2018年FA注目選手!丸・浅村・西・角中・中田翔の移籍の可能性は?

2018年プロ野球のシーズンオフは毎年何かとFA戦士たちが賑わせ、今オフのストーブリーグは特に注目が集まっているが、今年のFA戦士は特にBIGネームが集結している。

その代表選手は広島カープの丸、西武ライオンズの浅村、そしてオリックスの西投手、さらには千葉ロッテマリーンズの角中選手に阪神タイガースの上本、そして昨年も注目が集まった日本ハムファイターズの中田翔選手が成績を残し万を期してFA宣言するのかにも注目が集まるが、今オフのFAの権利を取得する各選手の動向はどうなるのだろうか?

2018年FA権取得選手一覧

一時期は生涯広島を宣言してい広島カープの丸選手だが、新春の対談では今は分からないとニュアンスを変えてきた。地元千葉愛も強い丸選手だが、小さい頃は巨人ファンで松井や江藤を尊敬している。

さらには野手が高齢化しているソフトバンクが本気になれば、年俸をメジャー並みにしたいがNPBのバランスが崩れることに遠慮してか日本人選手には現段階では柳田選手の5.5億円が最高だが、本来であれば単年6億、7億以上でも軽く提示出来るだろう。

また、広島カープが例え複数年で4億円を提示したとしても、ソフトバンクが3年15~18億円、4年20億円を提示した時に、どういう判断を決断するのかという金銭問題も絡んでくると思われるが、今年に入りメジャーも丸選手を視察するなどにわかにMLBの影も見えてきたが、丸選手はどんな決断を下すのだろうかに注目されるシーズンオフになりそうだが、同じく広島カープの松山選手は年俸的にFA移籍の可能性は低いか。

また、昨年のオフには単年契約を希望した西武の浅村選手、同じく昨オフに単年契約を結んだオリックスの西投手、この2名はFA前に単年契約していることから特に注目したいが、西武はFAで移籍する選手が多く、オリックスはもしも西投手を引きとめたければ金力には巨人には引けを取らないほどの資金力はあることから、西投手の移籍については残留もありえるが西投手は巨人の菅野と自主トレを行うほど仲が良く、菅野投手はもしかすると西のFA移籍のキーマンになってくるかもしれない。

対する阪神の上本選手だが、大和に続くFA移籍は阻止し、阪神タイガースは絶対に引きとめるはずだがCランクと今季の成績次第ではFA人気選手になってくるかもしれない。

千葉ロッテの安打製造機、角中選手も昨年は成績を落としたが、昨年は単年契約を結びFA移籍も視野に入れる。

最後は日本ハムの中田翔選手、昨年は成績を残すことが出来ずに8000万円の減俸で日本ハムに残留したが、今年のオフは相思相愛と噂されたいた阪神タイガースが、ロサリオ選手の不調が続けば中田獲りもあるかもしれない。

下記に、2018年のFA目玉選手をまとめています

広島カープ

丸 佳浩(29才・センター)年俸:2億1千万円

2017年成績:打率308、23本、92打点、13盗塁

松山竜平(32才・外野手)年俸:6500万円

2017年成績:打率326、14本、77打点、0盗塁

西武ライオンズ

浅村栄斗(27才・内野手)年俸:2億1千万円

2017年成績:打率291、19本、99打点、5盗塁

オリックス・バファローズ

西 勇輝(27才・投手)年俸:1億2千万円

2017年成績:防御率5勝6敗、防御率3.44

千葉ロッテマリーンズ

角中勝也(30才・外)年俸:1億3100万円

2017年成績:打率269、8本、44打点、6盗塁

阪神タイガース

上本博紀(31才・内野手)年俸:4300万円

2017年成績:打率284、9本、38打点、16盗塁

日本ハムファイターズ

中田 翔(28才・一)年俸:2億円

2017年成績:打率216、23本、67打点、0盗塁

2018年、外野守備練習開始

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする