中日ドラゴンズ・ドラフト指名予想2018~獲得候補選手一覧

2018プロ野球ドラフト会議・最新情報中日ドラゴンズが狙うドラフト候補は?

昨年のドラゴンズは1位に鈴木博志、2位で石川翔と、1位は中村と悩みはしたものの、自軍が欲しかったと名前を挙げていた選手を上位と下位でバランス良く獲得し、他でも将来楽しみな高校生を中心に獲得し、これまでの社会人中心のドラフト戦略から大きくシフトチェンジした年となった2017年の中日ドラゴンズのドラフトだった。

また、今年こそ1位は即戦力候補の投手を獲得したいはずだが、今秋のドラフトは投高打低のドラフトになりそうな中、外れ1位でも当たり投手を引けそうな予感も漂う2018年のドラフトは、レベルの高い投手がひしめき合っている印象ですが、注目選手は東洋大のドラフト1位候補の三羽カラスに、大阪桐蔭コンビの根尾と藤原などなど、今年も1位は3~5球団が集中するかもしれないが、重複を避け今年の2,3番人気を確実に1本釣りで狙ってくるのかにも注目が集まるドラゴンズのドラフトになりそうですが、

はたして、今年のドラゴンズは誰を1位で指名するのだろうか?投手に行くのか?野手に行くのだろうか?

昨年は多くの方が当ブログをお読み下さり有り難うございました。今年も、昨年に引き続きドラゴンズが注目する選手をまとめていきたいと思います。

※情報が入り次第、随時更新します。

中日・ドラフト予想2018

 8月現在:中間予想:ドラフト上位候補

(随時変更します)

赤文字は、現段階の有力候補です。

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
中日 梅津 晃大 青島 凌也
上茶谷 大河 野村 佑希
甲斐野 央
藤原恭大
根尾 昂
4位以下
万波 中正
柿木蓮
山田 龍聖

中日・ドラフト会議シュミレーション

 8月現在:中間シュミレーション

  中日ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 上茶谷大河・甲斐野 央・梅津 晃大
藤原 恭大・尾 昂
外れ1位
2位 青島凌也・野村佑希
3位
4位以下 万波中正・柿木蓮・山田龍聖

中日・ドラフト最新情報

中日ドラゴンズ・上位指名候補一覧

赤文字は中日の評価が高い選手です。

   中日ドラゴンズ・上位指名候補
左投手 山田 龍聖
(高岡商)
右投手 梅津 晃大
(東洋大)
甲斐野 央
(東洋大)
上茶谷大河
(東洋大)
青島凌也
(東海大)
柿木蓮
(大阪桐蔭)
内野手 尾 昂
(大阪桐蔭)
外野手 藤原 恭大
(大阪桐蔭)
野村 佑希
(花咲徳栄)
万波 中正
(横浜)
捕手

中日・スカウト最新情報

7.24

山田龍聖を、昨年時は田浦に匹敵する投手とコメントしていたが、今年に入りこれだけ腕が振れていないのに141キロ出ている、絶対に欲しい選手、3年かけて育成したい球団もあるでしょうと大絶賛した。

7.24

万波 中正を視察したドラゴンズは、きっちりセンター返しした打球の飛距離は自分のポイントで打てている証拠とこの日の打撃を絶賛した。また、モノが違う、素材が違うと昨年から追いかけている。

7.13

野村佑希を視察した中田スカウトディレクターは、そうそういない素材、ホームランバッターに必要なモノをすべて持っていると大絶賛。

6.1

正津スカウト→東都大学野球リーグ戦、優勝を決めた大一番で好投し、単独トップの6勝目を上げMVPを獲得した上茶谷 大河投手を、投球のこつを覚えた感じと絶賛した。

また、春の視察では低めに集める低いボール、柔らかい体に球の質、完成度が高いと今秋ドラフト候補の上位に入ると絶賛している。

5月

藤原 恭大について、スーパースター候補、高いレベルで走攻守の三拍子が揃っている、ドラフト1位候補と絶賛した。

4.10

東都大学野球、対中大戦で7回1失点、MAX153キロの梅津 晃大を、今年のNo1かもしれない、体、柔らかさ、角度、すべて備わっている、まだ完成していないのが一番の魅力、競合必至、ど絶賛した。

3月

選抜高校野球で根尾 昂を視察した中日ドラゴンズは、スーパースター候補、スピードもあって、リズミカル、肩も足もある、松井稼頭夫みたい、2,3位では残らない、1位で消えると評価した。また、柿木蓮については、ドラフト上位に食い込んでくる力があると評価した。

中日・ドラフト注目選手

中日・ドラフト展望

※情報が入り次第随時更新します。

中日ドラフト予想2017版

以下は、昨年に予想した記事になります。

10.25現在 中間予想:中日ドラフト上位候補

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
中日 山口 翔
鈴木博 増田 珠 山崎 剛
中村 奨成 山崎 剛 岩見 雅紀
外れ1位 村上 宗隆 清水 達也
高橋 遥人 宮本 丈 島田 海吏
安田 尚憲 高橋 遥人 西川 愛也
鈴木 康平 近藤 弘樹 石田 光宏
鍬原 拓也 石川 翔 3位以下
東 克樹 岩見 雅紀 太田 英毅
推野 新
嶋谷 将平
渡辺 祐樹
金久保 優斗
山本 拓実
北浦 竜次
牧 丈一郎
伊藤 康祐

12球団のドラフト予想はこちらへ

10月25日更新: 2017年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1...

中日・ドラフト会議シュミレーション

10月25日 現在予想:中間シュミレーション

1位:中村or鈴木博 2位:石川or村上 3位:島田or西川愛

  中日ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 中村 奨成or鈴木博
外れ1位 高橋 遥人・増田 珠・鈴木 康平鈴木 博志
2位  岩見 雅紀・高橋 遥人・村上 宗隆・山崎 剛
近藤弘樹・鍬原 拓也・石川 翔・宮本 丈
3位 西浦 颯大・島田 海吏岩見 雅紀桜井 周斗
山崎 剛・清水 達也・石田 光宏・西川 愛也
4位以下 西川 愛也 ・阪口 皓亮・田浦文丸・西浦 颯大
太田 英毅・伊藤康祐推野 新・金久保 優斗
山本 拓実・北浦 竜次・牧 丈一郎・山上 信吾

中日・ドラフト最新情報2017

中日ドラゴンズ・上位指名候補一覧

赤文字は中日の評価が高い選手です。

   中日ドラゴンズ・上位指名候補
左投手 高橋 遥人 東 克樹 川端 健斗 (進学)
桜井 周斗 宮台 康平 山下 輝 (進学)
田嶋 大樹  渡辺 祐樹 金成 麗生 (社会人)
北浦 竜次
右投手 清水達也 本田 仁海 山口 翔
鈴木博志 鈴木 康平 鍬原 拓也
西村 天裕 草場 亮太 石田光宏
近藤 弘樹 推野 新 金久保 優斗
山本 拓実 牧 丈一郎 山上 信吾
石川 翔
内野手 安田 尚憲 比嘉 賢伸 西巻 賢二
山崎 剛  太田 英毅  嶋谷 将平
清宮 幸太郎 宮本 丈
外野手 増田  珠 西川愛也 岩見 雅紀
島田 海吏 西浦 颯大 岡田 悠希 (進学)
伊藤 康祐
捕手 中村 奨成 古賀・福永 (進学)
猪田 和希 (社会人)

中日・スカウト最新情報

10.14

ドラフト1位候補を、清宮幸太郎、中村奨成、ヤマハの鈴木博志、田嶋大樹投手の4名に絞ったことが分かった。

10.13

ドラフト1位入札候補に、清宮幸太郎内野手、中村奨成捕手、ヤマハの鈴木博志投手、田嶋大樹投手、青藍泰斗の石川翔投手の5名がリストアップされた。

10.10 日刊スポーツ

ドラゴンズが今秋ドラフトで、伊藤康祐外野手(3年)を指名する可能性があることが分かった。

10.2 デイリー

清宮君との面談で、どうしても必要な選手であることの想いを伝えた。球団の想いは十分理解してもらえ、球団の思いの丈は伝わったと思うとコメントした。

9.30 日刊スポーツ

セカンドが空いている、その上位候補に宮本丈と山崎剛をリストアップした。

9.29 東スポ

清宮はうちに良い印象を持っていないかも。1位指名にヤマハの157キロ守護神の鈴木や石川翔を推す声が。清宮に断られるなら鈴木博や石川翔の1本釣りを狙った方が良いかも。

9.24 サンケイ

白井オーナーコメント→ドラ1候補について、清宮とともに、中村も急浮上していると認めた。最終結論はしばらく先にとのコメント。

9.23 デイリー

白井オーナーが、清宮は欲しんだけど中村もいるからな、とコメント。現段階では清宮と中村で1位指名を悩んでいる。西山球団代表も、まだ最終決定はしていないとコメント。

9.22 日刊

清宮が1位の軸。白井オーナーも清宮の1位獲得を厳命。

9.22 スポニチ

7/12 コメント → 清宮はお客さんを持っている。観客動員数が変わる選手。

8.24 報知

中日・白井文吾オーナーがナゴヤDを訪れ、広陵の中村について「いいね、目移りするよ」と語った。

中田スカウト部長→ 清宮一本のスタンスだったが、アマNO1捕手中村との両にらみへの転換を示唆した。

8.20 中日スポーツ

中村奨成捕手は外れでは取れない、間違いなく欲しい選手、高校生捕手は補強ポイントと評価したことから、清宮選手次第では1位で中村捕手の競合の可能性も出てきた。

8.16 日刊スポーツ

将来の主力候補にターゲットを絞ったことがわかった。清宮選手がプロ入りを表明すれば必ず取りに行く、もしも清宮君が進学したとしても高校生中心のずば抜けた素材が欲しい、その候補に、増田珠、中村奨成捕手、安田尚憲内野手の世代トップの3人を指名した。

8.15 日刊スポーツ

中田スカウト部長→ 中村 奨成を大学生含めてNo1捕手、とびきり目立つと絶賛。

7.23 中日スポーツ

世代最速152キロ右腕の牧 丈一郎を視察。身体能力が高いパワー系ピッチャーと評価。

7.13中日スポーツ

清宮選手は不動の1位候補、(7/9、清宮選手はまちがいなくNo1)

6.27 スポーツ報知

1位候補に最速155キロの鈴木博志投手をリストアップ。後ろを獲得することで優勝が狙えると判断すれば1位で行く価値はある。

17/3月

高橋 遥人を今年のアマのトップクラスでドラフトの12人と高評価。また、3月に行われた中日との2軍戦で6回8奪三振無失点と好投した高橋 遥人中日の評価が高まった。

中日・ドラフト展望2017

中日ドラゴンズの2017ドラフトの展開としては、あくまでも現段階での情報ですが、将来の主力候補の高校生、清宮幸太郎安田 尚憲・中村 奨成の獲得を狙う可能性が高いと夏場までの中日のドラフト戦略でしたが、

8/20日の情報で、これまでの社会人中心のドラフトから、今秋ドラフトは高校生の将来の主力選手候補の獲得の方向転換を明言。

しかし、清宮君の面談以降のトーンダウンを考えると、即戦力の抑えを獲得し優勝を狙えるなら取りに行くと宣言していた鈴木博志投手を、このままアクシデントがない限りは清宮の重複は回避し、中村or鈴木博の1位指名が濃厚、外れ1位で鈴木博の指名になり、以下は高校生が中心のドラフトになるのではないかと予想します。

また、2位には中日がイの一番で取りたいと言っていた石川翔選手の指名し、今年のドラゴンズのドラフトは、1位に中村or鈴木博志、中村を外せば外れで鈴木博、そして2位に石川の指名の可能性が高そうだ。

※2018年ドラフトは、情報が入り次第随時更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする