2019年FA権取得選手の動向と一覧!今オフは広島とロッテに注目

2019年プロ野球、今オフも各球団のFA戦士達、ビックネームのFA権を取得する選手達が例年に無く多数いますが、今オフはどの球団の”誰”がFA宣言するのだろうか?!

そこで、今オフの主な各球団のFA戦士達の動向をまとめてみましたが、今年は例年に無くビックネームが揃っておりその選手達の動向が気になりますが、今年の特に注目する選手、FA移籍するのでは無いか?

もしくは、特に注目されるであろう球団に、広島とロッテの2球団を挙げていましたが、(取得済の選手などは、除外しています)

蓋を開けてみれば広島カープの野村投手や會澤捕手は残留し、ソフトバンクからFA宣言した福田秀平外野手が人的補償も発生しないこともあり、最大7球団の争奪戦が予想される大人気選手に、そしてロッテの鈴木大地内野手と、楽天の美馬学投手がFA権を行使し、

今年の国内FA宣言をした選手は、鈴木大地(ロッテ)、美馬学(ロッテ)、福田秀平(ソフトバンク)の3選手、となりましたが、この3選手の他球団への移籍はあるのでしょうか?!

(ランクや年俸などにつきましては、間違いがあるかもしれませんので参考程度でお楽しみ下さい)

FA権取得見込みの主な注目選手達

YouTube版

FA宣言選手と獲得を狙う球団の動向

鈴木大地(ロッテ)→FA行使

巨人が5日に初交渉、3年5億円を提示か、他球団の動向次第では見直しも

楽天が4年7億円準備か

ロッテが残留要請、3年総額6億円を提示したとみられる

獲得を狙う球団

ロッテ・巨人・西武・楽天・DeNA・中日(断念福田に一本化)

美馬学(楽天)FA行使

巨人、FA美馬に3年5億円を提示か

ロッテが11日、楽天FA美馬投手に、3年契約で年俸1億3000万円を提示したと見られる。

巨人が3日に極秘交渉していた。

ヤクルトが5日、楽天FA美馬投手と初交渉、推定3年総額3.5億円を提示したとみられる。

獲得を狙う球団

巨人・ロッテ・ヤクルト

福田秀平(SB)FA行使

楽天が13日、FA福田に4年10億円を提示か

11/3→西武ライオンズ→4年4億円背番号7提示か、渡辺GM、うちが一番必要と熱意を伝えた。

11/3→4年4億円以上、左翼の最有力候補の条件提示か、中日がSB福田と電撃FA交渉、西部に続き即日アタック。

巨人→代表が穫りに行かないとコメントするが、一転獲し得調査開始

ソフトバンク→工藤監督がFA福田と直接会談で君が必要、4年5億円提示か

ヤクルト→高津監督、欲しい選手

ロッテ→鳥越コーチが愛弟子の福田にラブコール

楽天→福田獲得に名乗り(4年5億円以上の契約も)

バレンティン(ヤクルト)→FA行使せず

今後は、球団と残留交渉しその後に自由契約となれば他球団との交渉の可能性も

主なメジャー挑戦選手の動向

菊池(広島)→メジャー挑戦

11/8→広島容認!菊池がメジャー挑戦を表明

秋山(西武)→メジャー挑戦

メジャーとの交渉情報は未定です

筒香(DeNA)→メジャー挑戦

メジャーとの交渉情報は未定です

FA権を取得した選手の動向

赤文字はFA宣言した選手と注目選手

球団 名前 移籍球団
広島 野村祐輔 残留表明
會澤 翼 残留表明
菊池 涼介 メジャーor残留か
中日
大島 洋平 残留表明
ヤク
大引 啓次 ヤクルト退団
バレンティン
残留?移籍?
横浜
伊藤 光 3年契約残留
筒香 嘉智 メジャー挑戦
千葉 鈴木 大地 10/28日→FA宣言
荻野 貴司 残留表明
益田 直也 残留決断
楽天 美馬 学 10/26日→FA宣言
則本昂大 7年契約合意
西武
十亀 剣 残留宣言
秋山 翔吾 メジャー挑戦
SB
福田 秀平 10/25→FA宣言
オリ 安達 了一 昨年から3年契約中
ハム
中島 卓也 残留表明
杉谷 拳士
FA行使せず残

FA権取得選手の年俸は

赤字は注目選手です。

球団 名前 年齢 守備 ランク 年俸
広島 野村 祐輔 30 B 1億2000万円
會澤 翼 31 B 9200万円
菊池 涼介 29 A 2億4000万円
ヤク バレンティン 34 4億4100万円
横浜
伊藤 光 30 C 5500万円
筒香 嘉智 27 A 4億円
千葉 鈴木 大地 29 内外 B 1億円
荻野 貴司 33 C 4500万円
益田 直也 29 A 1億3000万円
楽天 美馬 学 32 B 6500万円
則本 昂大 28 A 2億5000万円
岡島 豪郎 29 C 3450万円
西武
十亀 剣 31 C 5100万円
秋山 翔吾 31 A 2億3490万円
SB 福田 秀平 30 C 3600万円
ハム 中島 卓也 28 B 1億円
杉谷 拳士
28 C 2600万円
(故障者特例措置)

今オフFA注目選手の動向について

11月に入り、今年のFA権を行使した選手としなかった選手が出揃いましたが、今年はロッテの鈴木大地内野手、楽天の美馬学投手、ソフトバンクの福田秀平外野手の3人がFA権を行使しました。

また、注目が集まっていた広島カープの野村投手と會澤補捕手は残留、菊池内野手も国内FA権は行使せずメジャーか広島カープに残留が濃厚に、そしてロッテの守護神、益田投手は残留し、今年のFA戦士達の動向が決まりつつありますが、

現段階ではヤクルトのバレンティン外野手がFA権は行使しなかったものの、今後の球団との交渉次第では自由契約となり他球団へ移籍の可能性も残されており、

今後は、広島カープの菊池選手が残留するのか?バレンティン外野手が他球団へ移籍するのかに注目が集まりそうだ。

FA宣言で他球団に流出しそうな選手は

今年のFA市場は、鈴木大地内野手(ロッテ)、美馬学投手(楽天)、福田秀平外野手(ソフトバンク)、の3選手がFA宣言し、筒香嘉智(DeNA)、秋山翔吾(西武)の2選手がメジャーに挑戦、

そして、バレンティン(ヤクルト)は球団との交渉次第では自由契約となり他球団に移籍の可能性も、菊池涼介(広島)は契約次第ではメジャー挑戦も、という可能性が考えられますが、

国内FA権を行使した選手は鈴木大地、美馬学、福田秀平の3選手で、この3名は宣言残留が認められていると思われ移籍前提ではなく残留の可能性も考えられ、

鈴木大地内野手は自信の起用法の関係や、噂されておる在京球団への移籍先を考えれば、一番良い条件を提示すると思われる巨人が筆頭候補か、

美馬投手も東京のチームが有力視されているが、ロッテ井口監督との仲を考えれば筆頭候補は千葉ロッテマリーンズに、そこに巨人がどう割って入るのかが予想され、

ソフトバンクの福田外野手は最大7球団の争奪戦が予想され、一時期は獲得に動かないと明言した巨人がここに来て福田外野手穫りに動くとの情報も出てきており争奪戦は白熱していきそうですが、

ソフトバンクは他球団の状況次第では4年5億円ともいわれている福田外野手への条件提示を見直す可能性も考えられ、4年5億円以上の提示が噂されている楽天や、4年契約も検討中の中日に、うちが一番必要だとイの一番でFA交渉解禁日の3日に交渉する西武も本気度はMAXで、福田外野手の移籍先については現段階では混沌としており見守る状態だが、

今年のFA選手、鈴木大地内野手(ロッテ)、美馬学投手(楽天)、福田秀平外野手(ソフトバンク)、の3選手は、誰が何処に移籍するのか?

それとも、移籍はせずに宣言残留するのだろうか?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする