大阪桐蔭の藤原恭大をドラフト1位で指名する球団は阪神とロッテか

10月25日の2018ドラフト会議まで約2ヶ月と残り僅か、甲子園も終わりいよいよ各球団のドラフトが急速に動きはじめてくる時期に差し掛かってきましたが、2018年の高校生BIG4は、根尾と藤原恭大(大阪桐蔭)、そして金足農の吉田に報徳の小園と言われており今年の高校生の特A選手はこの4名と言われている。

また、各球団が出来れば下位で獲得したい素材型、甲子園ではあまり目立って欲しくなかった隠し球選手は浦和の190cm右腕の渡辺は素材型でもしもプロ入りを表明すれば人気選手になりそうな予感が漂う。

また、金足農の吉田はスカウトの間では大学へ進学が濃厚と言われており、今秋の高校生の注目選手、ドラフト上位選手は根尾、藤原、小園、渡辺、これらの選手が中心になってきそうですが、その中でも今年のNo1は根尾と藤原で割れており、そこに小園もドラ1候補として続く。

ドラフト特A藤原恭大

根尾は潜在能力の高さに二刀流だが内野手としても評価が高くセンスは折り紙付で早くもドラフト1位は決まったな、と言われているが、そこにまったをかけてきたのが同じく大阪桐蔭の藤原だ。

その藤原は柳田二世と言われているが、フルスイングはまさに柳田そっくりで天性の内角打ちと走攻守揃った将来のトリプル3選手、糸井二世としても注目されている。

しかし、ここで一つ注目したいのが選球眼で、今年の甲子園で選んだ四死球は1、いわゆる早撃ちだがミート力は高くアベレージは残すが低めの変化球を空振りするシーンも目立ちここをプロがどう評価するのかが気になるところではある。

しかし、肩は超高校級でパワフルプロ野球で例え、藤原に能力をつけるとするならばレーザービームを付けたいくらいの強肩だ。

そこで、高校通算32号、50m5.7秒、遠投は100mの強肩、俊足のアベレージヒッター、走攻守が揃った大型センターは、外野手の高校生はドラフトでは1位に選ばれにくいことを差し引いても藤原に関してはドラ1に選ばれるポテンシャルを持っており、また今オフは各球団も左の外野手が補強ポイントに挙る球団も多く、もしかすると単独で1位を狙ってくる球団や、ペナント終了時での順位次第では、2位では狙えない球団が外れ1位で狙う可能性も出てきそうだが、最悪でも2位までに消える選手だと予想する。

藤原恭大を狙う球団は?

阪神はすでに藤原をドラフト1位候補と表明したが、ここに根尾や小園もドラ1候補に入ってくると思われ、この3人の中でこれから厳選してくると思われるが、センター藤原を狙うのか、鳥谷の後釜に小園や根尾を狙うのかは阪神でもまだ評価は分かれている段階だろう。

また、日本ハムはその年の1番の選手を狙ってくる球団で、西川のFAが控える今、西川に変わる核弾頭候補に今年の高校生NO1野手と言われる藤原の1位指名の確率は高いかもしれない。

また、今年のオリックス打線は沈黙しており、野手の世代交代に備え和製大砲候補の地元の大阪桐蔭の根尾や藤原を将来の看板選手として取りに来る可能性も有ると予想する。

対する巨人だが、今年の巨人は投手中心が予想されるが外れ1位に藤原が残っていれば、そしてシーズンフィニッシュ時の順位次第とドラフトの指名順次第では俊足強肩のセンターが欲しい巨人は藤原の指名の可能性も考えられるが、昨年取り逃がした村上の代わりに藤原を狙う可能性も感じるが、有るとすれば外れ1位かもしれない。

最後に可能性がある球団は楽天イーグルスで、今季の楽天は投手は良いが昨年の打線が嘘のように沈黙しており、そろそろ和製大砲候補を取りに行く時期で、根尾や藤原を狙ってくる可能性は有ると予想する。

他球団からはロッテに中日ドラゴンズや楽天、DeNAや広島などもそろそろ1位に野手を狙ってくる可能性も感じるが、藤原が外野手ということを考えれば内野手の根尾に人気が集まり、外れ1位に小園を狙う球団、もしくはペナント最下位になったチームが2位で小園が余っていればいの一番で狙ってくるかもしれないが、

高校生外野手の1位指名があるとすれば阪神や日本ハムにオリックスや楽天、そこに外れ1位候補として巨人などが挙ってくるかもしれない。

※シーズン終了時の各球団の順位で予想をまた変更したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする