが、プロ4年目の桜井投手は中継ぎでも1軍で起用されており、巨人の桜井投手の評価は高く感じますが、はたして桜井投手のトレードはあるのだろうか?

しかし、巨人は嬉しい誤算で桜井投手が先発で開花、あくまでも現段階ですが、巨人もまさか桜井投手が先発でここまで活躍してくれるとは思っていなかったのではないでしょうか。

そして、この活躍により、昨年までならFAの人的補償の対象に入っていた、かもしれない桜井投手をトレードで出すのは白紙に、なんてことも考えられるが、あくまでも、今回は可能性の一つとして考えてみた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする