中日ドラゴンズ・ドラフト指名予想2019~獲得候補選手一覧

2019プロ野球ドラフト会議・最新情報中日ドラゴンズが狙うドラフト候補は?

昨年のドラゴンズは、1位で4球団が重複した大阪桐蔭、根尾を見事引き当て、2位以下でもドラ1候補の未来のエース候補の梅津に、狙っていた勝野を3位で獲得、そして同じく狙っていた未来の正捕手候補、石橋を4位で獲得出来たドラゴンズのドラフトは、高校生と社会人をバランス良く獲得した印象ですが、

今年のドラゴンズは、誰を狙うのだろうか?今年の1位は投手で行きそうな予感もしますが、大注目の令和の怪物、大船渡の佐々木を狙ってくるのだろうか?もしくは、噂されている星稜の奥川を穫りに行くのだろうか?!

また、左の先発が欲しいとコメントしたドラゴンズは、抽選順の兼ね合いもあり欲しい選手が獲得出来るかは厳しいかもしれないが、どの左腕を獲得出来るのか?にも、注目したい。

昨年は、多くの方が当ブログをお読み下さり有り難うございました。

今年も、昨年に引き続きドラゴンズが注目する選手、ドラフト情報ををまとめていきたいと思います。

また、ドラゴンズが狙う4位までの予想の中から、一昨年は1位2位を的中、昨年も1位2位4位を的中し、精度の高い予想を継続できているかと思いますので、今年も各情報をまとめ、ドラゴンズが狙う上位選手を当てたいと思います!

情報が入り次第、随時更新します。

中日・ドラフト予想2019

中日ドラフト結果2019

2019年プロ野球ドラフト会議の開催日程は、10月17日(木)の17:00予定。テレビ放送はTBS系列全国ネットで生中継予定です。 中...

10月17日現在、中間予想

10/16日→東邦石川の1位指名を表明。

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
中日
川 昂弥 立野 和明 鈴木 寛人
及川 雅貴 前 佑囲斗
西 純矢 太田 龍
佐藤都志也 宮城 大弥
太田 龍 井上 広大
上野響平  村西 良太
  前 佑囲斗
  落合 秀市
  上野響平
  前 佑囲斗
  中村健人
外れ1位 4位以下
河野 竜生 武岡 龍世
立野 和明 大西 広樹
西 純矢 浅田 将汰
及川 雅貴 井上 広大
宮川 哲 森 敬斗
韮沢 雄也
  紅林 弘太郎
  本田 健一郎
  玉村 昇悟
  松田 亘哲
  佐藤 直樹
  菊田 拡和
浜屋 将太
片山 勢三
中村健人

中日・ドラフト会議シュミレーション

10月17日現在予想

1位→石川(確定)

外れ→河野

外れ外れ→太田龍・立野

2位→宮城・及川・落合・鈴木・前・佐藤都・太田・中村健人

3位以下→中村健人・浜屋・大西・松田・玉村・井上(履正社)・紅林・韮沢・武岡・菊田・桃谷・本田・浅田・上野響平

  中日ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 奥川恭伸石川 昂弥・森下・河野
外れ1位 石川 昂弥立野 和明及川雅貴
西 純也・宮川哲・河野 竜生
2位 石川昂弥・及川雅貴・上野響平
佐藤都志也・太田龍・森 敬斗
3位 鈴木寛人・宮城 大弥・井上広大
落合 秀市・村西 良太・前 佑囲斗
上野響平
4位以下 武岡龍世・前 佑囲斗・浅田 将汰
韮沢 雄也・松田 亘哲・大西 広樹
紅林 弘太郎・本田 健一郎・玉村 昇悟
佐藤 直樹・菊田 拡和・浜屋 将太
片山勢三



中日・ドラフト最新情報

中日ドラゴンズ・上位指名候補一覧

赤文字は評価が高い選手です

   中日ドラゴンズ・上位指名候補
左投手 及川 雅貴
(横浜)
宮城 大弥
(興南)
玉村 昇悟
(丹生)
河野 竜生
(JFE西日本)
浜屋 将太
(三菱日立パワーシステムズ)
松田 亘哲
(名古屋大)
右投手
奥川 恭伸
(星陵)
佐々木郎希
(大船渡)
森下 暢仁
(明大)
立野 和明
(東海理化)
西 純也
(創志学)
鈴木寛人
(霞ヶ浦)
前 佑囲斗
(津田学園)
太田 龍
(JR東日本)
浅田 将汰
(有明)
宮川哲
(東芝)
村西 良太
(近大) 
落合 秀市
(和歌山東)
本田 健一郎(JFE東日本)  大西 広樹(大業大)  
内野手
石川昂弥
(東邦)
武岡龍世
(八戸)
韮沢 雄也
(花咲徳栄)
森 敬斗
(桐蔭学園)
紅林 弘太郎(駿河総合) 片山 勢三
(パナソニック)
外野手 菊田 拡和(常総学院)
捕手 佐藤都志也
(東洋大)
佐藤 直樹
(JR西日本)

中日・ドラフト展望

10/16日→東邦の石川の1位指名を表明

10月4日、中日ドラゴンズが、ドラフト1位候補を奥川、佐々木、森下、河野、の4投手に絞ったことが分かった。

これまでのドラ1候補は、大船渡の佐々木や、星稜の奥川など高校BIG4の中で悩んでいた印象だったが、日刊スポーツ誌の情報によると、ドラゴンズはどうやら星稜奥川を、ドラフト1位指名する方針が有力になったという情報も。

(ただし、与田監督は、まだ全然解らないと明言は避けている。)

また、手からは地元枠の東邦の石川をマーク、履正社の井上も、右膝のクリーニング手術の影響(試合の終盤に足を引きずる場面がある)を、見極めながら注目しているとコメントしたドラゴンズ。

また、横浜の及川投手についてのコメント時、左の先発が欲しいとコメントしたドラゴンズは及川を狙いつつ、他高校生の左腕も狙うことが予想され、興南の宮城投手などを含め、今年の中日のドラフトは、左腕にも注目したい。

そして、中日がもっとも注目している選手は大船渡の佐々木、だが、西純也(創志学園)、奥川(星稜)、及川(横浜)もこの夏に伸びており、今は1人にしぼれません、とコメントしており、

未来の4番候補と、未来のエース候補の高校生を、ドラフトでは1位~3位で獲得を狙うと予想し、今年のドラゴンズのドラフトは、上記に挙げた高校生を中心に、獲得出来るのかに注目したい。

また、地元枠から東邦の石川、東海理化の立野に、注目したい。

中日・ドラフト注目選手

今年のドラゴンズの補強ポイントは、なるべく地元選手を優先し、右打ちの内野手、外野手、もう1枚欲しいという左腕、そしてエース右腕候補を挙げる!

野手から、地元枠の東邦の石川と、履正社の井上、そして投手からは、もっとも注目しているのは大船渡の佐々木だが、ドラフト1位は星稜の奥川で行くのかにも注目したい。

松田 亘哲(名古屋大)、高校3年間はバレー部に所属していた異色の左腕、地元愛知枠での獲得に注目したいが、他球団も松田の伸びしろを高く評価しており、中日が獲得出来るかは他球団との指名巡次第、流動的になりそうだ。

また、地元枠から中村健人外野手にも注目したい。

中日・スカウト最新情報

10.16

京都国際・上野響平内野手を上位候補でリストアップしたことが分った。

10・4

中日ドラゴンズが、ドラフト1位候補を奥川、佐々木、森下、河野、の4投手に絞ったことが分かった。

9.21

ドラフト1位最有力の奥川と森下に、石川昂弥を追加したことが分かった。

9.15

松田 亘哲(名古屋大)リーグ戦に向けてこれからスタミナが試されるが良いモノを見た、とコメントした。

9.9

佐藤 直樹(JR西日本)→打撃の波はあるもの、それよりも肩と足を評価している、肩は抜群にいい、と評価。

9.4

浜屋 将太(三菱日立パワーシステムズ)→順位は別として、左投手で4番目に名前が上がる可能性がある、と評価。

8.13

韮沢 雄也(花咲徳栄)→野球センスが光る、走攻守にバランスが取れている、ドラフト対象になる、と評価した。

8.12

甲子園の遊撃手から、武岡龍世(八戸学院光星)をマークしている。

8.8

前 佑囲斗(津田学園)を、春先から見てきて凄い投手と思っていた、コントロールさえ付けば、星稜の奥川と遜色ない、伸びしろ十分と絶賛した。

8.8

鈴木寛人(霞ヶ浦)を、本来の力を出せなかったけど高校生としては上の方、と評価した。

8.8

星稜の奥川を、総合力の高さは高校生で1番、素材は佐々木がダントツだが総合力はBIG4の中で奥川がナンバーワン、1軍ですぐ投げられると予想出来る、ほとんど完成されている、心配ない。

佐々木には体力面で心配がある、奥川にはその心配は無い。

7.30

紅林 弘太郎(駿河総合)→肩が強くバランスが良い、高校生では上位レベル、と評価。

7.22

大船渡の佐々について、フォークを覚えたことで幅が広がった、将来的に見ても別格だ。また、日本の宝になる投手、とも評価していた。

7.20

太田龍(JR東日本)を、無四球で投手としての味が出てきたと評価した。

7.18

及川(横浜)を、投げただけで十分、と評価。

7.16

浅田 将汰(有明)→九州、沖縄では浅田と宮城(興南)が抜けている、バッターとしてのセンスも良いものを持っていますと評価した。

7.14

西(創志学園)について、精神的な成長が見られたのが一番、10点取られたとしても評価は変わらないとコメントした。

7.6

東邦の石川について、夏の一打席目に本塁打を打てるのは並大抵の技量、パワー、運じゃない、投手の高校BIG4と遜色ない、打者ではトップクラスと評価、また、4月の段階では上位候補とコメントしていた。

6.17

星稜の奥川を、スライダーは天下一品、直球も140キロ後半が出る、こういう投手はそういないと絶賛した。

6.14

玉村 昇悟(丹生)→パワー型ではなく、左ピッチャーとしてはコントロールが良く、三振が奪えるタイプ、腕のしなり。柔らかさ、球のキレが光ります、と評価。

6.14

森 敬斗(桐蔭学園)→肩が強く足が速い、将来性がある、広い球場はスピードは魅力、と評価。

6.14

宮城(興南)→左でコントロールがいい、1年夏から修羅場をくぐってきて経験豊富で押すところと引くところが分かっている、先発、中継ぎ、抑えと万能に力を発揮するタイプと絶賛した。

6.14

明大の森下について、即戦力右腕としてはナンバーワン、決め球となる一流の球を持っている、タイプは楽天の岸、と評価した。

6.11

大西 広樹(大商大)→何が何でも抑えるという、一番持っていないといけないしっかりしたものを持っている、1位の12人に入る、と絶賛した。

河野竜生(JFE西日本)→四球で崩れることがない絶対にない投手、と評価した。

5.23

東海理化の立野を、社会人での注目度はトップクラス、球の質、特に角度が良い、12人の1人に入ってくる、将来性を含め欲しい選手とコメント。

5.11

落合 秀市(和歌山東)→ ポテンシャルの高さはBIG4と遜色ない、と評価した。

4.16

佐藤都志也(東洋大)について、肩が強いし足も速く身体能力が高い、東都の数少ないドラフト上位候補と評価。

4.8

村西 良太(近大)→とにかく球威がある、最低でも6割思うところに制球出来るようになれば面白い。

3.29

横浜の及川投手について、左で150投げられる、評価は変わらない、左の先発が欲しい、今後も注目しているとコメントした。



中日ドラフト予想2018版

下記は、2018年の予想記事になります。

10月23日現在予想

太赤文字は、現段階の有力候補です。

2018年ドラフト指名予想

1位→根尾 2位→栗林or柿木 3位→勝野 4位→石橋

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
中日 根尾 昂 辰己 涼介 渡辺勇太朗
野村 佑希 青島 凌也
渡辺勇太朗 生田目 翼
吉田 輝星 鈴木 翔天
栗林 良吏
清水 昇
柿木蓮 齋藤 友貴哉
齋藤 友貴哉 頓宮 裕真
小島 和哉 栗林 良吏
生田目 翼 石橋 康太
野村 大樹 太田 光
東妻 勇輔 勝野 昌慶
石橋 康太
高橋 優貴
外れ1位 4位以下
 野村 佑希 万波 中正
東妻 勇輔 田中 法彦
松本 航 引地 秀一郎
上茶谷 大河 頓宮 裕真
梅津 晃大 石橋 康太
 辰己 涼介 北村恵吾
  飯島海斗

中日・ドラフト展望

今年のドラゴンズのドラフト注目選手は、地元岐阜出身の大阪桐蔭の根尾、この根尾を将来のスター候補として是が非でも獲得したと考えているはずですが、しかしドラゴンズは打線は良いだけに後は投手さえ揃えばAクラスも狙えることから即戦力投手も欲しい、

この二択のどちらを中日は優先するのかに注目したい今秋のドラフトになりそうだ。

大阪桐蔭の根尾 昂の1位指名が決定、また、同じく大阪桐蔭の柿木蓮の2位以上での指名を検討を示唆した。

また、上位候補に三菱重工の勝野 昌慶投手と、大商大の太田 光捕手をリストアップしたことが分かったが、太田は上位では無いと獲得が厳しいため、上位は投手を中心に狙い、4位以下で石橋康太捕手を狙ってきそうだ。

また、3位以下では社会人入りと明言した栗林良吏の2位指名があるのかにも注目したい。

中日ドラフト予想2017版

以下は、2017年に予想した記事になります。

10.25現在予想

1017年ドラフト指名予想

1位:中村→外れ1位:鈴木博2位:石川翔→3位:島田or西川愛

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
中日 山口 翔
鈴木博 増田 珠 山崎 剛
中村 奨成 山崎 剛 岩見 雅紀
外れ1位 村上 宗隆 清水 達也
高橋 遥人 宮本 丈 島田 海吏
安田 尚憲 高橋 遥人 西川 愛也
鈴木 康平 近藤 弘樹 石田 光宏
鍬原 拓也 石川 翔 3位以下
東 克樹 岩見 雅紀 太田 英毅
推野 新
嶋谷 将平
渡辺 祐樹
金久保 優斗
山本 拓実
北浦 竜次
牧 丈一郎
伊藤 康祐

中日・ドラフト展望2017

中日ドラゴンズの2017ドラフトの展開としては、あくまでも現段階での情報ですが、将来の主力候補の高校生、清宮幸太郎安田 尚憲・中村 奨成の獲得を狙う可能性が高いと夏場までの中日のドラフト戦略でしたが、

8/20日の情報で、これまでの社会人中心のドラフトから、今秋ドラフトは高校生の将来の主力選手候補の獲得の方向転換を明言。

しかし、清宮君の面談以降のトーンダウンを考えると、即戦力の抑えを獲得し優勝を狙えるなら取りに行くと宣言していた鈴木博志投手を、このままアクシデントがない限りは清宮の重複は回避し、中村or鈴木博の1位指名が濃厚、外れ1位で鈴木博の指名になり、以下は高校生が中心のドラフトになるのではないかと予想します。

また、2位には中日がイの一番で取りたいと言っていた石川翔選手の指名し、今年のドラゴンズのドラフトは、1位に中村or鈴木博志、中村を外せば外れで鈴木博、そして2位に石川の指名の可能性が高そうだ。(ドラゴンズのドラフトは、1位中村→外れ1位鈴木→2位石川翔で決まりか)

2019年ドラフトは、情報が入り次第随時更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする