日本ハムが新外国人ニック・マルティネス獲得!メジャー成績と年俸は

日本ハムが今季4人目の新外国人、ニック・マルティネス投手(27)の獲得を発表した。これにより、昨年末に獲得した守護神候補のマイケル・トンキン投手(27)、先発候補のブライアン・ロドリゲス投手(26)、打者ではオズワルド・アルシア外野手(26)の3名に、日本ハムの主砲レアード選手を含め今回獲得したニック・マルティネスの外国人5名態勢で今季2018年ペナントを戦う事になる。

(マルティネス投手はメジャー通算88試合に登板し17勝30敗の成績を残していた)

ニック・マルティネスのメジャー成績

2014-2017(テキサス・レンジャーズ)ニック・マルティネス右腕(27)、185cm、90kg、右投げ右打ち

メジャー通算成績詳細

メジャー通算88登板(先発68)、415.1回を投げ17勝30敗、防御率4.77。奪三振237、四死球175、WHIP1.45。

キャリアハイは2015年の24登板、7勝7敗、防御率3.96

2014年成績は29試合に登板し、5勝12敗、防御率4.55

2016年成績は12試合に登板し、2勝3敗、防御率5.59

2017年成績は23試合に登板し、3勝8敗、防御率5.66

ニック・マルティネスのマイナー成績

2011-2017年マイナー通算成績

107試合に登板し510.2回を投げ、35勝23敗、1セーブ完投2、奪三振417、四死球164の成績を残している。

平均球速は145~148キロ、MAXは150キロ越え、年俸は1年契約で推定2億円+出来高。先発投手に2億円と、メジャー契約を断り日本ハムを選んだニック・マルティネス投手の獲得に成功した日本ハムファイターズ。

また、これにより今季の外国人は今オフに獲得した新外国人4名+レアードの5名態勢、守護神候補1名、先発候補2名、野手2名の獲得となったが、現段階ではレアード選手は確定。増井流出により守護神候補のトンキン投手も確定濃厚。

残る2名は年俸的には今回獲得を発表したニック・マルティネス投手で3名、残る外国人枠1名を、ライアン・ロドリゲス投手(26)と打者のオズワルド・アルシア外野手(26)で争う事になりそうだ。

日本ハムの新外国人4名の年俸は

ニック・マルティネス投手(27)

推定年俸→2億円

マイケル・トンキン投手(27)

推定年俸→1.1億円

ブライアン・ロドリゲス投手(26)

推定年俸→5000万円

オズワルド・アルシア外野手(26)

推定年俸→1.3億円

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする