プロ野球中止か?阪神の藤浪がコロナ陽性で4.24開幕も絶望的

日本プロ野球界に激震が走った。何と阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(25)がコロナウイルスの感染の疑いがあるとしてPCR検査を受けることが球団より発表されてから数時間後、藤浪投手の新型コロナウイルス感染が確認された。

その藤浪投手の症状は、せき、けん怠感などは無かったがコロナウイルス感染者の特徴として注目されている「嗅覚」の異常に気がついたといい、

藤浪投手と食事を共にした数名の選手の中にも「味覚障害」などの類似した症状を訴えも出ていた。

また、仮定の話だがもしも藤浪投手のみならずその仲間や関係者達からコロナウイルスの感染が確認され、

プロ野球界全体に感染が飛び火すれば、プロ野球が設定している4.24日の開幕は絶望的になることも予想される。

藤浪投手や関係者の状態については球団の発表があり次第、随時情報を更新していきたいと思います。

阪神・藤浪晋太郎投手

3月26日現在

コロナ感染の疑いでPCR検査を受けることになった。また、共に食事をした2選手も味覚障害などを訴えている。

3月27日現在

藤浪晋太郎投手がコロナ陽性、伊藤隼太選手と長坂拳弥選手の感染も新たに判明した。

4.24の開幕は出来るのか?

4月10日の開幕を目指していた日本プロ野球界は、オーバーシュート(感染者の爆発的増加)の可能性から、最短で4月24日の開幕に設定を変更したが、

25日、東京都の小池知事が「平日は自宅勤務、週末は不要不急の外出自粛要請、自粛解除は4月12日まで」と緊急会見で自粛を要請した。

また、26日には神奈川県知事が今週末の外出自粛を要請するなど、今後も各都道府県でオーバーシュートが起こる前の予防策として全国が不用意な外出自粛を要請、

さらには東京都のさらなる爆発的な感染が始まれば「首都圏封鎖」、という最悪なシナリオも予想され、

となれば藤浪投手が例えコロナウイルスに感染していなくても4月24日に設定したプロ野球の開幕はさらなる延期も予想される。

阪神藤浪がコロナ陽性!伊藤隼太選手と長坂拳弥選手の感染が新たに判明

阪神の藤浪投手の症状は、数日前から匂いを感じなかったといい新型コロナウイルスの感染の疑いが出てきたとしてPCR検査を受けると球団が発表してから数時間後、

阪神の藤浪投手と、濃厚接触した選手2人に陽性反応が確認され、日本プロ野球界に激震が走り4月24日の開幕が危ぶまれてきたが、27日にも緊急会議で開幕、そして藤浪投手のコロナ感染の報告も含め今後どうするのかを話し合うというが、

以前の日本プロ野球界のスタンスとしては、球団に感染者が出た場合は当人や濃厚接触者を療養や自宅待機などの措置を執り、さらに同じポジション同士の選手が固まって行動しない、シャワーやタオルなどの使用には注意、などの措置をとりながら、感染者が出た場合でもプロ野球は中断しないことを示唆しており、

阪神タイガースも現段階ではありますが、陽性反応が出た場合でもそれらの選手や関係者は適切な措置をとりながら、原則としてチーム全体の活動は停止しない、としていたことから、

例え藤浪投手がコロナウイルスに感染していたとしてもチームとしては進んでいくということになりそうですが、

現実的に藤浪投手のコロナ陽性が確認された今となっては阪神もプロ野球界も事態を重く受け止めており、さらなる開幕の延期、そしてプロ野球界で集団感染が起きれば今季のプロ野球は中止、という最悪のシナリオも考えられるが、

プロ野球界のコロナ感染が最小限で終わったとしても、日本国内中でオーバーシュートが起きれば4月24日の開幕がさらに延期、最悪はプロ野球中止の可能性さえ見えてきそうですが、新型コロナウイルスの影響は今後さらに深刻になっていきそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする